女性がおしりの脂肪を落とすなら、この方法でヒップが美しくなる!

おしりの大きさを気にしているの方が多いようです。

何しろ、おしりは身体の中でも特に脂肪の付きやすい部分なのです。

そこで、あなたには2つの選択肢があります。

それは、おしりの脂肪を落とすか、それともヒップラインを美しく見せるかです。

あなたは、どちらの方法を選びますか?

そこで今回は、その2つの方法について話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)女性が部分的におしりの脂肪を落とす方法はあるのか?

  • おしりの脂肪の役割
  • おしりの部分痩せは可能なのか?

(2)確実に効果を出す!女性がおしりの脂肪を落とす方法

  • 運動で効果的に脂肪を落とす方法
  • 食事で効果的に脂肪を落とす方法

(3)脂肪を落とすのではなく、女性のおしりを美しく見せる方法

  • 筋肉の量で身体の見た目が変わる
  • おしりの筋トレ法

(4)おしりの美しい女性はココが違う!ヒップラインを整える簡単な方法とは?

  • 歩き方でヒップラインが変わる!
  • つま先重心で歩くと、おしりが美しくなる
  • かかと重心で歩くと、下半身が太くなる?
  • 歩きながら、おしりの筋肉を刺激

まとめ

(1)女性が部分的におしりの脂肪を落とす方法はあるのか?

おしりは脂肪が最も落ちにくい部分でもあります。

なぜだと思いますか?

それは、おしりには脂肪が必要だからです。

おしりの脂肪の役割

男女で比べてみると、男性は腹回りに脂肪が多く、女性はおしりに脂肪が多いのが一般的な傾向です。

なぜなら女性は出産を控えていますから、おしりに脂肪を付けて衝撃や冷えから子宮を守る必要があるからです。

また、おしりはバストと同様に異性の目を引くボディパーツでもあります。

ですから男性から見ると女性のおしりは大きくてムッチリとしている方が魅力的に見えるのです。

だからこそ、女性のおしりは大きくなり男性に向けてアピールを行っているのではないでしょうか。

しかし、多くの女性にしてみれば小さくてスリムなおしりが理想的ですから、おしりが大きいと気になってしまうのです。

この様に、おしりのイメージは男女間で随分と違いがある訳ですが、女性のおしりは最も脂肪が落ちにくい部分なのです。

おしりの部分痩せは可能なのか?

皮下脂肪というのは、身体の末端からお腹周りやおしりなどの身体の中心部に向かって順番に落ちていく生理的な傾向があります。

つまりダイエットを行った場合、おしりの脂肪が落ちるのは最後という事になります。

ですからダイエットを続けて上半身が細くなったとしても、同じ様におしりが小さくならないのはその為です。

おしりの脂肪が落ちるまでには暫く時間を要するのです。

そこで、あなたはこう思うかもしれません。

「ダイエットで部分的におしりの脂肪を落とす方法は何かないか?」

しかし医学的に見ても、ダイエットで部分的におしりの脂肪を落とす方法はありません。

ですから、おしりの運動を行ったからといって、おしりの脂肪が部分的に落ちる訳ではありません。

同じように腹筋運動でお腹周りの脂肪が落ちる訳でもないのです。

つまり、おしりに限らず食事や運動によるダイエットでは部分痩せは不可能という事になります。

もし、おしりの脂肪を落とすのであれば、部分痩せの効果が期待できるダイエット器具をお使いになってみると良いと思います。

そこでおすすめできるのが、家庭用のキャビテーションマシンです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください⇒美ルルキャビの痩身効果が口コミで話題!これが自宅で脂肪を落とす器具

スポンサードリンク


(2)確実に効果を出す!女性がおしりの脂肪を落とす方法

さて、ダイエットで部分的におしりの脂肪を落とす方法が無いのであれば、ダイエット自体の効果を高める事が最良の方法です。

つまり、最小の努力で最大の効果を生むダイエットこそが、最終的にはおしりの脂肪を落とす唯一の方法となる訳です。

ダイエットが続かない最大の理由は、間違った方法で成果が得られない事によるモチベーションの低下です。

しかも巷でよく目や耳にするダイエットの中には話題性ばかりが先行し、実はその効果については怪しいものが沢山あります。

そこで効果を高めるダイエットの秘訣について、運動と食事に分けて簡単にお話しておきましょう。

運動で効果的に脂肪を落とす方法

おしりの脂肪を落とす運動の基本は筋トレです。

なぜなら筋トレを行って筋肉を増やすと基礎代謝が増えて脂肪燃焼体質になれるからです。

筋肉を増やすといっても、女性の場合はムキムキになる必要はありません。

今より少しでも筋肉を増やす、あるいは加齢による筋肉の減少を抑えれば十分です。

参考記事はコチラ⇒お腹の肉を落とす筋トレの方法!これなら一日5分で簡単に出来る

また、有酸素運動を行う場合の留意点は次の5つです。

①有酸素運動だけを習慣的に行うと痩せにくい省エネ体質になりますから、筋トレと並行して脂肪の燃焼効率をアップさせましょう。

②糖質エネルギーの不足状態にある空腹時は、有酸素運動で脂肪を燃やすベストタイミングです。

③有酸素運動を開始して約20分が経過すると脂肪燃焼ゾーンに入ります。

筋トレの直後は有酸素運動で脂肪を燃やすゴールデンタイムです。

⑤脂肪の燃焼効率を高める最適な運動強度は、軽く息が弾んで適度に汗ばむくらいの強度です。

参考記事はコチラ⇒お腹の肉を落とす有酸素運動の5つの鉄則!筋トレ効果で脂肪を燃焼

食事で効果的に脂肪を落とす方法

食べ過ぎて、おしりの贅肉に変わるのは脂肪と糖質です。

しかし脂肪は1日に50gは必要とされている大切な栄養素ですから、減らせば良いという訳ではありません。

ですから太る主な原因はむしろ糖分、あるいは御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に多く含まれている糖質です。

糖質は身体を動かすエネルギー源になりますが、食べ過ぎると中性脂肪に作り変えられておしりの贅肉になります。

ですから、おしりの脂肪を落とすなら先ずは糖質の摂取を減らしましょう。

これが、いわゆる糖質(炭水化物)制限ダイエットです。

参考記事はコチラ⇒炭水化物ダイエットで、お腹回りが痩せる!酵母の力で糖質分解

そして単に糖質の摂取を減らすだけでは辛いカロリー制限ダイエットと同じなので成功しません。

そこで糖質を控えた分は、肉、魚、卵、豆類に多く含まれるタンパク質をたくさん食べて下さい。

タンパク質は糖質や脂質のように余った分が身体に溜まる事はありません。

つまり、タンパク質はいくら食べても太らない最適なダイエット食材という事になります。

スポンサードリンク


(3)脂肪を落とすのではなく、女性のおしりを美しく見せる方法

老人と若者の身体の大きな違いは何だと思いますか?

それは筋肉の量です。

つまり老化とは筋肉が減る事です。

筋肉の量で身体の見た目が変わる

ですから体脂肪の量が同じだとしても、筋肉の量が変わると見た目が大きく違ってきます。

筋肉が減ると脂肪が垂れ下がり、見た目に老いた身体になってしまいます。

逆に筋肉の上に脂肪が乗っていると、身体に張りが生まれて引き締まったように見えます。

これは見た目にも若い身体です。

筋肉は20代をピークに減少していきますから、放っておけば身体は重力に従って徐々に弛んで垂れ下がります。

重力は老化を加速させるのです。

しかし年齢を重ねても筋トレを行えば筋肉を増やして老化を防ぐ事が出来ます。

ですから、おしりの脂肪を落とすのではなく筋肉を付けておしりを美しく見せるという方法もある訳です。

たとえ脂肪が付いて大きくても、張りがあってキュッと締まったおしりは男性から見ても非常に魅力的に見えるのです。

そこで、おしりの筋肉を鍛えてヒップラインを美しく見せる6つの方法をご紹介しておきましょう。

おしりの筋トレ方法

「ブリッジ」

①仰向けに寝て軽く脚を開いて膝を曲げます。

②お腹を付き出すようにして、お尻を持ち上げる運動を繰り返します。

「ヒップエクステンション1」

①肘を付いて四つん這いになります。

②片方の脚を曲げたまま、地面から浮かして上げ下ろしを行います。

③これを左右の脚を入れ替えて行って下さい。

「ヒップエクステンション2」

①肘を付いて四つん這いになります。

②片方の脚を伸ばし、地面から浮かしたまま上げ下ろしを行います。

③これを左右の脚を入れ替えて行って下さい。

「サイドレッグ」

①脚を揃えて立ち、手を腰に当てます。

②背筋を伸ばして正面を向き、片方の脚を横に持ち上げます。

③これを左右の脚を入れ替えて行って下さい。

バランスが取りにくい場合は壁に手を添えて行うと良いでしょう。

「スクワット」

①脚を肩幅に開いて立ち、両手で頭の後ろを抱えます。

②背筋を伸ばして膝の曲げ伸ばしを行います。

慣れてくれば膝を深く曲げてみましょう。

「ランジ」

①脚を閉じて立ち、手を腰に当てます。

②片脚を1歩前に出し、膝を曲げて腰を深く落として元に戻します。

③この動作を左右の脚を入れ替えて交互に行って下さい。

以上がおしりを鍛えてヒップラインを美しく見せる筋トレの方法です。

自分の出来る種目から始めて、慣れてくれば徐々に回数を増やして行きましょう。

辛くなってから数回を頑張ると筋肉が適度に刺激されます。

これで、あなたのヒップラインに変化が起こってくる筈です。

スポンサードリンク


(4)おしりの美しい女性はココが違う!ヒップラインを整える簡単な方法とは?

歩き方でヒップラインが変わる!

おしりの美しい女性とそうでない女性は、日頃の何気ない動きに決定的な違いが見られます。

さて、それは何だと思いますか?

それはズバリ歩き方です。

モデルさんを見れば一目瞭然ですが、彼女たちはヒップラインだけでなく歩き方まで美しいのです。

ただし、ヒップラインが美しいから歩き方が美しくなるのではありません。

美しい歩き方をしているからヒップラインが美しくなるのです。

では、美しい歩き方とはどんな歩き方なのでしょうか?

つま先重心で歩くと、おしりが美しくなる

それは、つま先重心の歩き方なのです!

その特徴は足の踏み出しと同時に後ろの足で地面を蹴り上げて、身体が前方へと伸び上がります。

ですから腰の位置が一定に保たれて、見た目には風に押される様にスイスイと腰から前に進んで行く感じです。

こうした歩き方は、主におしりや太ももの裏側の筋肉が使われます。

その為に、おしりが引き締まるのです。

かかと重心で歩くと、下半身が太くなる?

一方で、かかと重心の歩き方は下半身のスタイルを悪くします。

その特徴は足を踏み出す度に膝が大きく曲がり、地響きを立てる様な歩き方です。

こうした歩き方は上下運動を使って前に進みますから、脚全体に体重がかかるので非常に疲れます。

ですから下半身が太くなるのです。

言ってみれば歩きながら脚の筋トレを行っている様なものです。

歩きながら、おしりの筋肉を刺激

この様に、日頃の歩き方ひとつでヒップラインが変わってしまうのです。

美しい歩き方はおしりの筋肉を刺激してヒップラインを引き締めます。

悪い歩き方はおしりの筋肉を使わないのでおしりが垂れてきます。

そして、使われない筋肉は退化するのです。

歩き方が美しくなればヒップラインも美しくなる!

おしりを美しくしたい女性は、まず歩き方から変えてみてはどうでしょうか?

まとめ

(1)ダイエットで、おしりの脂肪を部分的に落とす方法はありません。

(2)効果的に、おしりの脂肪を落とすダイエットの方法。

  • 筋トレをメインにして有酸素運動をサブで行う
  • 糖質を控えてタンパク質をたくさん食べる

(3)女性が、おしりを美しく見せる運動。

  • ブリッジ
  • ヒップエクステンション
  • サイドレッグ
  • スクワット
  • ランジ

(4)つま先重心で歩くとヒップラインが美しくなります。

いかがでしょうか。おしりの脂肪を部分的に落とす方法はありませんが、筋肉を刺激して美しく見せる事は可能です。

おしりの形や大きさが気になる女性は、ぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめ記事はコチラ⇒皮下脂肪を落とす女性のダイエット!成功の秘訣は月経周期にある

スポンサードリンク