お茶ダイエットで痩せる方法!おすすめ10種類の効果でメタボ改善

メタボ改善の基本は、適度な運動と食事の管理です。

お茶は、そのダイエット効果をサポート的に高める役割があります。

そして種類によって効能が異なりますから、目的に応じて上手く飲み分ける必要があります。

そこで今回は、お茶ダイエットで痩せる方法を解説し、おすすめの10種類をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


【目次】

(1)メタボ改善に効く!お茶に秘められたダイエット効果とは?

  • 脂肪の吸収を抑えて痩せるお茶
  • 糖質の吸収を抑えて痩せるお茶
  • 体脂肪の燃焼を促進して痩せるお茶
  • メタボの症状を抑制するお茶

(2)これで痩せる!ダイエットに有効な10種類のお茶

  • 「緑茶」のカテキンパワー
  • 脂っこい料理には「ウーロン茶」
  • 「杜仲粒」はダイエットに最適
  • 「ゴボウ茶」で若返り
  • 「黒豆茶」で脂肪を撃退
  • 「プーアル茶」のW効果
  • 「ゴーヤ茶」で体脂肪を燃焼
  • 糖質と一緒に「ギムマネ茶」
  • 「桑の葉茶」で糖尿病を予防
  • 「ガルシニア茶」で一石二鳥のダイエット効果

(3)厳選2種!おすすめのダイエット茶

  • 「茶流痩々」
  • 「緑茶習慣」

まとめ

(1)メタボ改善に効く!お茶に秘められたダイエット効果とは?

お茶を飲んでダイエットをサポート

お茶は日常的に馴染みのある飲み物ですが、その多くはダイエット効果を高める働きがあります。

ただし、お茶を飲めば目に見えて痩せるという訳ではありません。

お茶は、あくまでもダイエットをサポートし、長期的に見て痩せる効果を高める飲料という事になります。

一言で痩せるお茶と言っても、そのダイエット効果は種類によって違ってきます。

ですから、あなたの目的に応じて飲み分ける必要があります。

そこで先ず初めに、お茶に秘められた4つのダイエット効果について解説しておきましょう。

脂肪の吸収を抑えて痩せるお茶

一つ目は、脂肪の吸収を抑えてダイエット効果を高めるタイプのお茶です。

例えば脂っこい料理を食べた場合、脂肪は分子が大きいので、そのままでは体内に吸収されません。

そこで、リパーゼと呼ばれる酵素が脂肪を分解して分子を小さくします。

これでようやく脂肪は体内へと吸収される訳です。

そこでリパーゼの働きを抑え、脂肪の吸収を邪魔して痩せる効果を高めるのが一つ目のお茶です。

糖質の吸収を抑えて痩せるお茶

二つ目は、糖質の吸収を抑えてダイエット効果を高めるタイプのお茶です。

糖質は身体のエネルギー源となる栄養素ですが、食べ過ぎた分は体脂肪に変わります。

俗に言う糖質制限というのは、糖質エネルギーを不足状態にして体脂肪を燃やすダイエット方法です。

糖質は糖分の他にも、ご飯、めん類、パンなどの炭水化物に多く含まれています。

こうした炭水化物は消化酵素の働きで細かく分解され、最終的にはブドウ糖の状態で体内へと吸収されます。

そこで、この糖質の分解に係わる酵素の働きを弱め、ブドウ糖の吸収を減らして痩せる効果を高めるのが2つ目のお茶です。

体脂肪の燃焼を促進して痩せるお茶

三つ目は、体脂肪の燃焼を促進してダイエット効果を高めるタイプのお茶です。

ちなみに体脂肪が燃焼する場合、大まかには次のような過程をたどります。

  1. 通常時において、体脂肪は安定した固形の状態にあるので燃焼しない
  2. 空腹時や運動時などに、脂肪エネルギーが必要な状態になる
  3. 脂肪分解酵素のリパーゼが活性化
  4. リパーゼが体脂肪を脂肪酸に分解して燃えやすくする
  5. 脂肪酸が血中に溶け出して全身に運ばれる
  6. 必要に応じて脂肪酸が筋肉細胞に取り込まれて燃焼する

このいずれかの過程に働きかけ、体脂肪の燃焼を促進して痩せる効果を高めるのが3つ目のお茶です。

メタボの症状を抑制するお茶

内臓脂肪の増加によってメタボを発症すると、高血圧、高血糖、脂質異常などを引き起こします。

参考記事はコチラ⇒メタボの悪影響を知ったら怖い!身体に起こる3つの異変とは?

これらの症状は生活習慣病のリスクを高めます。

これが、メタボ特有のぽっこりお腹になると、ダイエットを行って痩せる必要がある理由です。

そこで、こうした症状を抑制し、メタボ改善の効果があるのが4つ目のお茶です。

こうしたお茶の効果を理解した上で、ダイエットをサポートする10種類について見ていきましょう。

スポンサードリンク


(2)これで痩せる!ダイエットに有効な10種類のお茶

では、ダイエットをサポートする厳選10種類のお茶をご紹介します。

それぞれに効果が違いますから、その特性を理解して飲むタイミングも工夫しましょう。

そうすれば、長期的に見ると痩せる効果に大きな差が生まれてきます。

「緑茶」のカテキンパワー

緑茶に含まれる茶カテキンは、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化する事でダイエットをサポートします。

すると体脂肪が燃えやすい状態となり、痩せる効果が高まります。

そこで、緑茶を有酸素運動の前に飲んでおけば体脂肪の燃焼効率が上がります。

また、日頃からこまめに補給しておくと、日常的に身体を動かす時などにも痩せる効果が得られます。

なお、緑茶に含まれる苦味成分のタンニンは鉄分と結びついて鉄の吸収を抑えてしまいます。

ですから、特に貧血の人は食事中の摂取は控えた方が良いでしょう。

脂っこい料理には「ウーロン茶」

ウーロン茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノールは、脂肪を分解する酵素の働きを低下させます。

すると、食べた後に分解されなかった脂肪分は、吸収されずに体外へと排出されるのです。

ですから、脂っこい料理を食べる時にウーロン茶を飲むと、余分な脂肪分の吸収が抑えられてダイエットに効果的です。

なお、黒ウーロン茶にはウーロン茶重合ポリフェノールが更に多く含まれており、ウーロン茶よりも痩せる効果が高くなります。

「杜仲茶」はダイエットに最適

杜仲茶には鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウム、ビタミンCなど食事で不足しがちなビタミン、ミネラルが含まれています。

また、杜仲茶に含まれるゲニポシド酸という成分は、コレステロールや脂質異常を軽減し、血管を拡張して血流を良くする働きがあります。

更に、アディポネクチンと呼ばれる超善玉ホルモンの分泌を増やす働きがあるとも言われています。

参考記事はコチラ⇒これが、メタボを撃退するアディポネクチンの絶大な効果です!

アディポネクチンはメタボの症状である高血圧、高血糖、脂質異常を改善する非常に優れた働きがあります。

食事の時、あるいは日常的に補給すると痩せる効果が高まります。

「ゴボウ茶」で若返り

ゴボウ茶に含まれるサポニンという成分は、水にも油にも溶ける性質があります。

この性質によって、血管に付着したコレステロールなどの脂肪分が溶けて洗い流されます。

すると血液の流れが良くなるので、代謝が高まり痩せる効果が得られると同時に高血圧の予防にもなります。

こうして、脂肪の溜まった血管が綺麗になるとメタボの症状が改善され、ダイエットのみならず若返りの効果も得られる訳です。

日常的に、こまめに補給すると良いでしょう。

「黒豆茶」で脂肪を撃退

黒豆茶にはアントシアニンという成分が含まれており、それがダイエットをサポートします。

あるマウスの実験で、アントシアニンを混ぜた高脂肪のエサを与えたところ、脂肪の合成の抑制、内臓脂肪や血中脂肪の蓄積の抑制が認められました。

また、血糖値や血圧の上昇を抑制する効果も認められたそうです。

これらの事から、アントシアニンを含む黒豆茶にはメタボ改善の効果が期待できる訳です。

食事と一緒に飲むと、痩せる効果が高まります。

「プーアル茶」のW効果

プーアル茶には、ダイエットをサポートする2つの働きがあります。

1つ目は、食事で摂取した脂肪の分解を妨げ、その吸収を邪魔する働きです。

2つ目は、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させ、体脂肪の燃焼を促進させる働きです。

この様に、プーアル茶はメタボ改善の効果が非常に高いお茶です。

※食事の時、あるいは運動の前に飲むと痩せる効果が高まります。

「ゴーヤ茶」で体脂肪を燃焼

ゴーヤ茶に含まれる共役リノール酸は、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化してダイエットをサポートします。

この働きにより、体脂肪は脂肪酸に分解されて燃焼しやすくなります。

なお、燃焼しきれずに残った脂肪酸は再び体脂肪に戻りますが、共役リノール酸はそれを邪魔する働きがあります。

すると、血中に残った脂肪酸が燃焼されやすい状態が続くのです。

この働きは、お茶の中でもゴーヤ茶に特有の効能です。

運動の際や、日常生活で身体を動かす時に飲むと痩せる効果が高まります。

糖質と一緒に「ギムマネ茶」

ギムマネ茶に含まれるギムマネ酸は、糖質を分解する酵素の働きを弱める事でダイエットをサポートします。

すると糖質の吸収が抑えられ、余分な糖質が体脂肪に変わるのを防ぎます。

食事の時に飲むと、痩せる効果が高まります。

「桑の葉茶」で糖尿病を予防

桑の葉茶に含まれるDNJと呼ばれる成分は、ブドウ糖(血糖)に構造がよく似ています。

そして、糖質がブドウ糖に分解されて吸収される際に、そこへDNJが一緒に紛れ込みます。

するとブドウ糖の吸収が邪魔をされ、ダイエット効果が高まる訳です。

ですから、高血糖の傾向がある糖尿病予備軍の人には特に有効なお茶です。

食事の時に飲むと、痩せる効果が高まります。

「ガルシニア茶」で一石二鳥のダイエット効果

食べ過ぎて余った糖質は、ATPクエン酸リアーゼと呼ばれる酵素の働きによって体脂肪に作り変えられます。

ガルシニア茶に含まれるヒドロキシクエン酸と呼ばれる成分は、この酵素の働きを弱めてダイエットをサポートします。

すると、余分な体脂肪の増加が抑えられる訳です。

また、血糖値の低下が緩やかになる事で、空腹感が抑えられてダイエット効果が得られます。

このように、ガルシニア茶は一石二鳥の効果でメタボを改善するお茶という事になります。

食事の時に飲むと、痩せる効果が高まります。

スポンサードリンク


(3)厳選2種!おすすめのダイエット茶

ここまで、メタボ改善に効果のある10種類のダイエット茶について解説してきました。

お茶は日常的にも馴染みがありますから、その中から品質の良いものを取り入れるとダイエット効果も高まります。

市場に出回っているお茶の中には、有効成分の配合が高められているもの、あるいは飲みやすく工夫されたものがあります。

そこで、人気が高くおすすめのダイエット茶を2商品ご紹介しておきましょう。

「茶流痩々」

まず1つ目の商品が「茶流痩々」です。

このお茶は、ダイエット効果の高いプーアル茶を使用しています。

しかも原料は、輸入品に比べると断然に有効成分が豊富な高品質の国内プーアル茶です。

そして、ペットボトル1本当たりが約45円ですから、コスパ的にも非常に満足度の高い商品です。

ちなみに、このお茶は食品コンクールで2つの賞を受賞していますから、品質の高さには定評があります。

※茶流痩々の公式サイトを見る国産ダイエットプーアール茶 「茶流痩々」

「緑茶習慣」

2つ目は、トクホ商品でもある「緑茶習慣」です。

このお茶は、ダイエット効果のある緑茶成分に食物繊維が掛け合わされており、特に糖質の吸収を抑える効果が高くなっています

ですから、現代人が太る主な原因でもある糖質の摂り過ぎが気になる方には特におすすめです。

なお、原料には安全で高品質な国産の抹茶を使用しています。

また、持ち運びに便利なスティックタイプで、味の方も非常に美味しいと好評のようです。

※緑茶習慣の公式サイトを見る伊藤園のトクホのお茶「緑茶習慣」

まとめ

(1)糖質の吸収を抑えてダイエットをサポートするお茶。

  • ギムマネ茶
  • 桑の葉茶

(2)脂肪の吸収を抑えてダイエットをサポートするお茶。

  • ウーロン茶
  • プーアル茶

(3)体脂肪の燃焼を高めてダイエットをサポートするお茶。

  • 緑茶
  • プーアル茶
  • ゴーヤ茶

(4)メタボの症状である高血圧、高血糖、脂質異常を改善するお茶。

  • 杜仲茶
  • ゴボウ茶
  • 黒豆茶

いかがでしょうか。お茶に含まれる成分によって効能はそれぞれ違いますから、目的に応じて飲み分ける事でダイエット効果が高まります。

また、お茶を飲むと直ぐ痩せるという訳ではありませんが、継続して飲み続ける事によってメタボ改善の効果が現れてくるでしょう。

そして、お茶はサプリに比べると安価でお得ですから、ダイエット飲料としては非常におすすめです。

おすすめ記事はコチラ⇒飲料でメタボ対策なら、この5つの飲み物でダイエット効果が倍増!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − three =