尿路結石の出し方!尿管、尿道に詰まった石を早く出す方法の裏技

結石が尿管や尿道に詰まって出て来ない!

あなたも、そんな経験はありませんか?

実は私も最近、この尿路結石を生まれて初めて経験したのです。

自然に出るのを待つよりも、何とか早く出す方法はないか?

そう考えた私は、ある方法を試したところ驚くほど上手くいったのです。

そこで今回は、尿路結石の出し方について体験談を話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)初めて経験した尿路結石の症状!尿管に鈍痛が走る

  • 初めて経験した尿路結石の症状
  • 結石が膀胱へと移動
  • 結石の形状は超グロテスク!

(2)尿路結石を早く出す方法を調べてみたけれど…

  • 排尿の違和感が続く
  • 結石が尿道に詰まる

(3)大成功!これが、尿路結石の簡単な出し方

  • 石の出し方の妙案とは?
  • 3回の失敗を繰り返し、そして4回目に…!
  • 注意!結石は再発しやすい

(4)これが、尿路結石を予防する方法

  • 尿路結石の予防には肉の食べ過ぎに注意
  • 水をたくさん飲むと尿路結石の予防になる

まとめ

(1)初めて経験した尿路結石の症状!尿管に鈍痛が走る

初めて経験した尿路結石の症状

事の始まりは、昨年末に突然起こった右の背中の鈍痛でした。

これまで経験した事のない痛みは、軽い目まいと吐き気を伴いました。

「石が尿管を通っている!?」

私は直感的にそう思い、反射的にその場でジャンプを繰り返しました。

すると、その衝撃によって上手い具合に石が尿管の下へと移動したようで、次第に鈍痛は治まりました。

こうした場合に石が尿管に残ると激痛を伴うようですが、私の場合は幸いにもその第一関門はクリアしたのです。

これが、私が初めて経験した尿路結石の最初の症状でした。

この経験から、尿管を通る結石の痛みはジャンプが有効と考えられます。

石が膀胱へと移動

ただ右のお腹に違和感が残り、押さえるとキリキリとした痛みを感じました。

おそらく尿管の中を下りてきた石が、膀胱への入り口付近で詰まっていたのでしょう。

その後、石は自然に膀胱へと移動したようで、お腹の違和感はいつの間にか治まっていました。

私のようなケースは尿路結石の症状としては非常に軽く、幸い大事に至る事はありませんでした。

「もし、石が尿管に詰まっていたら激痛でどうなっていた事か…」

そんな事を考えながら、私は尿路結石について色々と調べてみました。

結石の形状は超グロテスク!

そして最も衝撃を受けたのが結石の形状です。

それまでは結石というと、小さくて丸みがある石の粒というイメージを抱いていました。

ところが実際の結石はそんなものではありません。

大きさは5mm程度でも珍しくはなく、更に大きいものでは1以上cmにもなるのです。

また結石の表面は細かくザラザラとしていて、しかもその先端が鋭く尖っていたりもします。

(実際に私の身体から出て来た結石がコチラです)

このように、いびつな形状をした石が尿管の中を移動すれば、尿管は簡単に傷付けられてしまいます。

ただし、こうした結石の形状にも一つだけ利点があるのです。

それは、結石が尿管の中に詰まって動かなくなったとしても、腎臓で作られた尿は結石の凹凸の隙間を通り抜けて膀胱まで流れ落ちる事が可能になるのです。

もし結石がツルツルとした真ん丸に近い形状をしていれば、尿管にスッポリとはまり込んで完全に尿の流れを止めてしまいます。

そうなれば、尿管破裂などという最悪の事態も起こり得るでしょう。

スポンサードリンク


(2)尿路結石を早く出す方法を調べてみたけれど…

排尿の違和感が続く

「石は膀胱まで移動しているから、後は自然に尿と一緒に出てしまうだろう」

私は軽くそう考えていたのですが、なぜか尿が近くなる、尿の出が悪いといった違和感を度々覚えるようになりました。

今にして思えば、それは結石が膀胱の出口を塞いでいたからでしょう。

こうなると膀胱に尿が残りやすくなり、排尿の勢いも弱まります。

そんな状態が約一カ月以上続いたある日、排尿時に異変が起こりました。

結石が尿道に詰まる

その日、尿の出が悪いな~と思いながら排尿を行っていると、なぜか中途半端なタイミングで尿がピタリと止まってしまったのです。

その時、膀胱の出口に石が詰まった感覚がありました。

そして次の瞬間、尿道に痛みが走ると同時に再び尿が出てきました。

尿道の中を石が動いている感覚はあったのですが、石は尿道に詰まったまま出てくる事はありませんでした。

そして尿道にチクチクとした違和感が残りました。

「あと何回か排尿すれば自然に出てくるだろう」

そう思いながら少し多めに水を飲んで排尿の回数を増やしてみたのですが、石は一向に出てくる気配がありません。

それどころか結石の鋭利な凹凸が尿道を傷付け、排尿の度に血尿が出て来たのです。

私はトイレの時間になると気分が憂鬱になり、何とか石を早く出す方法はないか?と考えました。

そこで尿路結石の出し方について色々と調べてみたところ、とりあえず以下のような方法に行き着く事になりました。

尿路結石を早く出す方法①:水をたくさん飲んで排尿の回数を増やす。

(この方法は何度も試しましたが上手く行きませんでした)

尿路結石を早く出す方法②:尿を溜めてから勢いよく押し流す。

(この方法も試しましたが上手く行きませんでした。おそらく石が動きにくい角度で尿管に引っかかっていたのでしょう)

尿路結石を早く出す方法③:病院で器具を挿入して取り出す。

(この方法は簡単ではなく抵抗もあるので即却下しました)

こういった感じで尿路結石の出し方について調べてはみましたが、早く出すコレといった方法を見付ける事は出来ませんでした。

しかし私は何か上手い石の出し方はないかと考え続けました。

少しでも早く憂鬱な気分から解放されたかったのです。

そしてふと、ある妙案を思いついたのです。

「この出し方なら、絶対に上手く行く!」

私は、そう確信しました。

スポンサードリンク


(3)大成功!これが、尿路結石の簡単な出し方

石の出し方の妙案とは?

私が思いついた石の出し方は、ちょうどホースの水を一気に押し流すイメージです。

その方法は実に簡単です。

それは排尿と同時に尿道の出口を指で押さえ付けるのです。

すると行き場を失った尿の圧力で一時的に尿道が広がり、詰まっていた石が動きやすくなります。

そのタイミングで指を離せば、勢いよく流れ出る尿と一緒に石が出てくるのではないかと考えたのです。

原理としては上手く行きそうな気がしましたが、果たして実際にはどうか?

私はさっそく、この石の出し方を試してみる事にしました。

3回の失敗を繰り返し、そして4回目に…!

そして3回行ってみたのですが、どういう訳か上手く行かなかったのです。

「もしかすると、指を離すタイミングが早いのかもしれない」

そう考え、次こそはと気合いを入れて4回目に挑戦しました。

そして今度は、排尿と同時に尿道の出口をこれまでよりも強く押さえ付けてみたのです。

すると行き場を失った尿の圧力で、尿道がどんどん広がって行く感覚が指先に伝わってきました。

「よし、今だ!」

圧力が十分に高まった状態で指を離すと、尿は勢いよく一気に流れ出しました。

そして次の瞬間、尿道から結石が見事に飛び出して来たのです。

「出た~!!!」

感動と共に、憂鬱だった私の気分は一気に晴れ上がりました。大成功です!

尿路結石には、尿管結石、膀胱結石、尿道結石の3つがあります。

この方法は、その中の尿道結石を早く出す裏技として非常に有効です。

注意!結石は再発しやすい

結石は2度と経験したくないものです。

もし、こんな時に結石の強烈な痛みが起こったら大変だと思いませんか?

重要な商談の最中、車の運転中、電車の中、入浴中、行楽の最中…

結石の痛みは、いつ突然に襲ってくるか分かりません。

特に尿酸値が高い人は結石の再発の可能性が高いと言われています。

尿酸値は外食やお酒の付き合いが増えると高くなりがちです。

こうした生活パターンは、仕事などの関係でなかなか変えられない方も多い筈です。

あなたの生活のパターンも、これと同じではありませんか?

そんな場合は、やはりサプリを利用するのが手軽で便利です。

そこで、一度でも結石の経験がある方にお勧めのサプリが慈鳳です。

こちらの製品はリピート率が高く、一度試された方の満足度が非常に高いようです。

日頃から、こうしたサプリを飲んでおくだけで、結石の再発率がグンと低くなるので何よりも安心だと思います。

慈鳳公式サイトはコチラ⇒尿酸値が気になる方のサプリ『慈凰』

なお一度お試し希望の場合は、お得な半額お試しパックをご利用してみると良いと思います。



(4)これが、尿路結石を予防する方法

尿路結石は、体質、食生活、生活習慣のパターンによっては何度も繰り返す人がいます。

今回、私自身も経験してしまったので、何かを改善しないと再発する可能性もあります。

そこで尿路結石の主な原因と、その予防方法について見ておきましょう。

尿路結石の予防には肉の食べ過ぎに注意

尿路結石の7~8割がシュウ酸カルシウム結石だと言われています。

そこで、まずはシュウ酸とカルシウムを含んだ食べ物に着目してみましょう。

シュウ酸は肉類などの動物性タンパク質を食べると体内に増加しますが、小腸でカルシウムと結び付くと便として排出されてしまいます。

しかし排出されずに残ったシュウ酸は腎臓へと運ばれ、そこで結石に変わる可能性が高まるのです。

つまり結石の出来やすい人は、シュウ酸の摂取量に比べてカルシウムが不足しているという事になります。

ですから余分なシュウ酸の吸収を抑えるには、十分なカルシウムを摂取しておく事が大切です。

カルシウムは、牛乳、小魚、野菜などに多く含まれていますが、塩分の過剰摂取はカルシウムの排出作用を高めてしまいます。

またシュウ酸は、ホウレン草、タケノコ、大豆製品、ナッツ類にも多く含まれており、ビタミンCの過剰摂取もシュウ酸の数値を高めます。

この様に尿路結石は様々な食べ物が影響して起こる訳ですが、気を付けるべき点は動物性と植物性の両方からバランス良く栄養を摂取する事です。

水をたくさん飲むと尿路結石の予防になる

さて、腎臓に運ばれたシュウ酸は尿に含まれるカルシウムと結びつくと結石になります。

結石が小さい内なら尿と一緒に排出されますから、水分を多く摂る事によって排尿の効果を高めておく事が大切です。

逆に水分の摂取が少なければ結石が腎臓の中に残りやすくなり、そのまま大きくなる可能性が高まります。

例えば水量が多くて流れの良い川は美しく、逆に水量が少なく流れの悪い川は沈殿物やゴミが溜まりやすいのと同じです。

ですから身体も水分の循環を良くしておけば、結石の素になる成分を上手く洗い流す状態を保つ事が出来る訳です。

目安としては、一日に約2リットルの水分は補給しておきたいところです。

ただし紅茶やコーヒーはシュウ酸を多く含んでいるので、水分補給には水が最適です。

まとめ

(1)結石が尿管を通る時の痛みは、ジャンプをすると和らぐ場合があります。

(2)尿道に詰まった結石を早く出す方法は、排尿と同時に尿道の出口を指で押さえ付けて一気に尿を流し出す事です。

(3)尿路結石の主な原因は、肉などの動物性タンパク質の摂り過ぎとカルシウム不足です。

(4)尿路結石を予防する方法は、水をたくさん飲む事です。

いかがでしょうか。尿路結石は偏った食事が大きな原因ですから、栄養は植物性と動物性からバランス良く摂取しましょう。

また、尿道に石が詰まってなかなか出て来ない場合は、ぜひ今回ご紹介した尿路結石の出し方を試してみて下さい。

上手く行えば効果は絶大です!

おすすめ記事はコチラ⇒なぜ、水素水が若返りに効果的なのか?悪玉活性酸素を除去する仕組み

スポンサードリンク