皮下脂肪が増えると汗かきになる!すぐに役立つ臭いと汗染み解消法

皮下脂肪が厚く肥満傾向の方は、体質的に汗かきの場合が多いようです。

こうした方は特に夏場になると大変です。

汗染みが目立つシャツ、そして気になる汗の臭い。

これを解消するにはダイエットという方法もありますが…

しかし皮下脂肪はそう簡単には落ちないものです。

そこで今回は、汗かきな方の悩みを解消する2つの発汗対策をご紹介します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)なぜ、皮下脂肪が多いと汗かきになるのか?

  • 汗の役割とは?
  • 皮下脂肪と汗の関係
  • 汗そのものには臭いが無い
  • 悪い汗は臭いがきつくなる

(2)皮下脂肪を落とすより簡単!汗かきの臭いを解消する超強力な『消臭クリーム』

  • 体温調節の汗より臭くなる汗とは?
  • 「プラチナム」の消臭効果の秘密

(3)汗かきな人に大人気!これが汗染み解消に万全な『驚異のシャツ』

  • 汗で気になるシャツの染み
  • 汗が染みないシャツが登場!

まとめ

(1)なぜ、皮下脂肪が多いと汗かきになるのか?

まず、皮下脂肪が多いと汗かきになりやすい理由についてお話しておきましょう。

汗の役割とは?

汗は尿と同じように老廃物を排出する役割があると思っている方も多いと思います。

しかしながら汗の主な役割は体温調節です。

私たちは身体を動かしたり運動を行ったりすると、そのエネルギー消費に伴い体内で熱が発生します。

あるいは夏の暑い時期になると気温の上昇に伴って体温も高くなります。

放っておけば体温が上がり続けて身体の機能が低下しますから、体温を一定に保つ為に熱を冷ます必要があります。

そこで私たちの身体に起こる生理現象の1つが発汗です。

汗が蒸発するには気化熱が必要であり、その時に身体の表面から熱が奪われます。

こうして身体から熱を放出する事によって体温が一定に保たれるのです。

ですから汗かきの人というのは、普通の人よりも熱を冷ます必要性が高いという事になります。

皮下脂肪と汗の関係

そこで関係してくるのが、汗かきの人に多く見られる厚い皮下脂肪です。

皮下脂肪の役割の1つには保温効果というのがあります。

この効果によって、皮下脂肪の多い方は体内に熱がこもりやすいという事になります。

そこで普通の人よりも多めに汗をかく事により、体内に熱がこもるのを防ぐ必要がある訳です。

これが皮下脂肪が多く肥満傾向にある方が汗かきになりやすい理由です。

ちなみに体重が70kgの場合、体温を1度下げるのに約100mlの汗が必要であるそうです。

汗そのものには臭いが無い

汗は血液の成分から作られており、体温調節に利用される汗は全身にあるエクリン腺と呼ばれる汗腺から湧き出してきます。

発汗の際、血液はいったん汗腺に取り込まれ、水分以外の身体に必要なミネラル成分の大半が血中に戻されます。

つまり汗腺では血液中の水分が選り分けられ、それが汗として流れ出てくる訳です。

一般的には汗の99%は水分で、残りの1%に塩分、尿素、アンモニア、乳酸などが含まれています。

ですから本来の汗はサラッとしていてベタつきや臭いがありません。

ところが皮膚に住み着いている細菌は、汗に含まれる水分以外の成分を栄養にして繁殖します。

そして、この時に細菌が発生させる老廃物の臭いが汗臭さとなる訳です。

悪い汗は臭いがきつくなる

汗腺の機能が低下すると、汗には水分以外の成分が多く混じるようになります。

つまり汗腺での水分の選り分けが上手く行かなくなる訳です。

こうした「悪い汗」はベトベトしていて細菌のエサとなる栄養分が多く含まれています。

ですから蒸発しにくい上に汗臭さもきつくなります。

汗腺の機能が低下する原因の1つは老化に伴う汗腺の衰えです。

また冷房を使い過ぎると汗腺の働きが休止状態になりますから、当然の事ながらその機能は低下します。

あるいは運動不足などで汗をかく機会が少なければ、使われない汗腺の機能は低下します。

ですから汗腺の機能を高めておく為には、日頃から適度の汗をかいて汗腺を働かせておく事が大切なのです。

(2)皮下脂肪を落とすより簡単!汗かきな臭いを解消する超強力な『消臭クリーム』

さて、汗の臭いを解消するには何の方法が最適でしょうか?

中には汗をかかなければ良いと考える人もいるでしょう。

しかし汗かきは体温調節のための生理現象ですから、普通に生活をしていれば自然に汗が出ます。

ではダイエットで皮下脂肪を減らして汗かきの量を減らすのはどうか?

それは確かに良い方法だし効果的だと思います。

ただし、それはダイエットに成功した場合の話ですし、例え成功したとしても多かれ少なかれ汗はかきます。

最も良い方法はこまめにシャワーで全身の汗を洗い流す事ですが、仕事中や自宅以外の場所ではそうも行きません。

だったら、出る汗の臭いを消してしまえば良いと思いませんか?

体温調節の汗よりも臭くなる汗とは?

汗の主な役割は体温調節である事は既にお話しましたが、実はもう1つの汗があります。

それはアポクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗です。

この汗腺は、ワキ、へそ、陰部、耳の中、乳輪などに見られ、いわゆるワキガ臭が発生しやすい場所です。

ここから出る汗は体温調節の汗とは性質が違い、色が白っぽく粘り気があります。

そして、脂質、糖質、タンパク質、アンモニア、鉄などを含んでいます。

これらの成分が細菌によって分解されると、あの独特なワキガ臭が発生するのです。

この臭いは体温調節の汗が発する臭いよりもきつくて独特です。

そして10人に1人はアポクリン腺の数が多い人と言われており、その場合はワキガ臭もきつくなります。

ですから皮下脂肪が多く汗かきな体質で、更にワキガ臭がキツい場合には万全の発汗対策が必要になる訳です。

そこで、こうした汗が原因で発生する臭い対策には、『プラチナム』がお勧めです。

「プラチナム」の消臭効果の秘密!

一般的なデオドラントの多くは香りで臭いを誤魔化すタイプです。

それは臭いの原因を取り去る訳ではありませんから、香りに汗の臭いが混じる事があります。

また体臭がきつい為に香りの量を増やすと、かえって香りそのものが鼻についてしまいます。

そこで、登場したのが『プラチナム』です。

『プラチナム』は、業界初の「消臭」+「香り」のW効果がある消臭クリームなのです。

しかも、その香りは男性2000人を調査して最も魅力的なものが選ばれています。

そしてパッケージは非常に高級感があり、常にポーチの中へ入れておきたい一品と言えます。

いかがでしょうか?『プラチナム』さえあれば、皮下脂肪が多く汗かきな方でも体臭が気になる事はありません。

これで今年の暑い季節を迎えても、汗による臭い対策は万全です!

その消臭効果は一般的なデオドラントの比ではなく、体臭に悩んでいる多くの人に喜ばれています。

そして余りの好評につき、しばしば入荷待ちが起こる事もあるくらいです。



非常によく売れています。

ぜひ、お試し下さい!

(3)汗かきな方に大人気!これが汗染み解消に万全な『驚異のシャツ』

汗で気になるシャツの染み

汗で生じる問題は臭いだけではありません。

皮下脂肪が多く汗かきな方は、シャツが汗染みをして見た目の印象を悪くしがちです。

あなたも、心当たりはありませんか?

例えば夏場でもスーツの上着を着用しているビジネスマンの場合は、上着を脱いだ時にシャツの汗染みが目立つ事がよくあります。

特に脇の下などは汗染みができやすく、それだけで人に不快な印象を与えてしまうものです。

かといえ、汗の量を調整して減らす事などは出来ません。

とりあえず応急処置として出来る事といえば、こまめに拭き取る事くらいでしょう。

しかし夏場の暑い時期になると、汗は拭き取っても直ぐに湧き出してきます。

汗が染みないシャツが登場!

そこで、汗染み解消のとっておきの方法があります。

それが、>汗ジミができない、フレッシュマックスシャツです。

このシャツは開発に8年もの歳月を要して完成した超優れ物です。

そして、「こんなシャツがあればいいのに」という汗かきな方の願望を見事に叶えてくれる魔法のようなシャツなのです。



その秘密は生地の織り方にあり、シャツの繊維が水分を貫通させずに外側に広く拡散させる工夫が施されています。

こうして汗染みが出来なくなり、水分の蒸発を驚異的に早める事が可能になったのです。

これは皮下脂肪が多く汗かきな方にとっては正に必須のアイテムと言えるでしょう。

フレッシュマックスシャツを着用すれば、あなたは暑い時期でも汗染みの心配なく過ごす事が出来る筈です。

これで夏場の汗染み対策も万全です!

ぜひ、お試し下さい。

まとめ

いかがでしょうか。皮下脂肪が増えると保温効果が高まり体内に熱がこもりやすくなります。

すると体温調節の為に汗をかく事により、身体から熱を逃がす必要が生じます。

それが皮下脂肪が多く肥満傾向にある人が汗かきな理由です。

汗の多い方は身体の臭いや汗染みが気になるところです。

そんな悩みを解消するには、今回ご紹介した2つのアイテムを使用する事で発汗対策は万全となるでしょう。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

参考記事はコチラ⇒皮下脂肪を減らす、おすすめ漢方薬!「防風通聖散」のダイエット効果

スポンサードリンク