皮下脂肪を減らす運動と食事!成功するダイエット期間の定め方

とにかく短期間で余分な皮下脂肪をドカンと減らしたい!

そんな気持ちでダイエットを始めると、何かと極端な食事制限や過激な運動に走りがちです。

そんな経験はありませんか?

こうした方法では、ほぼ失敗に終わります。

まずは無理のない最適なダイエット期間を定めましょう。

そこで今回は、成功率を高める皮下脂肪の落とし方について話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)皮下脂肪を減らす!成功率を高めるダイエット期間の定め方

  • 成功率の高い目標設定とは?
  • 皮下脂肪が落ちるには一定の期間が必要
  • 皮下脂肪の落ち方

(2)皮下脂肪を落とす!ダイエット期間中に起こる身体の変化とは?

  • 減量期間は身体に何が起こる?
  • 停滞期間は身体に何が起こる?
  • 停滞期間を脱出する方法!

(3)皮下脂肪を減らす効果的な運動の方法

  • 皮下脂肪を減らすなら筋トレ
  • 有酸素運動はダイエットに逆効果?

(4)皮下脂肪を落とす効果的な食事の方法

  • 脂肪はダイエットの敵ではない
  • 皮下脂肪を増やすのは糖質
  • 糖質を不足状態にすれば皮下脂肪が燃える
  • タンパク質は最適なダイエット食材

まとめ

脂肪を減らすなら、漢方薬がおすすめ!

(1)皮下脂肪を減らす!成功率を高めるダイエット期間の定め方

成功率の高い目標設定とは?

あなたがダイエットを始める場合、どれくらいの期間で何キロ痩せたいと思いますか?

こうした目標設定はダイエットの成功率に大きく影響します

ある調査によると、ダイエットに成功した人の目標設定は平均すると2~3か月の期間で約マイナス4,5kgであったそうです。

つまり目標は高すぎても低過ぎても良い結果を生みにくいという事になります。

目標が高すぎると短期間で過度なダイエットに走りやすくなり、肉体的にもメンタルの面でも無理が生じます。

その結果、リバウンドを起こしやすくなるので成功しないのです。

逆に目標が低過ぎるとモチベーションが上がらないので、どこかで挫折してしまう可能性が高くなります。

こうした意味で2~3か月という期間はモチベーションを維持するのに、ちょうど良い期間という事になるでしょう。

またダイエットに合わせて身体が無理なく変化する上でも、このくらの期間と減量分が妥当であるという事になります。

皮下脂肪が落ちるには一定の期間が必要

ダイエットを始めると、先ず初めに落ちるのは内臓脂肪です。

内臓脂肪はエネルギーの一時的な貯蔵庫としての役割があり、日常的に利用されやすい脂肪です。

つまり代謝が活発で増減が激しいのでダイエット効果が現れやすいのです。

一方の皮下脂肪については、飢餓などに備えた長期的なエネルギー貯蔵庫としての役割があります。

ですから内臓脂肪に比べると、落ちるまでにはある一定の期間が必要という事になります。

皮下脂肪の落ち方

皮下脂肪は全身が均等に落ちる訳ではなく、また部分的に減らせる訳でもありません。

基本的には身体の末端から中心部に向かって順番に落ちていく傾向があります。

ですから特に気になりがちなお腹回りの皮下脂肪などは、ダイエット効果が現れるまでに暫くの期間が必要という事になります。

スポンサードリンク


(2)皮下脂肪を落とす!ダイエット期間中に起こる身体の変化とは?

ダイエットの理想は皮下脂肪の減少と共に右肩下がりに体重が落ちて行く事です。

しかしながら、どんなに正しい方法で行っていたとしても、そう単純には行かないのがダイエットの難しい所です。

なぜならダイエットを行うと、基本的には減量期間停滞期間を交互に繰り返しながら理想の体重に近付いていくからです。

もちろん体重の変動差、それぞれの期間の長さは人によって大きく異なります。

目安としては体重の約5%が減少すると停滞期間に入りやすいそうです。

その長さについては、おおよそ1か月前後と見ておけば良いでしょう。

では、それぞれの期間において、身体の中では一体何が起こっているのでしょうか?

減量期間は身体に何が起こる?

ダイエットを開始して間もない期間は、基本的には順調に体重が落ちていきます。

その減量分は不要な水分や内臓脂肪の割合が多いようです。

つまり身体に溜まった余分な物の中で、まずは代謝の活発な物から減らされて行く訳です。

こうしたものが一定量まで落ちてくれば、次に皮下脂肪が減り始めると考えて良いでしょう。

なお減量分の内訳を知るには体組成計を使うと便利です。

体組成計は体重計の進化型で、体脂肪率、内臓脂肪レベル、皮下脂肪率、基礎代謝、骨格筋率、肥満度などを測定する事ができます。

停滞期間は身体に何が起こる?

さて、ダイエットを開始して順調に落ちていた体重が、ある時期を境にして変動を見せなくなる停滞期間がやって来ます。

しかも、それまでと同じ様にダイエットを行っているにもかかわらずです。

これは、ダイエッターのほとんどが経験をする生理現象でもあります。

一体、身体の中では何が起こっているのでしょうか?

それはホメオスタシスと呼ばれる一種の防衛反応が働いているのです。

ホメオスタシスとは恒常性とも呼ばれ、簡単に言うと身体を一定の状態に保とうとする働きです。

ダイエットを開始して体重が落ちてくると、脳はこう考えるようになります。

「このまま体重が減り続けると危険な状態になるので、体重を一定に保たなければならない」

そこで身体は基礎代謝を低下させて日常的な消費カロリーを減らします。

基礎代謝とは生きて行く上で必要な最低限のカロリーの事です。

するとダイエットによるエネルギーの不足分を補う為に、わざわざ脂肪を燃やす必要がなくなる訳です。

こうしてホメオスタシスが働き始めると、いくらダイエットを行っても効果は得られなくなります。

仮に体重を減らそうとしてダイエットを過激にすれば、身体は更に基礎代謝を減らして体重を一定に保とうとするでしょう。

停滞期間を脱出する方法!

では、どうすれば停滞期間を抜ける事が出来るのでしょうか?

それは、今までと変わりなくダイエットを続ける事です。

そうやって暫く変化の無い期間を何事もなく過ごしていると、やがて脳はそれが普通の状態であると考えるようになります。

そして「身体は危険な状態にある訳ではない」と脳が判断した段階でホメオスタシスが解除されるのです。

その解除が直前に迫ると、身体にはある著しいサインが現れるそうです。

それは、何だと思いますか?

そのサインとは、無性に食べたくなるという強い食欲です。

この食欲に耐えることさえ出来れば、再び減量期間が訪れて皮下脂肪が落ち始めるのです。

このように、ダイエットは減量と停滞を交互に繰り返しながら体型が変わっていくのです。

その事さえ分かっていれば、ダイエット効果の現れない期間においても焦らずに過ごす事が出来る筈です。

残念ながら、正しい運動と食事でダイエットを行っているのに途中で挫折してしまう方の多くは、停滞期間をダイエットの限界と見誤ってしまうのです。

あるいはホメオスタシスが解除される直前の食欲に負けて、リバウンドを起こしてしまう人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク


(3)皮下脂肪を減らす効果的な運動の方法

皮下脂肪を減らすなら筋トレ

運動には大きく有酸素運動と筋トレの2つがあります。

では、皮下脂肪を減らすのに最適な運動はどちらだと思いますか?

結論から先に言うと、筋トレという事になります。

筋トレは皮下脂肪を燃やすのが目的ではありませんが、筋肉を増やす事で基礎代謝をアップさせる事ができます。

基礎代謝がアップすれば、何もしなくても寝ている間にも消費カロリーが増加します。

つまりダイエットに適した脂肪燃焼体質になれる訳です。

有酸素運動はダイエットに逆効果?

では、有酸素運動はどうなのでしょうか?

一般的には脂肪を燃やすなら有酸素運動と思われがちです。

確かにそうではあるのですが、有酸素運動を習慣的に行っていると身体が適応反応を起こして省エネ体質に変化します。

省エネ体質になると、より少ないエネルギーで長時間の運動が可能になりますから有酸素運動には有利になります。

しかしながら、脂肪の燃焼効率は下がるのでダイエットには適さないという事になります。

もし有酸素運動で皮下脂肪を燃やすなら、筋肉を増やして脂肪燃焼体質になっておけばダイエット効果が上がります。

こうした意味において、運動で痩せるなら筋トレを行うのが最適な方法なのです。

参考記事はコチラ⇒男性の皮下脂肪の落とし方!筋トレの運動効果でお腹回りの肉を落とす

スポンサードリンク


(4)皮下脂肪を落とす効果的な食事の方法

食事で摂取する栄養素を大きく分けると、脂肪、糖質、タンパク質の3つです。

この中で身体のエネルギー源になるのが脂肪と糖質です。

脂肪はダイエットの敵ではない

脂肪は太るというイメージを持っている人は多いと思います。

ですから食事の中で脂肪は出来るだけ減らした方が良いと考えられがちです。

しかし脂肪は身体の機能を調整するなどの大切な働きがあり、むしろ食事のレシピに適量は加えるべき栄養素なのです。

目安としては、1日に50g程度が必要とされています。

脂肪はダイエットの敵と見なす余り、逆に不足してはいませんか?

皮下脂肪を増やすのは糖質

糖質とは糖分の他に、ご飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に多く含まれています。

糖質を摂取すると、エネルギー源として肝臓や筋肉に一時的に貯蔵されます。

その貯蔵量はせいぜい1500キロカロリー程度で、余った糖質は中性脂肪に作り変えられます。

これがお腹回りなどの皮下脂肪として溜まっていくのです。

そこで、まずは食事で余分な糖質の摂取を控えれば脂肪の増加を抑える事が出来ます。

糖質を不足状態にすれば皮下脂肪が燃える

糖質は優先的に使われるエネルギーで、脂肪は予備のエネルギーです。

ですから皮下脂肪を燃やすなら先に糖質を使い切る必要があります。

そこで食事における糖質の摂取を減らしてエネルギー不足の状態にすれば、脂肪が燃焼してエネルギー生産が行われます。

これが、いわゆる糖質(炭水化物)制限ダイエットの原理です。

参考記事はコチラ⇒炭水化物ダイエットで、お腹回りが痩せる!酵母の力で糖質分解

タンパク質は最適なダイエット食材

ただし単に糖質を減らすと結果的には食事制限ダイエットと同じです。

食事を制限すれば食欲が満たされないストレスが溜まります。

また必要なカロリーが不足すると、皮下脂肪が落ちるのではなく筋肉が痩せ細ってしまいます。

そこで、食事で糖質の摂取を減らした分はタンパク質をしっかりと食べて下さい。

タンパク質は肉、魚、卵、豆類などに多く含まれており、いくら食べても太らない最適なダイエット食材なのです。

こうして食事のメニューに美味しいタンパク質料理を増やせば、食事制限のように食べれないストレスがかかりません。

つまり日本人の食事は糖質(炭水化物)が主食として常識になっていますが、それをタンパク質に置き換えるだけで良い訳です。

まとめ

いかがでしょうか。ダイエットを始めるに当たっては、まず無理のない目標体重と期間を設定する事が大切です。

そしてダイエットを始めると、減量期間と停滞期間を交互に繰り返しながら皮下脂肪が落ちていきます。

これはホメオスタシスの働きによる生理現象ですから、ダイエット効果の現れない停滞期間が訪れても焦る必要はありません。

皮下脂肪を減らす運動の基本は筋肉を増やして基礎代謝をアップさせる筋トレです。

また食事については糖質ではなくタンパク質を主食にすれば痩せやすくなります。

おすすめ記事はコチラ⇒人気でおすすめの加圧シャツ3選!プラシーボ効果で痩せる?

【脂肪を減らすなら、漢方薬がおすすめ!】

皮下脂肪を効果的に減らすなら、体質を改善しながらダイエットを行うのが最良の方法です。

特に中高年になってくると代謝の低下に伴って、体質的に痩せにくくなる方が増えてきます。

あなたも痩せにくい体質でしょうか?

もしそうであれば、漢方薬で体質を変えてみてはいかがですか?

サプリや西洋薬は一時的にダイエット効果を高めますが、漢方薬の場合は生薬成分の働きで痩せやすい体質に変わってきます。

ですから根本的に皮下脂肪を減らすなら、漢方薬が有効という事になります。

脂肪を減らす漢方薬の中で特におすすめできるのは、生漢煎「防風通聖散」です。

この製品は満量処方により最大量の生薬成分が配合されいますから、効果の方も非常に高く人気となっています。

ですから、ダイエットがなかなか上手く行かないという方には特におすすめの製品です。

今なら初回は半額のお試し価格ですから、まずは漢方の効果をお確かめ下さい。

防風通聖散公式サイトはコチラ⇒生漢煎「防風通聖散」

最後までお読みいただき、ありがとうございました。