これが脚、太股の脂肪を落とすダイエット方法と最先端の脂肪除去!

モデルさんのような美脚に憧れる女性は多い筈です。

そこで下半身のエクササイズを始める方もいるでしょう。

しかしダイエットでや太股の脂肪を部分的に落とす事は可能なのでしょうか?

また美容外科では脂肪吸引の他にも部分的に脂肪を落とす方法が幾つかあるようです。

そこで今回は、脚、太股の脂肪を落とす方法について解説したいと思います。

スポンサードリンク


【目次】

(1)ダイエットで部分的に脚、太股の脂肪を落とす方法はあるのか?

  • 皮下脂肪には落ちる順番がある
  • 脂肪燃焼のメカニズム

(2)ダイエットで効果的に脚や太股の脂肪を落とす方法

  • 脂肪を落とす運動の基本は筋トレ
  • 有酸素運動で効率よく脂肪を落とす方法
  • 食事で脂肪を落とす方法
  • マッサージで代謝を活性化

(3)美容外科で脚、太股の脂肪を落とす方法①ー脂肪吸引

  • 脂肪吸引の流れ
  • 脂肪吸引のメリット
  • 脂肪吸引のデメリット

(4)美容外科で脚、太股の脂肪を落とす方法②ー脂肪溶解注射

(5)美容外科で脚、太股の脂肪を落とす方法③ー驚きの脂肪冷却法!

まとめ

(1)ダイエットで部分的に脚、太股の脂肪を落とす方法はあるのか?

皮下脂肪には落ちる順番がある

あなたが最も脂肪を落としたい部分はどこですか?

もしダイエットで部分的に脚や太股の脂肪を落とす方法があるとしたら、世の女性は美脚だらけになるでしょう。

しかしながら一般的なダイエットでは、そうした部分痩せというのは医学的にも難しいと言われています。

なぜなら皮下脂肪は身体の末端から中心部に向かって基本的には次の順番で落ちていく傾向があるからです。

「手首・足首」→「前腕・ふくらはぎ」→「二の腕・肩」→「太股」→「顔・胸」→「お腹」→「お尻」

こうした皮下脂肪の増減を生理的にコントロールしているのは脂肪細胞にあるレセプターです。

レセプターとは分かりやすく言うと脂肪の出し入れを決めている扉のようなものです。

そして身体の末端ほど脂肪を出す扉が多くて入れる扉が少なく、逆に身体の中心ほど脂肪を入れる扉が多くて出す扉が少ないのです。

ですからスクワットなどを行って脚や太股の運動を行ったからといって、そこの脂肪だけが部分的に落ちる訳ではありません。

これがダイエットでは部分痩せが難しい理由です。

脂肪燃焼のメカニズム

また脂肪燃焼のメカニズムを理解する事で、なぜ部分痩せが難しいかが分かると思います。

体脂肪が燃焼する過程は次の通りです。

①体脂肪は通常、中性脂肪という安定した状態で貯蔵されています。

②空腹時、あるいは運動を行って体温が上昇すると脂肪分解酵素のリパーゼが活性化します。

③中性脂肪はリパーゼの働きで脂肪酸に分解されて血中に溶け出します。

④脂肪酸は全身に運ばれて細胞内のミトコンドリアに取り込まれて燃焼します。

この様に体脂肪の燃焼は身体の一部分で起こる訳ではなく全身の循環機能を通じて行われます。

ですからダイエットで脚や太股の脂肪を落とすなら、結局の所は全身の脂肪を順番に落として行くという事になります。

スポンサードリンク


(2)ダイエットで効果的に脚や太股の脂肪を落とす方法

皆さんもご存じの通り、脂肪を落とす方法には食事の管理と運動の2つがあります。

いずれにしても効果が上手く現れない場合は大抵がやり方を間違っています。

その場合は意思が強いとか弱いとかは関係がありません。

ダイエットは正しく行えば必ず効果が出るのです。

では正しく脂肪を落とす方法について解説していきます。

脂肪を落とす運動の基本は筋トレ

筋トレ自体は脂肪を燃焼させるのが目的ではなく、筋肉に刺激を与えて筋肉を成長させる運動です。

筋肉が成長すると筋量が増えて基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは生きているだけで必要な最低限のカロリーの事です。

ですから筋トレで筋肉を増やす事によって何もしなくても寝ている間にも消費カロリーが増加します。

ちなみに筋肉が1kg増加すると基礎代謝だけで50キロカロリーの消費が増えると言われています。

つまり筋トレは身体を脂肪燃焼体質にして脂肪を落とす方法なのです。

参考記事はコチラ⇒お腹の肉を落とす筋トレの方法!これなら一日5分で簡単に出来る

脂肪燃焼体質になると、結果的に脚や太股の脂肪も落ちやすくなります。

有酸素運動で効率よく脂肪を落とす方法

有酸素運動は直接的に脂肪を落とす方法ですが、その効果を高める条件は次の5つです。

①有酸素運動は筋トレと並行する事で燃焼の効率を上げる事ができます。

空腹時は糖質エネルギーが不足しているので、このタイミングで有酸素運動を行うと脂肪がエネルギーに変わりやすくなります。

③筋トレの直後は脂肪が非常に燃焼しやすい状態なので、有酸素運動のゴールデンタイムです。

④有酸素運動を開始して約20分が経過すると脂肪燃焼ゾーンに入ります。

⑤脂肪の燃焼効率を上げる有酸素運動の最適な強度を心拍数で表すと、(220-年齢)×(0,5~0,65)の範囲です。

これが、有酸素運動で効果的に脂肪を落とす方法です。

こうして身体全体の脂肪を上手く燃焼させる事で脚や太股の脂肪が落ちやすくなります。

参考記事はコチラ⇒お腹の肉を落とす有酸素運動の5つの鉄則!筋トレ効果で脂肪を燃焼

食事で脂肪を落とす方法

食事で太る大きな原因は糖質の摂り過ぎです。

糖質は御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に多く含まれています。

これに対して肉、魚、卵、豆類などのタンパク質はいくら食べても太りません

ですから痩せる食事の基本は炭水化物を減らし、その分だけタンパク質を多く食べるという事です。

こうした意味で、今流行っている糖質(炭水化物)制限ダイエットは脂肪を落とす方法としては非常に有効です。

参考記事はコチラ⇒炭水化物ダイエットで、お腹回りが痩せる!酵母の力で糖質分解

実際に脚が美しくて太股がスリムなモデルさんは、高タンパク低糖質の食事を心掛けているようです。

マッサージで代謝を活性化

脚や太股が太くなるのは皮下脂肪の増加だけではなく、むくみが原因の場合もあります。

この場合はマッサージで血液やリンパの流れを促進させると脚や太股を一時的に細くする事が出来ます。

また、マッサージで体液の流れが良くなれば代謝が活発になります。

すると代謝の1つでもある脂肪の燃焼がスムーズに行われやすくなります。

下半身は運動不足などで特にむくみが起こりやすいので、脚を美しくする上でマッサージは非常に効果的な方法です。

参考記事はコチラ⇒効果的なマッサージのやり方!エステで皮下脂肪は落ちるのか?

スポンサードリンク


(3)美容外科で脚、太股の脂肪を落とす方法①―脂肪吸引

食事や運動でダイエットが上手く行かなかった場合、脂肪を落とす方法として脂肪吸引を考えた事がある方もいるでしょう。

しかし脂肪吸引は安全性の問題と高額な料金がネックとなり、そう簡単に施術の決断は出来ないものです。

とは言え、脂肪吸引は確実かつ直接的に脚や太股の脂肪を落とす方法ですから、どうしても痩せたい人には魅力的であるかもしれません。

では脂肪吸引とは具体的にどの様に脂肪を落とす方法なのでしょうか?

その流れを簡単にまとめると以下の通りです。

脂肪吸引の流れ

①脚や太股など痩せたい部分に脂肪を溶かす溶液を注入。

②局部麻酔をして皮膚を数ミリ切断する。

③切断した皮膚に穴の開いたカバーを接合して管の通り道を確保する。

④金属製の細長い吸引器をカバーの穴から挿入して溶けた脂肪を吸い取る。

これが脂肪吸引の大まかな流れですが、これで全てが完了した訳ではありません。

術後は脂肪を抜き取った部分の皮膚が弛まない様に、あるいは凹凸にならない様に暫くの間は圧迫固定する必要があります。

また脂肪吸収中に内出血などを起こしていますから、痛みが治まるのに暫く時間がかかります。

このように脂肪吸引は術後の経過も考慮に入れる必要がある事を覚えておきましょう。

そして脂肪吸引には以下の通り、メリットとデメリットの両方があります。

脂肪吸引のメリット

・脚や太股など脂肪を減らしたい部分だけピンポイントで痩せられる。

・一度の施術で広範囲の脂肪を落とす事が出来る。

・脂肪細胞そのものを取り除くのでリバウンドの可能性が少ない。

・短時間で脂肪が落ちる。

・運動しなくても痩せられる。

・成功すればキレイに痩せられる。

脂肪吸引のデメリット

・保険が利用できないので高額。

・脂肪を吸引し過ぎて皮膚の弛みが残る場合がある。

・脂肪の吸引にムラがあると、皮膚に凹凸が残る場合がある。

・術後の圧迫固定の処置が上手くいかず、仕上がりが悪くなる場合がある。

・傷口が汚く残る場合がある。

・術後に痛みが残る。

・可能性は低いが金属製の管が内臓に貫通し、最悪の場合は死に至る事もある。

このように脂肪吸引にはメリットとデメリットがありますから、決断はその両方を天秤にかけて慎重に行うべきでしょう。

一つ言えるのは、施術の仕上がり具合は担当医の技術次第という事です。

つまり腕の良いドクターに当たればラッキー、逆に腕の悪いドクターに当たればアンラッキーな要素が非常に大きいのです。

ですから単に料金の安さだけで美容外科を選んでしまうと、施術後に色々と問題が生じる可能性もあるようです。

そうした意味で脂肪吸引を決断する場合は、料金よりもドクターの評判や信頼性を重視するべきでしょう。

スポンサードリンク


(4)美容外科で脚、太股の脂肪を落とす方法②-脂肪溶解注射

美容外科では他にも部分的に脂肪を落とす方法として、脂肪溶解注射を行っています。

これは脚や太股などの痩せたい部分に脂肪を溶かす薬剤を注射するという方法です。

溶けた脂肪は薬剤と共に便や尿として排出されるそうです。

この方法はメスを使わないので痛みを伴わず10分程度で終わる事から、脂肪吸引に踏み切れない人には人気があるようです。

ただし1回の施術で投与できる薬剤の量は安全性の面から制限があるので、定期的に何度か注射を打つ必要があります。

ですから、脂肪吸引の様に一度の施術で目に見えて脂肪が落ちる訳ではありません。

このように脂肪溶解注射は施術そのものは簡単なのですが、場合によっては注射した部分が腫れ上がって痛みを伴ったり、あるいは薬剤の量を誤って皮膚が凹んでしまう事があるそうです。

そこで、脂肪吸引の場合と同じようにドクターは慎重に選びましょう。

(5)美容外科で脚、太股の脂肪を落とす方法③-驚きの脂肪冷却法!

では最後に、部分的に脂肪を落とす方法の中で最も画期的で驚くべき方法を紹介します。

それは脂肪を凍らせて脂肪細胞を破壊する脂肪冷却法です。

使用するのはゼルティックと呼ばれるカップ型の機械で、まず脚や太股などの脂肪を落としたい部分にカップを当てます。

スイッチを入れるとカップの中が真空になり、皮膚が脂肪ごとカップの中に吸い上げられます。

このままカップ内の温度を下げて約1時間すると、脂肪は4度の状態で凍ります。

なお0度で凍る皮膚と-18度で凍る血液やリンパ液には影響がありません。

その後カップを外して凍っていた脂肪が元の状態に戻ったとしても、脂肪としては機能しないそうです。

機能を失った脂肪は老廃物となり、1~2か月かけてゆっくりと体外に排出されます。

副作用としてはカップで吸い上げられていた部分が赤くなる程度ですが、それは時間と共に元に戻ります。

ですから脂肪冷却法は脂肪吸引や脂肪溶解注射に比べると非常に安全性に優れています。

通常、このような施術は美容クリニックで行われていますが、?機械は家庭用としても販売されています。

ただし、価格は数十万~といった所でかなり高額です。

まとめ

(1)ダイエットで脚、太股の脂肪を部分的に減らすのは困難です。

(2)ダイエットを行った場合、皮下脂肪は身体の末端から中心部に向かって順番に落ちていく傾向があります。

(3)効果的に脂肪を落とす運動の方法は、筋トレをメインにして有酸素運動をサブで行う事です。

(4)効果的に脂肪を落とす食事の方法は、糖質を減らしてタンパク質を多く食べる事です。

(5)マッサージは脚や太股を一時的に細くする有効な方法です。

(6)施術で部分的に脚や太股の脂肪を落とす方法

  • 脂肪吸引
  • 脂肪溶解注射
  • 脂肪冷却法

いかがでしょうか。ダイエットで脚、太股の脂肪を部分的に減らす方法はありません。

もし部分的に脂肪を落とすなら、より安全な方法で施術を受けるのも1つの有効な選択肢だと思います。

おすすめ記事はコチラ⇒男が、ふくらはぎの脂肪を落とす方法と、太い脚を細くする秘訣!

スポンサードリンク