これが高校生のダイエット方法!痩せる食事と運動で脂肪を落とす

肥満が原因の生活習慣病というと中高年をイメージしがちですが、実情はそうではありません。

ある調査結果によると、高校生の何と4割が生活習慣病の予備軍である事が判明しています。

ひと昔前では考えられない結果です。

ですから今時の高校生の皆さんは、体脂肪を落とす正しいダイエット方法を知っておく必要があります。

そこで今回は、高校生が痩せる為の食事と運動と脂肪吸引について話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)肥満に注意!ダイエットで体脂肪を落とす必要のある高校生が急増中

  • 子供も生活習慣病になる!?
  • なんと、高校生の4割が生活習慣病の予備軍と判明
  • 要注意!高校生の時期は脂肪細胞が増えやすい
  • 皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?

(2)これで痩せる!高校生がダイエットで脂肪を落とす食事の方法

  • カロリー制限ダイエットは成功しない
  • 脂肪はダイエットの敵ではない
  • ジャンクフードはメタボ食
  • 糖質を一度に食べ過ぎると太る
  • タンパク質は最適なダイエット食材
  • 水をたくさん飲むと痩せる!?

(3)これで痩せる!高校生がダイエットで脂肪を落とす運動の方法

  • 筋トレで脂肪燃焼体質になる
  • 自重トレーニングのコツ
  • 1日5分で出来る筋トレ
  • 有酸素運動だけでは上手く痩せない!?

(4)ダイエットサプリと痩せる効果のあるお茶

  • 脂肪の吸収を抑えるサプリ
  • 糖質の吸収を抑えるサプリ
  • 脂肪の燃焼を促進するサプリ
  • 高校生におすすめのダイエットサプリは?

(5)痩せたい高校生が脂肪吸引を考えるなら、メスを使わない施術の方法もある

  • 脂肪吸引の予備知識
  • これが、脂肪吸引よりも安全な最先端の脂肪除去

まとめ

(1)肥満に注意!ダイエットで体脂肪を落とす必要のある高校生が急増中

内臓脂肪の増加は高血圧、高血糖、脂質異常の原因になります。

そして、こうした症状が引き起こす病気は、元々「成人病」と呼ばれていました。

子供も生活習慣病になる!?

しかし厚生労働省は1996年に、この呼び名を「生活習慣病」に改正したのです。

それまで成人病という呼び名が40年間に渡って使われていたのは、高血圧、高血糖、脂質異常の原因が加齢による成人特有のものだと考えられていたからです。

ところが近年になり子供の糖尿病が見つかるようになりました。

そこで成人病は単なる加齢による症状ではなく、子供の頃からの生活習慣の積み重ねが原因であると考えられる様になりました。

そうした理由から、成人病は生活習慣病と呼ばれる様になったのです。

なんと、高校生の4割が生活習慣病の予備軍と判明

近年、ダイエットが必要な高校生が増加傾向にあります。

厚生労働省の調査によると、男子高校生の5%、女子高校生の3%がメタボである事が判明しました。

メタボとは内臓脂肪型の肥満で、高血圧、高血糖、脂質異常の内の2つに該当します。

更に高校生の4割が、これらの項目のいずれかに当てはまるメタボに近い生活習慣病の予備軍である事も判明したのです。

参考記事はコチラ⇒メタボ基準とウエストの測り方!腹囲が気になる場合は自己チェック

この予備軍の中にはテレビの視聴時間が長い、あるいは朝食を抜いている生徒が多く見られたようです。

テレビの視聴時間が長くなると身体を動かす機会が減りますから太るのは当然の事です。

では朝食を抜くとどうして肥満の原因になるのでしょうか?

それについては、ちょっとした身体の秘密が関係しているので、その理由も含めてダイエットで脂肪を落とす食事の方法については後で詳しく説明します。

いずれにしても内蔵脂肪が増加するとアディポネクチンと呼ばれる超善玉ホルモンが減少し、身体に様々な悪影響が及ぶのです。

参考記事はコチラ⇒これが、メタボを撃退するアディポネクチンの絶大な効果です!

要注意!高校生の時期は脂肪細胞が増えやすい

皆さんは体脂肪がどの様に増えて行くのかをご存知ですか?

顕微鏡レベルで見ると、ブドウの房のように並んだ脂肪細胞の中には脂肪滴と呼ばれる袋があって、その中に脂肪分が貯蔵されています。

そして余分な脂肪分を取り込んで脂肪滴が膨らむと脂肪細胞自体が大きくなります。これが太るという事です。

やがて限界まで膨らんだ脂肪細胞は新たな貯蔵庫を確保する為に、細胞分裂をして数を増やして行くのです。

脂肪細胞は寿命が10年とも言われていますから、一度増えてしまうと簡単には減りません。

しかし脂肪滴の中の脂肪分を減らす事で脂肪細胞は小さくなります。これが痩せるという事です。

そして脂肪細胞が増加しやすい時期は人間の一生の中で3回あると言われています。

1つ目は胎児の末期、2つ目は授乳で育つ赤ん坊の時期、そして3つ目が高校生の時期に当たる思春期です。

この時期に脂肪細胞が増えてしまうと成人してからも痩せにくい体質になりますから、高校生の方は将来の為にも脂肪を落とす正しいダイエット方法を学んでおく事が大切です。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?

なお皮下脂肪はゆっくりと時間をかけて身体に蓄積しますから、ダイエットで落とすのにも時間がかかります。

皮下脂肪の増加は特に深刻な病気の原因になる訳ではありませんが、体型を悪くしたり膝への負担を増やします。

一方で内臓脂肪は代謝が非常に活発で、日常的な増減が激しいのが特徴です。

ですから溜まるのが早く落ちるのも早いという傾向があります。

内臓脂肪が増加すると生活習慣病のリスクが高まるので要注意です。

スポンサードリンク


(2)これで痩せる!高校生がダイエットで脂肪を落とす食事の方法

それでは体脂肪を落とす食事の方法から解説したいと思います。

まず頭に入れておいて欲しいのは、高校生の時期は成長期に当たりますから、体重の増加は必ずしも脂肪の増加分だけでは無いという事です。

身体が大きくなる過程においては、筋肉や骨格も成長して体重が増えるのはごく自然な事です。

ですから単なる体重の数字だけを気にする必要はありません。

そこで家庭に体重体組成計を一台置いておくと役に立ちます。

これがあれば体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、皮下脂肪率、肥満度、基礎代謝、骨格筋率などの測定が可能です。

つまり体重増加の内訳が分かりますから、今のあなたが肥満の傾向にあるかどうかの目安になる訳です。

では、脂肪を落とす食事の6つのポイントについてお話します。

カロリー制限ダイエットは成功しない

ダイエット目的で朝食を抜く、あるいは食事のカロリーを制限する高校生が多いようです。

あなたも、そうでしょうか?

しかし食事の回数や量を必要以下に減らしたからといって、その分だけ脂肪が燃えて痩せる訳ではありません。

必要な栄養が入って来なければ脳は飢餓に対する危機感を示し、貴重なエネルギー源の脂肪は出来るだけ残しておこうとします。

そこで消費カロリーの多い筋肉を減らし、省エネ体質になる事によって栄養不足に適応するのです。

ですから食事制限をして体重を落とす事ができたとしても、それは脂肪ではなく筋肉の減少分である可能性が高くなります。

これが、痩せたくて食事を減らしても上手く痩せない理由です。

そればかりではなく、成長期の高校生がカロリー不足になると栄養障害を起こす場合もあります。

ですからカロリー制限や食事抜きのダイエットは辛いだけで成功しないのです。

育ち盛りの高校生の方は、身体の自然な成長の為に必要な栄養はしっかりと摂り入れましょう。

脂肪はダイエットの大敵ではない

脂肪は太るので出来るだけ摂らない方が良いと思っている人は多いようです。

しかしながら脂肪は身体の機能を調整する大切な役割がありますから、単に減らせば良いという訳ではありません。

目安としては成人の場合で1日に50gは必要だと言われています。

もし脂肪分が不足してしまうと、髪の毛や肌の潤いが失われたりホルモンの生成が上手く行かなくなります。

ですから脂肪は必ずしもダイエットの敵ではなく、控え過ぎの場合はむしろ進んで摂り入れるべき栄養素なのです。

ジャンクフードはメタボ食

はっきり言っておくと、ジャンクフードは最も太る食べ物です。

その定義は「高カロリー、高塩分、または多量の砂糖を含む食品」です。

つまりビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養が乏しい上に脂肪分や糖分が多いので少量でも高カロリーなのです。

しかも「ジャンク」とは英語で「がらくた」「クズ」という意味なのです。

例を挙げれば、お菓子、インスタントラーメン、ファーストフード、ジュースなどです。

これらは高校生の皆さんが日頃から食べ慣れている食品ではありませんか?

更に言うと脂肪分と糖分、脂肪分と塩分の組み合わせは脳の快楽中枢を刺激し、ある種の麻薬のような効果を生み出します。

お菓子を食べ始めると、なかなか止まらないのはその為です。

ですからお菓子を食べながらジュースを飲むなんていうのは最も太るパターンなのです。

もしお腹が減って間食をするなら、お菓子ではなくナッツや昆布といった自然の物を食べるのが一番です。

スポンサードリンク


糖質を一度に食べ過ぎると太る

育ち盛りの高校生は食欲も旺盛ですから、御飯は何杯でもお替りが出来ます。

しかし御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物には糖質が多く含まれていて、この糖質こそが太る大きな原因なのです!

糖質は身体を動かすエネルギー源になる栄養素で、食べると肝臓や筋肉のエネルギータンクに一時的に蓄えられます。

ただし、このエネルギータンクは満タン量が決まっていて、せいぜい1500キロカロリー程度です。

これはクリームパンでいうと約5個分に相当します。

食欲旺盛な高校生であれば、それくらいは一度にペロリと食べ尽くしてしまうでしょう。

では、このエネルギータンクに入り切らなかった糖質はどうなるのか?

それは中性脂肪に作り変えられてしっかりと溜め込まれます。

これが太る仕組みであり、ドカ食いが太りやすい理由なのです。

ですから同じ量の食事をするのであれば、1回の量を減らして回数を増やした方が太りにくいという事になります。

要は糖質を口にする場合は、エネルギータンクが目減りした分だけをこまめに補ってやれば良い訳です。

タンパク質は最適なダイエット食材

食べ物に含まれる栄養素を大きく分けると、脂質、糖質、タンパク質の3つになりす。

この中でタンパク質はいくら食べても太らない最適なダイエット食なのです。

タンパク質は筋肉や皮膚、髪の毛など身体の大部分を作る栄養素で、肉、魚、卵、豆類などに多く含まれています。

ですから太らない食事の基本は、糖質を控え目にしてタンパク質をしっかりと食べる事です。

こうした食事の方法であれば、脂肪を落とすのに辛いカロリー制限は必要ないのです。

水をたくさん飲むと痩せる!?

スタイルの良いモデルさんの多くが1日に2リットル近くの水を飲んでいるらしく、それが身体に脂肪を溜め込まない秘訣だそうです。

何故なら脂肪が燃焼するには必ず水分が必要だからです。

まず固形の体脂肪が燃えるには水分で溶かさなければなりません。

そして脂肪が全身の細胞に運ばれて燃焼する時にも水分が必要です。

更に脂肪の燃えカスは尿や汗などの水分と一緒に排出されます。

ですからモデルさんはたくさん水を飲んで、常に体脂肪が燃焼しやすい状態をキープしているのです。

飲むタイミングとしては、まず水分が不足状態にある起床後は多めに飲みましょう。

また、食事の前に飲んでおくと過剰な食欲が抑えられます。

後は時間を見付けてこまめに補給すると良いでしょう。

ただし食事中に飲み過ぎると胃液が薄まり消化不良を起こす場合がありますから気を付けて下さい。

スポンサードリンク


(3)これで痩せる!高校生がダイエットで脂肪を落とす運動の方法

運動部に入っている高校生の場合は運動量に問題はありませんが、そうでない場合は運動不足になりがちです。

そこで短時間の運動により、体脂肪を落としやすい体質になれるダイエットの方法を紹介しておきましょう。

筋トレで脂肪燃焼体質になる

体脂肪を落とす運動には、大きく分けると筋トレと有酸素運動の2つがあります。

どちらか一方を選ぶのであれば筋トレをお勧めします。

筋トレを行って筋肉を増やすと基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは人間が生きているだけで消費されるエネルギーです。

つまり筋肉を増やすと脂肪燃焼体質になり、何もしなくても寝ている間にも消費カロリーが増えるのでダイエット効果が高まります。

筋トレの中でもお馴染みなのが、自分の体重を利用した自重トレーニングです。

自重トレーニングのコツ

種目としては、次の5種目で全身が鍛えられます。

「腕立て伏せ」

「腹筋運動」

「上体そらし」

「スクワット」

「かかと上げ」

運動を行う時のポイントは出来るだけ動作を早く行い、短時間で全力を出し切る事です。

そうすると大きくなりやすい短距離型の速筋を鍛える事ができます。

回数については個人差がありますから指定は出来ませんが、辛くなってからあと数回を頑張る事で筋肉が増えていきます。

この運動を1回の筋トレにつき1セット、2日に1回行えば十分です。

1日5分で出来る筋トレ

また、アイソメトリックと呼ばれる非常に簡単かつ効果的に筋肉を増やす方法もあります。

これは筋肉に力を入れた状態をキープする方法で、自重トレーニングよりも更に簡単です。

1日5分あれば、次の5種目で全身が鍛えられます。

「腕の筋肉の鍛え方」

手首を合わせて、力一杯に押し合います。

「胸の筋肉の鍛え方」

胸の前で手を合わせ、力一杯に押し合います。

「背中の筋肉の鍛え方」

お腹の前で手を組み、肩甲骨を寄せ合うイメージで力一杯に引き合います。

「お腹の筋肉の鍛え方」

椅子に腰掛けて上体を前傾させ、両手で膝を力一杯に押します。

「脚の筋肉の鍛え方」

椅子に腰掛けて足首を組み、力一杯に押し合います。

この運動を一日一回、約10秒間行って筋肉を刺激します。

有酸素運動だけでは上手く痩せない!?

脂肪を落とす為にウォーキングやジョギングといった、いわゆる有酸素運動を行っている高校生もいると思います。

しかし、有酸素運動だけでは逆にダイエット効果が低下する可能性もあります。

というのも習慣的に有酸素運動を続けていると身体が適応反応を示し、少ないエネルギーで長時間の運動が出来る省エネ体質に変化するからです。

省エネ体質とは消費カロリーの多い筋肉を減らして脂肪エネルギーを長持ちさせる身体です。

こうした身体は有酸素運動には適していますが、エネルギーの消費が少ないので脂肪の燃焼効率は悪くなります。

これが有酸素運動だけを習慣的に行っても上手く痩せない理由です。

ですから有酸素運動で脂肪を落とすのなら、まずは筋トレを行って脂肪燃焼体質になっておく事が重要です。

すると、有酸素運動を行った時のダイエット効果が倍増します。

なお、有酸素運動で脂肪の燃焼効果を高めるポイントは次の3つです。

「空腹時に行う」

エネルギー源には、糖質と脂肪の2つがあります。

そして優先的に使われるのが糖質で、脂肪は予備のエネルギー源です。

空腹時は糖質エネルギーが不足した状態ですから、このタイミングで有酸素運動を行うと脂肪がエネルギーに変わりやすくなります。

「20分以上継続する」

運動を始めると体温の上昇に伴い、脂肪を燃やす準備が始まります。

そして脂肪が効率よく燃える脂肪燃焼ゾーンに入るまでには、約20分が必要だと言われています。

「最適な運動強度」

糖質エネルギーと脂肪エネルギーは、運動の強度によって使い分けられます。

そして強度の高い運動は主に糖質、強度の低い運動では主に脂肪が使われます。

そこで有酸素運動で脂肪を効率よく燃やすには、感覚としては軽く息が弾み適度に汗ばむ強度が最適です。

なお、女子は男子に比べると、ダイエットの方法が少し複雑になります。

その辺について詳しくはコチラをご覧ください⇒皮下脂肪を落とす女性のダイエット!成功の秘訣は月経周期にある

スポンサードリンク


(4)ダイエットサプリと痩せる効果のあるお茶

ダイエット効果を高める為にサプリメントの使用をお考えの高校生の方もいらっしゃると思います。

サプリは大きく次の3つのタイプに分かれ、お茶の多くがダイエットサプリと同じような効能を持っています。

脂肪の吸収を抑えるサプリ

1つ目は脂肪の吸収を抑える働きのあるダイエットサプリです。

脂肪分を摂取すると酵素の働きで細かく分解され、そして小腸から吸収されます。

この酵素の働きをサプリの力で弱めると、脂肪は分解されずに体外に排出されてしまう訳です。

こうしたサプリは油っこい料理をたくさん食べる時に飲むと有効です。

※同じような効能があるお茶⇒ウーロン茶、プーアル茶

糖質の吸収を抑えるサプリ

2つ目は糖質の吸収を抑えるダイエットサプリです。

糖質は酵素の働きによってブドウ糖に分解されて吸収されます。

こうした酵素の働きをサプリの力で弱めてブドウ糖の吸収を邪魔すると、余分な糖質が体脂肪に変わるのを防ぐ事が出来ます。

※同じような効能があるお茶⇒ギムマネ茶、桑の葉茶

脂肪の燃焼を促進するサプリ

体脂肪が燃焼するにはリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きが必要です。

リパーゼは空腹時や運動時に活性化して脂肪の燃焼を促進します。

そこでサプリの力でリパーゼの活性化を促す事により、ダイエット効果を高める事が出来ます。

※同じような効能があるお茶⇒緑茶、プーアル茶、ゴーヤ茶

その他にも、杜仲茶、ゴボウ茶、黒豆茶、ガルシニア茶などが痩せる効果を高めます。

こうしたお茶の効能について詳しくは、こちらをご覧ください。

参考記事はコチラ⇒メタボ改善にお茶が効く!この10種類でダイエット効果が倍増

高校生におすすめのダイエットサプリは?

もし、あなたがダイエットサプリを選ぶとすれば何を基準にしますか?

サプリを飲めば直ぐに痩せる訳ではありません。

サプリというのはダイエットの効果をサポート的に高める役割があります。

ですからダイエットと並行し、しばらくの期間は継続して飲むという事が必要になってきます。

「そうは言っても市販のサプリは高価なものが多く、続けて飲むには負担が大きくて…」

と思われている高校生の方も多いのではないでしょうか。

確かに市販されているダイエットサプリの場合、価格の相場は1カ月分でおよそ4000~5000円といったところですから高校生の皆さんの財布には厳しいと思います。

では1日当たりの製品価格が95円だとすればどうでしょうか?

これなら高校生の方でも継続してお使い頂けると思います。

その、お手頃価格のサプリメントが【送料無料】スリムバーンです。

これは燃焼系のダイエットサプリで、その植物由来の成分による効果は次の3つです。

カプサイシンが脂肪燃焼のスイッチを入れる

フォルスコリンが脂肪の分解を促進

プロリンが脂肪燃焼に必要な酵素を活性化

このように、スリムバーンは貴方の身体に火を付けてダイエット効果をサポート的に高めます。

※スリムバーンの公式サイトはコチラ⇒ひとくちダイエット「スリムバーン」でメラメラ力アップ!

運動の前に飲むと痩せる効果がアップします。



(5)痩せたい高校生が脂肪吸引を考えるなら、メスを使わない施術の方法もある

痩せる為に脂肪吸引を考えている高校生の方もいらっしゃると思います。

ただし未成年者が脂肪吸引のようにメスを使ったり全身麻酔を行う施術を受ける場合、基本的には親の同意書や施術当日の同席が必要になります。

脂肪吸引はダイエットしなくても簡単に脂肪が落とせる半面で色々と不安も付きものです。

そこで脂肪吸引についての基本的な知識を持っておきましょう。

脂肪吸引の予備知識

「脂肪吸引の流れ」

  1. 皮下脂肪を減らしたい部分に脂肪を溶かす溶剤を注入
  2. 麻酔をして皮膚を数ミリ切断する
  3. 皮膚を切断した部分に穴の開いたカバーを接合し、管の通り道を確保する
  4. 金属製の細長い吸引用の管をカバーの穴から挿入し、溶けた脂肪を吸い上げる

これが脂肪吸引の大まかな流れですが、これで全てが完了した訳ではありません。

術後は脂肪を抜きとった部分の皮膚が弛まないように、あるいは凹凸にならないように暫くの間は圧迫固定する必要があります。

「脂肪吸引のメリット」

  • ピンポイントで痩せられる
  • 一度に広範囲の脂肪を除去できる
  • 短期間で痩せられる
  • ダイエットしなくても痩せられる
  • 成功すればキレイに痩せられる

「脂肪吸引のデメリット」

  • 保険が適用できないので高額
  • 脂肪を吸引し過ぎて皮膚の弛みが残る場合がある
  • 脂肪の吸引にムラがあると、皮膚に凹凸が残る場合がある
  • 術後の圧迫固定の処置が上手く行かず、仕上がりが悪くなる場合がある
  • 傷口が汚く残る場合がある
  • 術後は暫く痛みが残る
  • 可能性は低いが吸引用の管が内臓に貫通し、最悪の場合は死に至る事もある

この様に、術後の仕上がり具合は担当医の技術によって大きな違いが生じます。

ですから脂肪吸引を行う場合は、何よりも担当医選びが重要という事になります。

スポンサードリンク


これが、脂肪吸引よりも安全な最先端の脂肪除去

「脂肪吸引で痩せたい、でも不安だから決断が出来ない」

多くの方がこう思っています。

そこで脂肪吸引に変わる、メスを使わない部分的な脂肪除去法を2つご紹介しておきましょう。

「脂肪冷却法」

これは機械で脂肪を凍らせて除去する方法です。

脂肪は一度凍ると脂肪としての機能を失い老廃物に変わります。

その結果、凍らせた部分の脂肪が数か月かけて体外に排出されるのす。

この方法は通常、美容クリニックなどで行われています。

また、脂肪冷却の機械は家庭用としても売られていますが、価格の方は数十万円~とかなり高額です。

「キャビテーション」

これは超音波で脂肪を溶かし、マッサージによって溶けた脂肪を押し流して排出する方法です。

この方法はエステなどではよく行われているのですが、機器については家庭用も売られています。

世の中に出回っているダイエット器具のほとんどが、実際には脂肪を落とす効果はありません。

そんな中で、キャビテーションマシンは脂肪を部分的に落とす効果が期待できる唯一のダイエット器具です。

参考記事はコチラ⇒美ルルキャビの痩身効果が口コミで話題!これが自宅で脂肪を落とす器具

まとめ

(1)内臓脂肪の増加による、生活習慣病予備軍の高校生が増加しています。

(2)脂肪を落とす食事の留意点。

  • 摂取カロリーを必要以下に減らさない
  • 脂肪の摂取を減らし過ぎない
  • ジャンクフードは控える
  • 糖質を控えてタンパク質をたくさん食べる
  • 水をたくさん飲む

(3)運動で効果的に脂肪を落とす方法は、筋トレをメインにして有酸素運動をサブで行う事です。

(4)お茶の多くはサポート的にダイエット効果を高めます。

(5)脂肪吸引よりも安全な脂肪除去法。

  • 脂肪冷却法
  • キャビテーション

いかがでしょうか。高校生の時期は成長期である為に脂肪細胞も増えやすくなります。

正しくダイエットを行い、生活習慣病を予防しましょう。

おすすめ記事はコチラ⇒人気でおすすめの加圧シャツ3選!プラシーボ効果で痩せる?

スポンサードリンク