お腹回りの、ぶよぶよの皮を解消!これで皮下脂肪が薄くなる

正しいダイエットを行えば、内臓脂肪で大きくなったポッコリお腹は意外と簡単に凹みます。

しかし、ぶよぶよの皮下脂肪の皮はそう簡単には取れません。

皮下脂肪は、お腹回りに付きやすく残りやすいのです。

ですから、ぶよぶよ解消には根気よくダイエットを続ける必要があります。

そこで今回は、お腹回りのぶよぶよを解消する効果的な方法について話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)ぶよぶよが気になる!なぜ、お腹回りの皮下脂肪は取れにくいのか?

  • 内臓脂肪は減りやすい
  • ぶよぶよの皮下脂肪は減りにくい
  • ダイエットで部分痩せは出来ない

(2)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!糖質制限で皮下脂肪を落とす

  • ダイエットするなら糖質制限
  • 糖質制限の注意点
  • タンパク質は最適なダイエット食材

(3)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!筋トレで皮下脂肪を減らす

  • ダイエットの基本は筋トレ
  • 筋トレで脂肪燃焼体質になれる
  • 有酸素運動はダイエットに逆効果!?

(4)マッサージで、お腹回りのぶよぶよ解消!

  • お腹回りのぶよぶよは、むくみが原因!?
  • ぶよぶよ解消にはマッサージ

まとめ

脂肪を減らすなら、漢方薬がおすすめ!

(1)ぶよぶよが気になる!なぜ、お腹回りの皮下脂肪は取れにくいのか?

内臓脂肪は減りやすい

体脂肪には内臓脂肪皮下脂肪の2つがあります。

「内臓脂肪」は日常的にエネルギー利用されやすいので代謝が活発です。

ですから増減が激しく、上手くダイエットを行えば簡単に減らす事が出来ます。

それがポッコリお腹が凹みやすい理由です。

ぶよぶよの皮下脂肪は減りにくい

一方の「皮下脂肪」は長期的なエネルギー貯蔵庫なので増減にも時間がかかります。

しかも身体の末端から中心に向かうほど溜まりやすくなります。

このように身体の場所によって皮下脂肪の付き方に違いが生じるのは、脂肪細胞にあるレセプター(受容体)によるものです。

レセプターとは脂肪の出し入れを決める扉のようなものです。

そして身体の末端ほど脂肪の放出レセプターが多く、蓄積レセプターが少なくなります。

逆に身体の中心部分ほど脂肪の放出レセプターが少なく、蓄積レセプターが多くなります。

このように皮下脂肪の増減については、レセプターの働きによって生理的に決められている訳です。

これが、身体の中心部であるお腹回りのぶよぶよが気になりやすい理由です。

ダイエットで部分痩せは出来ない

こうした皮下脂肪の性質上、ダイエットによる部分痩せは難しいという事になります。

ですから、いくら腹筋運動を行ったとしても、お腹回りのぶよぶよが部分的に解消される訳ではありません。

皮下脂肪は身体の末端から中心部分に向かって基本的には次の順番で落ちていきます。

「手首・足首」→「ふくらはぎ・前腕」→「上腕・肩」→「太もも」→「胸・顔」→「お腹回り」→「お尻」

ご覧の通り、お腹回りのぶよぶよが取れるのはダイエットの後半という事になります。

(2)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!糖質制限で皮下脂肪を落とす

ダイエットするなら糖質制限

お腹回りのぶよぶよ解消には食事の管理が非常に重要です。

そこで最も効果的で成功率が高いダイエット方法は糖質制限です。

聞いた事がある方も多いと思います。

糖質は身体を動かすエネルギー源となり、糖分の他にも御飯、麺類、パンなどの炭水化物に多く含まれます。

ただし肝臓や筋肉に一時的にストックできるのは1500キロカロリー程度です。

そして食べ過ぎて余った糖質は中性脂肪に作り変えられ、体脂肪として身体に溜まっていく訳です。

体脂肪は予備のエネルギーであるのに対して、優先的に使われるのは糖質エネルギーです。

ですから習慣的に糖質を食べ過ぎていると予備の脂肪エネルギーが利用されにくいので、なかなか贅肉が減りません。

そこで糖質の摂取を減らしてエネルギーを不足状態にし、変わりに脂肪を燃やしてエネルギーに変えるのが糖質制限ダイエットの原理です。

糖質制限の注意点

ただし単に糖質を減らしてカロリー不足にするだけではダイエットは上手くいきません。

食べないダイエットは食欲が満たされないストレスが生じるので長続きしないのです。

またカロリーが足りなくなると、身体は脂肪を燃やすよりも消費カロリーの多い筋肉を減らしてカロリー不足に対応します。

つまりカロリー制限では脂肪が上手く減らないという事になります。

ですからお腹回りのぶよぶよを解消するには、必要なカロリーはしっかりと確保しながら糖質の摂取を減らす事が重要です。

タンパク質は最適なダイエット食材!

そこで糖質を減らした分はタンパク質をたくさん摂取して必要なカロリーを確保しましょう。

タンパク質を多く含む食材は、肉、魚、卵、豆類などです。

実はタンパク質はいくら食べても太らない最適なダイエット食材なのです。

ですからダイエットに辛い食事制限やカロリー制限は必要ありません。

糖質の摂取さえ控え目にしておけば、あとはタンパク質料理を中心にしっかりと食べて痩せられるのです。

これが、お腹回り皮下脂肪を落として、ぶよぶよを解消する効果的な食事の方法です。

スポンサードリンク


(3)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!筋トレで皮下脂肪を減らす

ダイエットの基本は筋トレ

お腹回りのぶよぶよを解消するには運動も必要です。

運動には大きく筋トレと有酸素運動の2つがありますが、ダイエットに有効なのは筋トレです。

筋トレは脂肪を燃やすのではなく筋肉を増やすのが目的です。

筋トレで脂肪燃焼体質になれる!

そして筋肉が増えると基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは私たちが生きていく為に必要な最低限のカロリーです。

ですから筋肉が増えると日常的な消費カロリーが増加し、何もしなくても寝ている間にも脂肪が燃えやすくなります。

つまり筋トレを行うと脂肪燃焼体質になり、お腹回りのぶよぶよ解消の効果を高める事が出来る訳です。

参考記事はコチラ⇒なぜメタボ解消には有酸素運動より筋トレダイエットが有効なのか?

有酸素運動はダイエットに逆効果!?

では、お腹回りのぶよぶよ解消に有酸素運動は効果的なのか?

実は有酸素運動を習慣的に続けていると脳はこのように考えます。

「無駄に脂肪エネルギーを使うよりも消費カロリーを減らした方が効率が良い」

その結果、カロリー消費の多い筋肉が減らされて省エネ体質に変わります。

省エネ体質になると脂肪エネルギーの消費が減少しますから、皮下脂肪の燃焼効率が下がります。

つまり、お腹回りのぶよぶよ解消には逆効果という訳です。

また筋肉が減ると基礎代謝が低下しますから、日常的な消費カロリーも減少してますます皮下脂肪が落ちにくくなります。

ですから有酸素運動を行うのであれば筋トレと並行する事をお勧めします。

筋肉の多い脂肪燃焼体質なら、日常的にも運動を行った場合にも皮下脂肪の燃焼効率が良くなります。

これが、お腹回りのぶよぶよ解消には筋トレが有効である理由です。

参考記事はコチラ⇒お腹の肉を落とす有酸素運動の5つの鉄則!筋トレ効果で脂肪を燃焼

スポンサードリンク


(4)マッサージで、お腹回りのぶよぶよ解消!

お腹回りのぶよぶよは、むくみが原因!?

食べ過ぎている訳ではない、あるいは皮下脂肪が増えた訳ではないのに、なぜかお腹回りのぶよぶよが気になる事はありませんか?

それは、むくみが原因の可能性があります。

むくみは血液やリンパの流れが悪いために、皮膚の下に細胞間液が溜まっている状態です。

細胞間液は動脈の毛細血管から染み出して、細胞に酸素や栄養を届ける役割があります。

それと同時に老廃物を回収し、静脈の毛細血管やリンパ管から吸収されるのです。

ところが血液やリンパの流れが悪くなれば細胞間液は行き場を失って皮膚の下に滞ってしまいます。

これがお腹回りで起こると、お腹の皮がぶよぶよしてくるのです。

ぶよぶよ解消にはマッサージ

こうした、むくみが原因のぶよぶよ解消にはマッサージが最も効果的です。

例えば、お腹回りの皮を指でつまむ、揉む、手のひら全体で擦る事によってミルキングアクションの効果が生まれ、血液やリンパの流れが良くなります。

すると皮膚の下で滞っていた細胞間液の循環が促進し、ぶよぶよが解消されるのです。

ミルキングアクションとは血管やリンパ管に圧力を加える事で、中を流れている血液やリンパ液が押し流される事です。

これは牛のミルク絞りと原理が同じ事からそう呼ばれています。

本来であれば筋肉が収縮する事によってミルキングアクションの効果が生まれます。

ところが運動不足で筋肉の収縮が減ると、むくみが発生してお腹回りのぶよぶよが生じやすくなる訳です。

ですから本格的な運動でなくても、日頃からこまめに身体を動かして筋肉の収縮運動を起こす事は非常に大切なのです。

まとめ

(1)お腹回りが、ぶよぶよする原因。

  • 皮下脂肪の増加
  • むくみが生じている

(2)お腹回りの、ぶよぶよを解消する方法。

  • 筋トレで筋肉を増やして脂肪燃焼体質になる
  • 糖質の摂取を減らしてタンパク質をたくさん食べる
  • マッサージでむくみを解消する

いかがでしょうか。むくみが原因のぶよぶよは、マッサージを行うと効果的に解消する事が可能です。

しかしお腹回りの皮下脂肪を減らすには暫く時間を要しますから、根気よく正しいダイエットを継続していきましょう。

おすすめ記事はコチラ⇒美ルルキャビの痩身効果が口コミで話題!これが自宅で脂肪を落とす器具

【脂肪を減らすなら、漢方薬がおすすめ!】

中高年の多くの方は、代謝の低下に伴って体質的に痩せにくくなっています。

あなたも、そうでしょうか?

ですから腹回りのぶよぶよした皮下脂肪を落とすには時間がかかります。

もし効果的に脂肪を減らすなら、体質を変えながらダイエットを行うのが最良の方法です。

そこで漢方薬を使って体質を変えてみてはいかがですか?

サプリや西洋薬が一時的なダイエット効果を高めるのに対し、漢方薬は生薬成分の働きで痩せやすい体質へと改善していきます。

ですから根本的なダイエット効果を考えると漢方薬が非常に有効という事になります。

脂肪を減らす漢方薬をお使いでしたら、生漢煎「防風通聖散」が人気でおすすめです。

こちらの製品は満量処方と呼ばれ、最大量の生薬成分が配合されていますから効果の方も非常に高くなっています。

ダイエットを行ってもなかなか痩せないという方には非常におすすめです。

今なら初回は半額のお試し価格になっていますので、漢方薬の効果を一度お試しになると良いと思います。