お腹回りが綺麗に痩せる食事!ダイエットに成功する糖質制限の方法

巷には食事に関するダイエット情報が氾濫しています。

その中で本当に痩せる方法は何か?

それを知るには、脂肪増減のメカニズムを理解しておく必要があります。

例えば、よくありがちなカロリー制限ダイエットでは綺麗に痩せないのです。

しかも、逆に太りやすくなります。

そこで今回は、食べながらお腹回りの脂肪を減らす食事の方法について話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)お腹回りが綺麗に痩せない!カロリー制限ダイエットが成功しない理由とは?

  • カロリー制限では綺麗に痩せない
  • なぜ、カロリー制限はリバウンドしやすいのか?

(2)ダイエットの大敵は脂肪ではない!お腹回りに贅肉を溜めやすい食事とは?

  • 脂肪は1日に50gは必要
  • 糖質も脂肪に変わる!

(3)お腹回りが綺麗に痩せる食事!糖質制限はダイエット効果が抜群

  • 糖質が不足しないと脂肪は燃えない
  • 糖質制限ダイエットの留意点

(4)ダイエット効果を高める食事の摂り方!これで、お腹回りが綺麗に痩せる

  • 食事の回数を増やすと綺麗に痩せる
  • 水をたくさん飲むと綺麗に痩せる

まとめ

(1)お腹回りが綺麗に痩せない!カロリー制限ダイエットが成功しない理由とは?

カロリー制限では綺麗に痩せない

ダイエットの為に食事の量を減らす人は多いようです。

いわゆる食事制限、あるいはカロリー制限と呼ばれる方法です。

こうしたダイエットを行っている人は、この様に考えている筈です。

「摂取カロリーを必要以下に制限すれば、不足分のカロリーは脂肪が燃焼して補ってくれる。だから痩せる」

一見すると、この考えは正しいようにも思えます。

しかしながら、脳は次の様に反応します。

「十分な栄養が入って来ないので消費カロリーを減らし、脂肪は飢餓に備えて出来るだけ溜めておこう」

つまり身体は省エネ体質になる事でカロリー不足に対応する訳です。

その結果、脂肪ではなくカロリー消費の多い筋肉が落ちるので綺麗に痩せる事が出来ないのです。

これは栄養不足の状態で、出来るだけ長く生き伸びようとする身体の防衛反応です。

ですから食事制限をして体重が落ちたとしても、それはお腹回りの脂肪が落ちたのではなく筋肉の減少分である可能性が高い訳です。

これが辛いカロリー制限ダイエットでは綺麗に痩せる事が出来ない理由です。

なぜ、カロリー制限はリバウンドしやすいのか?

よく、過度な食事制限はリバウンドしやすいと言われています。

その理由の一つは、食欲が満たされないストレスがいつか爆発し、衝動的にドカ食いをしてしまうからです。

そして、もう一つの大きな理由は、食事を制限をすると脂肪ではなく筋肉が落ちて省エネ体質になる為です。

省エネ体質になると、当然の事ながら日常的な消費カロリーは減少します。

ですからカロリー制限をやめて食事を元に戻したとしても、お腹回りには以前よりも贅肉が付きやすくなる訳です。

これが、激太りを招く大きな要因になる事もあります。

参考記事はコチラ⇒激太りに注意!お腹回りの脂肪が増大する3つの原因と対策

この様にカロリーを制限し過ぎると逆に痩せにくい体質に変化してしまうので、ダイエットとしてはお勧め出来ません。

また食事制限は栄養不足を招きやすいので、体調不良を起こす可能性が高まります。

スポンサードリンク


(2)ダイエットの大敵は脂肪ではない!お腹回りに贅肉を溜めやすい食事とは?

ではダイエットの基礎知識として、食事で摂取した栄養がお腹回りの脂肪に変わる仕組みについて簡単に話しておきましょう。

脂肪は1日に50gは必要

太る食事と言えば、まず頭に浮かぶのは脂肪だと思います。

食事で脂肪を摂取すると消化吸収の後に中性脂肪となって血中を漂い、必要分は体内利用されて余った分は体脂肪として蓄えられます。

この脂肪はとかくダイエットの大敵と思われがちですが、実は目安として1日に50gは必要とされている大事な栄養素なのです。

車や自転車に例えると潤滑油のようなものですから、減らし過ぎると体調不良を招きます。

また、脂肪は胃がもたれますから、余りたくさん食べれるものではありません。

糖質も脂肪に変わる!

食事で脂肪分さえ控えればお腹回りに余分な肉は付かないと思っている人は意外に多いようです。

しかしながら脂肪分だけではなく糖質も体脂肪に変わります。

糖質とは糖分の他にも御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に多く含まれています。

炭水化物が大好きな人は多いと思いますが、これも食べ過ぎるとお腹回りの余分な脂肪に変わりますから要注意です。

糖質を摂取すると消化吸収されて血糖となり血中を漂います。こうして血糖値が上がります。

するとインスリンの働きにより、血糖はエネルギー源として肝臓や筋肉に一時的に蓄えられます。

そのストック量は1500キロカロリー程度で、コンビニサイズのおにぎりなら約9個分に相当します。

そして過剰摂取によって貯蔵が出来なかった糖質は中性脂肪に作り変えられ、そして体脂肪になる訳です。

以上が食事によってお腹回りに余分な贅肉が増えて行く仕組みです。

そして、現代人が太る主な原因は糖質の摂り過ぎとも言われています。

例えば、御飯などは食が進むといくらでもお替りが出来ます。

また、中華料理の定番であるラーメンチャーハン定食などはガッツリな糖質です。

こうして日頃から糖質中心の食事を繰り返している人は多いのではないでしょうか。

ですからダイエットの大敵は脂肪ではなく、むしろ糖質という事になります。

(3)お腹回りが綺麗に痩せる食事!糖質制限はダイエット効果が抜群

ではカロリー制限のように辛いダイエットではなく、食べながらお腹回りが綺麗に痩せる食事の方法について話します。

糖質が不足しないと脂肪は燃えない

私たちが身体を動かすエネルギー源には糖質と脂肪の2つがあります。

そして優先的にエネルギー利用されるのは糖質で、脂肪は予備のエネルギーという事になります。

ですから身体が糖質で満たされていれば、わざわざ脂肪を燃やしてエネルギーに変える必要は無い訳です。

つまり、いくらダイエット目的で運動を行ったとしても、糖質中心の食事をしているとお腹回りは綺麗に痩せる事はないのです。

そこで糖質を不足状態にしてやると、脂肪を燃やしてエネルギーに変える必要が生じます。

これが、いわゆる糖質(炭水化物)制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットの留意点

しかし単に食事で糖質を減らしてしまうと、結果的にはカロリー制限と変わりません。

これでは筋肉が落ちて脂肪が残りますから、綺麗に痩せる事が出来ません。

では何を食べて必要なカロリーを補えば良いのか?

それは、肉、魚、卵、豆類などに多く含まれるタンパク質です。

タンパク質は、筋肉、皮膚、髪の毛といった身体の構成材料になる大切な栄養素です。

しかも糖質や脂肪のように身体にストックが出来ないので、いくら食べても太らないのです。

つまりタンパク質は最適なダイエット食材という事になります。

こうして食事で糖質の摂取を減らしても、その分だけタンパク質をたくさん食べればカロリー制限ダイエットのように辛くはありません。

ですからリバウンドの可能性が低く成功率が高いのです。

これが食事を減らさなくても、お腹回りが綺麗に痩せるダイエット方法です。

スポンサードリンク


(4)ダイエット効果を高める食事の摂り方!これで、お腹回りが綺麗に痩せる

ダイエット効果を高める食事の方法は、糖質制限だけではありません。

その他にも大きく次の2つがあります。

食事の回数を増やすと綺麗に痩せる

一日に同じ量の食事を摂る場合、一回の量を減らしてこまめに回数を増やすとダイエット効果が高まり、お腹回りが綺麗に痩せやすくなります。

なぜなら、食事の回数が増えると脳はこう反応するからです。

「十分な栄養が定期的に入ってくるので、飢餓に備えて脂肪を溜め込む必要はない」

つまり、身体は安心して脂肪をエネルギー利用できる訳です。

逆に食事の回数が少なければ脳はこう反応します。

「次はいつ栄養が入ってくるか分からないので、出来るだけ脂肪は残しておこう」

つまり、身体は脂肪の備蓄モードに入る訳です。

この様に、食事の摂り方によって脳の反応は変わってきます。

これが、こまめに食事の回数を増やすと綺麗に痩せる効果が高まる理由です。

水をたくさん飲むと綺麗に痩せる

また、水をたくさん飲む事によってダイエット効果が高まります。

この方法は、綺麗に痩せている多くのモデルさんも取り入れているようです。

というのも、脂肪が燃焼するには水分が必要不可欠だからです。

まず体脂肪は通常において固形の状態にありますから、燃焼させるには水分で溶かす必要があります。

そして溶けた脂肪は全身に運ばれ、体液を介して筋肉細胞に取り込まれて燃焼します。

更に脂肪の燃えカスは尿などの水分に混じって体外に排出されます。

この様に脂肪燃焼の一連の過程においては、必ず水分が使われます。

ですから水をたくさん飲む事によって、常に脂肪が燃えやすい状態をキープできる訳です。

ぜひ試してみて下さい。

まとめ

(1)カロリー制限ダイエットのデメリット。

  • 脂肪が減らずに筋肉が減少するので綺麗に痩せない
  • 省エネ体質になり消費カロリーが減少する
  • 満足に食べれないストレスがかかる
  • リバウンドして太りやすくなる

(2)お腹回りが綺麗に痩せる食事の方法。

  • 糖質の摂取を減らしてタンパク質をたくさん食べる
  • 1回の食事の量を減らして回数を増やす
  • 水をたくさん飲む

いかがでしょうか。ダイエットの定番といえばカロリー制限ですが、この方法では綺麗に痩せる事が出来ない理由がお分かり頂けたと思います。

なお、ダイエットの基本は食事の管理と運動です。

今回お話しできなかった、綺麗に痩せる運動の方法についてはコチラをご覧ください。

お腹回りの脂肪を落とす運動の秘訣!有酸素運動の4つの鉄則とは?

スポンサードリンク