お腹回りが痩せる夕食メニュー!カロリー制限なしのダイエット食とは

あなたは三食の中で、どれを一番よく食べますか?

きっと仕事が終わった後の夕食ではないでしょうか。

晩酌をしながらだと、なおさら食が進む筈です。

そんな訳で、お腹回りの余分な脂肪は夕食で溜まりやすくなります。

それは分かっていても、つい食欲にまかせて…

そこで今回は、カロリー制限しなくてもダイエット効果のある夕食メニューについて話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)お腹回りが痩せる夕食メニュー!ダイエットにカロリー計算は不要

  • 夕食は三食の中で最も楽しい時間!
  • だから夕食は太りやすくなる
  • 単なるカロリー計算は意味が無い!?

(2)お腹回りに脂肪を溜めない夕食のメニュー!ダイエットの大敵は糖質

  • 脂肪はダイエットの大敵なのか?
  • ダイエットの大敵は糖質だった!
  • 糖質は脂肪に変わる
  • 糖質を含んだお酒の飲み過ぎに注意
  • でも、お腹いっぱい食べたい!だったら…

(3)お腹回りが痩せる夕食メニュー!ダイエットに最適な食材とは?

  • カロリー制限はダイエットに失敗する!?
  • ダイエットに最適な食材とは?
  • タンパク質のもう一つのダイエット効果

まとめ

(1)お腹回りが痩せる夕食のメニュー!ダイエットにカロリー計算は不要

夕食は三食の中で最も嬉しい時間!

ごく一般的な昼型のライフスタイルの方に限って言えば、一日の食事の中で夕食に占める割合は多くなる筈です。

朝起きて間もない時間帯は身体が活動的ではないので食欲も湧きません。

ですから朝食は軽めに済ませる人が多いでしょう。

また昼休憩の時間は限られていますから、昼食は食べ過ぎている場合ではありません。

さっと済ませて午後からの仕事に備える必要があります。

そして待ちに待った終業の時間がやって来ます。

あなたはこの時間帯になると腹も空き、夕食のメニューは何にしようか、どこの店に行こうか、などと考える筈です。

こうして「よし、食べるぞ!」と食事モードに入り、三食の中で最も嬉しい夕食の時間が始まる訳です。

だから夕食は太りやすくなる

特にお酒を飲む方の場合は、アルコールの食欲増進の効果も手伝ってつい食べ過ぎてしまうものです。

また、友人や同僚と食べに行く機会があれば、会話も弾んで食も進みます。

そして楽しい夕食の時間が過ぎると、後は自宅で休養モードという事になりますから、活動的な昼間に比べると消費カロリーは激減します。

こうして、たらふく食べた夕食の余分な栄養はお腹回りの脂肪に変わりやすくなる訳です。

単なるカロリー計算は意味が無い!?

ここで1つ知っておいて欲しい事があります。

ダイエットには食事のカロリー計算が付き物ですが、実は単なるカロリー計算はダイエットの役に立ちません

例えば同じカロリー分の御飯と赤身の肉を食べた場合、どちらがお腹回りの余分な肉に変わりやすいと思いますか?

また同じカロリー分のラーメンと枝豆を食べた場合はどうでしょうか?

これについては後で説明しますが、カロリーが同じでもメニューによってダイエット効果は全く違ってしまいます。

一方は余剰分がどんどんとお腹回りの脂肪に変わり、もう一方はいくら食べても太らないのです。

ですから同じカロリーであっても、太る太らないは何を食べるかによって変わってしまう訳です。

これさえ知っておけば、食事におけるダイエットは成功したも同然です。

では、それについて詳しく話していきましょう。

スポンサードリンク


(2)お腹回りに脂肪を溜めない夕食のメニュー!ダイエットの大敵は糖質

脂肪はダイエットの大敵なのか?

栄養素には大きく、脂質、糖質、タンパク質の3つがあります。これを三大栄養素と言います。

このうちで余剰分が体脂肪に変わるのは脂質と糖質です。

まず、脂質とは文字通り脂肪分の事で、とかくダイエットの大敵と考えられがちです。

しかし脂質には身体の機能を調整する大切な役割があります。

言ってみれば、車や自転車などの潤滑油みたいなものです。

そして、目安としては1日に約50gが必要と言われています。

ですから脂質はカットするよりも、むしろ必要分を摂取すべき栄養素と言った方が良いでしょう。

それに胃がもたれるので、そんなに沢山は食べる事ができません。

ダイエットの大敵は糖質だった!

こうした意味においてダイエットの大敵は脂肪ではなく、むしろ糖質と言った方が良いでしょう。

糖質とは体を動かすエネルギーとなる栄養素で、糖分の他にも、ご飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物、あるいはイモ類などにも多く含まれています。

糖質を摂取すると消化吸収されて血糖となり、インスリンの働きによって筋肉や肝臓に一時的に蓄えられます。

ただし貯蔵できる糖質の量は、せいぜい1500キロカロリー程度です。

コンビニサイズのおにぎりなら約9個分といったところです。

糖質は体脂肪に変わる

そして過剰摂取により貯蔵できなかった糖質は、中性脂肪に作り変えられてお腹回りの余分な肉になる訳です。

お腹が空いていて食欲が旺盛であれば、コンビニサイズのおにぎり9個くらいなら1食で食べ尽す事も出来るでしょう。

これが糖質が太りやすい理由です。とにかく糖質は食欲に任せていくらでも食べる事が出来るのです。

ですから夕食では、糖質メニューをできるだけ控える事がダイエット効果を高める最大の秘訣なのです。

糖質を含んだお酒の飲みすぎに注意

また、お酒は種類によって糖質を含んでいますから、夕食で晩酌をされる方は出来るだけ糖質を含まない種類を選んで飲むと良いでしょう。

参考記事はコチラ⇒お腹回りに余分な脂肪を溜めない酒の飲み方とは?中性脂肪に注意!

すると、お腹回りに余分な脂肪が溜まりにくくなります。

ちなみに、お酒に含まれる糖質の目安は次の通りです。

「糖質を含まないお酒」

  • 焼酎
  • ウイスキー
  • ブランデー
  • ウォッカ
  • 糖質ゼロのビール

「糖質を含むお酒」

(数値は、お酒100g当たりの糖質の含有量です)

  • 梅酒(20,7g)
  • 紹興酒(5,1g)
  • 清酒(3,6~4,9g)
  • 発泡酒(3,6g)
  • ビール(3,1g)
  • ワイン白(2,0g)
  • ワイン赤(1,5g)
  • ジン(0,1g)

なお、肝臓でアルコールが分解される際に中性脂肪が生成されやすくなりますから、糖質を含まないお酒でも飲み過ぎるとお腹回りに脂肪が溜まりやすくなります。

でも、お腹いっぱい食べたい!だったら…

この様に、太りやすい夕食でダイエット効果を高めるなら、出来るだけ糖質メニューを控えましょう。

そこで、あなたはこう思うかもしれません。

「主食の炭水化物を控えると食欲が満たされないので食べた気がしない!」

確かに炭水化物好きの人からすると物足りない夕食かもしれません。

そこで糖質を減らした分は、食べても太らないメニューを夕食に加えてみましょう。

では、そのメニューをご紹介します。

スポンサードリンク


(3)お腹回りが痩せる夕食のメニュー!ダイエットに最適な食材とは?

カロリー制限はダイエットに失敗する!?

さて、夕食で単に糖質を減らすだけでは結果的にカロリー制限ダイエットと同じです。

カロリー制限は食べたいけど食べれないというストレスになります。

そして、カロリーの摂取量を必要分よりも減らしてしまうとダイエットは上手くいきません。

なぜなら栄養が足りなくなると脳は飢餓への危機感を示し、消費カロリー自体を減らして生き延びようとするからです。

その結果、カロリー消費の多い筋肉を減らして、貴重なエネルギー源である脂肪は出来るだけ残しておこうとする訳です。

ですからカロリー不足にならないように、糖質を減らした分は他の食材を夕食メニューに増やしましょう。

ダイエットに最適な食材とは?

三大栄養素の中で最も太りにくいのがタンパク質です。

なぜならタンパク質は糖質や脂質のように、余剰分が身体にストックされないからです。

つまり、タンパク質はいくら食べても太らない最適なダイエット食材という事になります。

タンパク質を多く含む食材は、肉、魚、卵、豆類などです。

一見すると肉をたくさん食べるとお腹回りの余分な肉に変わりそうですが、赤身の肉ならいくら食べても太りません。

いかがでしょうか?夕食にこうした肉料理のメニューが並ぶと食卓が潤いますし、魚、卵、豆を使った料理には美味しい物が沢山あります。

これなら夕食をしっかり食べても、お腹回りの余分な脂肪が増える事はありません。

タンパク質のもう一つのダイエット効果

更にタンパク質にはもう一つ、食事誘発性熱産生と呼ばれるダイエット効果があるのです。

それは消化吸収に伴って発生する消費カロリーの事で、その割合はタンパク質が30%、糖質が6%、脂質が4%です。

例えばタンパク質を100キロカロリー摂取したとすると、その30%の30キロカロリーが同時に消費されるという事です。

同じ様に糖質なら6キロカロリー、脂質なら僅かに4キロカロリーしか消費されません。

ですからタンパク質はいくら食べても太らない上に、たくさんカロリーを消費してくれる食材という事になります。

まとめ

(1)夕食で、お腹回りに脂肪が溜まりやすくなる理由。

  • ゆっくり食べれるので量が増える
  • 晩酌をする場合は、お酒の食欲増進作用で食べる量が増える
  • 食べた後はカロリー消費の機会が少ないので脂肪が溜まりやすくなる

(2)カロリーが同じであっても、夕食メニューの内容でダイエット効果が大きく変わります。

(3)ダイエット効果のある夕食メニューの秘訣。

  • 糖質を多く含んだ炭水化物のメニューを減らす
  • タンパク食材を使ったメニューを増やす
  • 晩酌には、糖質の少ないお酒を選ぶ

いかがでしょうか。食べると太るのでは?などと思いながら夕食を食べていると、美味しくも楽しくもありません。

せっかく食べるのなら、タンパク質メニューを中心にして楽しい夕食の時間を過ごしませんか?

おすすめ記事はコチラ⇒お腹の肉を落とす食事!運動なしで皮下脂肪は減らせるか?

スポンサードリンク