炭水化物ダイエットで、お腹回りが痩せる!酵母の力で糖質分解

現代人が太るのは、糖質の摂り過ぎが主な原因だと言われています。

糖質は御飯などの炭水化物に多く含まれています。

そこでお腹回りの脂肪を落として痩せるなら、炭水化物の制限が効果的です。

この方法はダイエットの成功率を高めます。

また糖質を分解する酵母は、そのサポートをします。

そこで今回は、炭水化物ダイエットの方法と酵母の力について話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)なぜ、炭水化物がお腹回りの脂肪を増やすのか?

  • 三大栄養素の中で脂肪になるのはどれ?
  • 炭水化物が脂肪に変わるまで

(2)お腹回りの脂肪を減らす!炭水化物ダイエットで痩せる理由

  • 糖質を不足状態にして脂肪を燃やす
  • こんにゃく米で、楽々ダイエット!
  • 炭水化物ダイエットは単なるカロリー制限ではない
  • 食事を減らすと痩せにくい体質になる!?
  • 炭水化物ダイエットのコツ

(3)お腹回りが痩せる!酵母サプリで糖質(炭水化物)を分解

  • 日本人は炭水化物好き
  • 酵母で糖質分解

まとめ

(1)なぜ、炭水化物がお腹回りの脂肪を増やすのか?

三大栄養素の中で脂肪になるのはどれ?

糖質、脂質、タンパク質三大栄養素と言いますが、このうちでお腹回りを最も太らせる栄養素は何だと思いますか?

まず、肉、魚、卵、豆類などに多く含まれるタンパク質はいくら食べても太りません

ですからタンパク質はダイエットに最適な食材です。

次に脂肪は一見するとダイエットの大敵と思われがちですが、実は目安として1日に50gは必要とされている大切な栄養素なのです。

車で言うと潤滑油のようなものですから、不足すると身体の機能が低下してしまうので適量が必要です。

もちろん食べ過ぎるとお腹回りの余分な肉になりますが、脂肪は胃もたれの原因になりますから余り多く食べれる食材ではありません。

そこで問題は糖質です。

糖質は身体を動かすエネルギー源ですが、食べ過ぎた分は中性脂肪に作り変えられて贅肉になります。

糖質というと砂糖などの甘い物をイメージすると思いますが、ご飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物にも多く含まれています。

この炭水化物は食が進むと何杯でもお替りが出来てしまう食材ですから、お腹回りを太らせる最大の原因であると言える訳です。

炭水化物が脂肪に変わるまで

では炭水化物を食べると身体で何が起こるのかを簡単に見ていきましょう。

炭水化物には食物繊維と糖質が含まれており、消化されると食物繊維は便として排出され、糖質はブドウ糖(血糖)に分解されると小腸から吸収されて血中を漂います。

こうして血糖値が上がると膵臓からインスリンが分泌され、血糖を筋肉や肝臓に運んで一時的にストックします。

すると血糖値が下がる訳です。

ただし血糖をストックできる量には限りがあり、せいぜい1500キロカロリー程度でしかありません。

コンビニサイズのおにぎりでいうと約9個分と言ったところです。

そして炭水化物を一度にたくさん食べ過ぎてしまうと、ストックし切れなくなった糖質が中性脂肪に作り変えられて、お腹回りなどの脂肪に変わるのです。

これが太ると言う事です。

脂肪のストック量は無尽蔵と言えますから、こうして余った糖質はどんどんと脂肪になって蓄えられるのです。

ですから炭水化物の食べ過ぎで太らない為には、糖質のストックが目減りした分だけをコマめに補給すれば良いという事になります。

とにかくドカ食いは太ります。

ちなみに体脂肪1gは7,2キロカロリーに相当しますから、1kgの体脂肪には7200キロカロー分のエネルギーが蓄えられているという事になります。

スポンサードリンク


(2)お腹回りの脂肪を減らす!炭水化物ダイエットで痩せる理由

では炭水化物ダイエットで痩せる仕組みについて見ていきましょう。

糖質を不足状態にして脂肪を燃やす

私たちはエネルギー源として糖質と脂肪の2つを使っていますが、優先的に使われるのは糖質で脂肪は予備のエネルギーという事になります。

ですから身体に糖質が満たされている状態では予備の脂肪が使われません。

そこで主食の炭水化物を減らして糖質不足の状態にすれば、自動的に脂肪がエネルギーとして使われます。

これが糖質(炭水化物)制限ダイエットで痩せる原理です。

こんにゃく米で、楽々ダイエット!

そうは言っても御飯が大好きだから、なかなか減らせない…

という方も多いのではないでしょうか。

確かに食が進むと美味しいお米は、いくらでも食べたくなるものです。

そこで、御飯をたくさん食べても糖質カロリーを減らせるのが、糖質カットの美味しいこんにゃく米です。

これは、お米に混ぜて炊くだけですから調理がとても簡単で、我慢しないダイエット食には非常におすすめです。

炭水化物ダイエットは単なるカロリー制限ではない

こうして炭水化物の摂取を控えてカロリーを減らせば、お腹回りの脂肪が落ちて上手く痩せるかというと、そうではありません。

ダイエットは単に食事の量を減らすだけの辛いカロリー制限では上手く行かないのです。

そして多くの人がカロリー制限ダイエットで失敗しています。

一般的には消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくすれば、不足したカロリー分の脂肪が落ちると考えられがちですが、実はそう単純な話ではないのです。

食事を減らすと痩せにくい体質になる!?

私たちの身体は最低限に必要なカロリーが足りなくなると、飢餓に対する危機感を示します。

するとカロリー消費の多い筋肉を減らし、貴重なエネルギー源の脂肪を出来るだけ残しておこうとします。

つまり省エネ体質になる事でカロリー不足に適応する訳です。

これは飢餓状態を生き延びる為の身体の防衛反応という事になります。

こうした省エネ体質になると脂肪は燃えにくくなります。

つまり痩せにくい身体になるのです。

ですからカロリー制限をして体重が減ったとしても、それは脂肪の減少分だけでは無く筋肉が落ちている可能性が高くなります。

筋肉が落ちると基礎代謝が下がり消費カロリーが減少しますから、ますますお腹回りの脂肪が落ちにくくなります。

ですから必要なカロリーは食事でしっかりと確保しましょう。

炭水化物ダイエットのコツ

では炭水化物の摂取を減らした分は何を食べれば良いと思いますか?

それがタンパク質です。

タンパク質と糖質は共に1gで4キロカロリーあるのですが、既にお話した通りタンパク質はいくら食べても太りません。

ですから炭水化物ダイエットの基本は、ご飯、麺類、パンなどの主食を減らしてタンパク質をたくさん食べる事です。

これなら必要なカロリーが確保でき、しかも食事制限によるストレスがかかりません。

つまり炭水化物ダイエットは食べながらお腹回りの肉を落とす方法ですから、辛くないので成功しやすいのです。

更に言うと一日の摂取カロリーが同じであれば、一回の食事の量を減らして回数を増やすとお腹回りの脂肪は落ちやすくなります。

なぜなら、こまめに栄養が入ってくると脳は飢餓の心配がないと判断し、安心して脂肪をエネルギーに変える事が出来るからです。

逆に食事の間隔が空いてしまうほど、脳は飢餓に対する危機感を高めて省エネ体質になろうとします。

(3)お腹回りが痩せる!酵母サプリで糖質(炭水化物)を分解

日本人は炭水化物好き

炭水化物ダイエットは、ご飯、麺類、パンなどの主食を減らしてタンパク質を中心にしっかりと食べるシンプルな方法です。

しかし炭水化物が大好きという人は多く、日本人はやはり美味しい御飯につい手が伸びてしまうのではないでしょうか。

そして食が進むと何杯もお替りをして糖質の過剰摂取になり、気が付くとお腹回りに余分な肉が…、なんて事もよくあります。

そこで食べた糖質の一部を食べなかった事に出来る魔法のようなサプリをご紹介しておきましょう。

酵母で糖質を分解

それは酵母の力で炭水化物に含まれる糖質を別のものに変えてしまうというサプリです。

酵母は糖質をエサにして発酵し、食べた糖質を炭酸ガスとアルコールに分解してしまうという特性を持っています。

ですから炭水化物を食べる前に酵母サプリを飲んでおけば、食べた糖質の一部を食べなかった事に出来る訳です。

特にガッツリと糖質を食べてしまいそうな食事会などの時に用意しておくと、お腹回りに余分な肉が付くのを抑えてくれます。

そんなサプリが、こちらのカメヤマ酵母です。




通常の酵母や酵素というのは非常にデリケートですから、熱処理殺菌の加工段階や胃酸によって大半が死滅してしまうそうです。

ですから死滅している酵素ドリンクや酵母にはダイエット効果は期待できないという事になります。

ところがカメヤマの酵母は特殊加工される事によって消化耐性がありますから、胃の中に生きて届くというのが最大の特徴です。

またカメヤマの酵母にはビタミン、ミネラルも豊富に含まれていますから、ダイエットに加えて体調アップにも効果的です。

もちろん腹回りに余分な肉を付けない為には炭水化物を控える事が第一です。

しかし炭水化物好きな人はこうしたサプリをサポート的に利用するのも良いと思います。

カメヤマ酵母で食べながら糖質の約1/3をカット!

ぜひ、お試し下さい!

まとめ

(1)炭水化物を一度にたくさん食べ過ぎると、余った糖質が中性脂肪に作り変えられてお腹回りの贅肉になります。

(2)炭水化物は少量をこまめに補うと太りにくくなります。

(3)炭水化物ダイエットの方法。

  • 御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物の摂取を減らす
  • 肉、魚、卵、豆類に多く含まれるタンパク質をたくさん食べる

(4)酵母は糖質を分解し、炭酸ガスとアルコールに変えてしまいます。

いかがでしょうか。現代人がお腹回りに脂肪を溜める主な原因は、炭水化物に含まれる糖質の摂り過ぎです。

そこで脂肪を落として痩せるには、炭水化物ダイエットが非常に効果的です。

これは辛いカロリー制限とは違って、糖質さえ控えればタンパク食品をたくさん食べれるので成功率が高いのです。

もちろん、ダイエットは食事の管理に加えて適度な運動も重要です。

おすすめ記事はコチラ⇒お腹の肉を落とす運動のコツ!皮下脂肪を減らす最適な運動強度とは

スポンサードリンク