なぜ、お腹回りの脂肪が上手く落ちないのか?その3つの原因と対策

真面目にダイエットを続けているのに、なぜかお腹回りの脂肪が上手く落ちない!

そんな方はいませんか?

だとすれば、それは単にやり方を間違っているか、実は効果の無いダイエットに取り組んでいるかの何れかです。

ダイエットは正しく行えば誰でも成果を得られます。

そこで今回は、お腹回りの脂肪が上手く落ちない原因と、その対策について話します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)これが、お腹回りに脂肪が溜まる仕組みと脂肪燃焼のメカニズム

  • あなたは、糖質を食べ過ぎていませんか?
  • 糖質は脂肪に変わる!?
  • 脂肪燃焼のメカニズム
  • 体脂肪には落ちる順番がある

(2)お腹回りの脂肪が落ちない!これが、間違った運動のやり方

  • 有酸素運動だけを行っている
  • 有酸素運動のやり方が間違っている

(3)お腹回りの脂肪が落ちない!これが、間違った食事の方法

  • 食事のカロリーを制限している
  • 水分の補給が少ない
  • 塩分の摂り過ぎ

(4)お腹回りの脂肪が落ちない!あなたは、効果の無いダイエットを行っていませんか?

まとめ

(1)これが、お腹回りに脂肪が溜まる仕組みと脂肪燃焼のメカニズム

ダイエットしてもお腹回りの脂肪が上手く落ちない人は、まず脂肪が溜まる仕組みと脂肪燃焼のメカニズムについて簡単に理解しておく必要があるでしょう。

するとダイエットの間違いについて自ずと分かってくる事もあると思います。

あなたは、糖質を食べ過ぎていませんか?

三大栄養素の中で食べ過ぎて太るのは脂肪と糖質です。

そして脂肪はダイエットの大敵と思われがちです。

しかし脂肪は1日に目安として50gは必要とされている大切な栄養素なのです。

ですから、むしろ控え過ぎの人が意外といるかもしれません。

そうすると、問題は糖質という事になります。

糖質は身体を動かすエネルギー源となる栄養素で、糖分の他にも御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に多く含まれています。

現代人が太る主な原因は、この糖質の摂り過ぎにある言われています。

そうした理由で今、糖質(炭水化物)制限ダイエットが流行っている訳です。

参考記事はコチラ⇒炭水化物ダイエットで、お腹回りの脂肪を落とす!酵母の力で糖質分解

糖質は脂肪に変わる!?

糖質を食べると消化吸収され、エネルギー源として肝臓や筋肉に一時的にストックされます。

こうしてストックが可能な糖質の量は1500キロカロリー程度で、コンビニサイズのおにぎりで言うと約9個分です。

では、ストックし切れずに余ってしまった糖質はどうなるのか?

それが中性脂肪に作り替えられて、お腹回りの余分な脂肪に変わるのです。

これが太るという事です。

ですから糖質はストックが目減りした分だけをこまめに補ってやれば、余分な脂肪は溜まらないという事になります。

何よりも、糖質を一度にたくさん食べ過ぎてしまうドカ食いが太るのです。

脂肪燃焼のメカニズム

体脂肪は通常において、中性脂肪という安定した固形の状態にありますから、そのままでは燃焼しません。

ところが糖質エネルギーが枯渇したり、運動を行って体温が上昇してくると脂肪分解酵素のリパーゼが活性化します。

するとリパーゼの働きによって中性脂肪は脂肪酸に分解されて燃える状態となり、血中に溶け出して全身に運ばれます。

そして必要に応じて筋肉細胞に取り込まれると、燃焼して脂肪エネルギーに変わるのです。

体脂肪には落ちる順番がある

さて、脂肪燃焼のメカニズムについては理解して頂いけたと思いますが、ダイエットを行った場合に脂肪の落ち方は身体の部位によって大きく異なります。

まずは内臓脂肪が最初に落ち、その後で皮下脂肪が身体の末端から中心部に向かって基本的には次の順番で落ちていきます。

「手首・足首」→「前腕・ふくらはぎ」→「肩・二の腕」→「太股」→「顔・胸」→「お腹回り」→「お尻」

つまりダイエットによる部分痩せは不可能という事になります。

お腹回りについて言うと、まず代謝の活発な内臓脂肪が先に落ちますから、正しくダイエットを行えばポッコリお腹は簡単に解消します。

ところがお腹回りの皮下脂肪、いわゆる浮き輪肉は落ちる順番がほぼ最後という事になりますから、腕や脚に比べるとなかなか落ちないのです。

参考記事はコチラ⇒ダイエットで、お腹回りのうきわ肉をスッキリ解消!効果的な3つの方法

ですからお腹回りの皮下脂肪が落ちてくるまでには、しばらく時間を要します。

スポンサードリンク


(2)お腹回りの脂肪が落ちない!これが、間違った運動のやり方

それでは、ダイエットの間違ったやり方について見て行きましょう。

まずは運動です。

ダイエット目的で運動を続けていても、一向にお腹回りの脂肪が落ちないという方は心当たりがあるかもしれません。

有酸素運動だけを行っている

お腹回りの脂肪を落とす目的でジョギングやランニングといった有酸素運動を行っている人は多いと思います。

しかし有酸素運動だけを習慣的に続けていると、やがて脂肪が上手く落ちない体質に変わってきます。

これが一見するとダイエットに効果がありそうな有酸素運動の落とし穴なのです。

なぜなら有酸素運動を習慣的に行っていると、身体は適応反応を示して有酸素運動に適した状態に変化するからです。

それは少ないエネルギーで長時間の運動が可能な省エネ体質という事になります。

省エネ体質になると消費カロリーの多い筋肉が減らされます。

なぜなら、脂肪は貴重なエネルギー源として出来るだけ残しておきたいからです。

こうなると、お腹回りの脂肪は効率良く落ちないという事になります。

では、有酸素運動で脂肪の燃焼効率を上げる為にはどうすれば良いのか?

それは有酸素運動で筋肉が落ちないように筋トレを行って筋肉を増やす事が大切です。

筋肉が増えると消費カロリーが増加して脂肪燃焼体質になれますから、日常的にも運動を行った時にも脂肪の燃焼効率がアップします。

お腹回りの脂肪が落ちない貴方は、有酸素運動だけを習慣的に行っているのではないですか?

参考記事はコチラ⇒なぜメタボ解消には有酸素運動より筋トレダイエットが有効なのか?

有酸素運動のやり方が間違っている

有酸素運動はやり方次第で脂肪の燃焼効率が大きく変わります。

ですからやり方を間違ってしまうと、いくら時間をかけて頑張ったとしてもお腹回りの脂肪は上手く落ちないという事になります。

これでは、せっかくの努力が無駄に終わってしまいます。

そこで有酸素運動にありがちな3つの間違いについて話しておきましょう。

①食後に行っている

身体を動かすエネルギー源は糖質と脂肪です。

そして優先的にエネルギー利用されるのは糖質で、脂肪は予備のエネルギーです。

ですから身体に糖質が残っていれば、予備の脂肪を燃やす必要はないという事になります。

例えば食事をすると血糖値が上がますから、食後しばらくの間は糖質エネルギーが優先的に使われます。

ですから予備の脂肪がエネルギー利用されるのは、糖質が枯渇して血糖値が下がる空腹時なのです。

つまり有酸素運動を行うベストタイミングは食後ではなく空腹時という事になります。

お腹回りの脂肪が落ちない貴方は、有酸素運動を行うタイミングを間違っていませんか?

②運動の強度が強すぎる

脂肪が燃焼するには酸素が必要不可欠です。

しかし運動の強度を上げ過ぎてしまうと息が苦しくなり、酸素が不足状態になってしまいます。

こうなると脂肪の燃焼効率が低下し、代わりに糖質エネルギーの利用配分が増えてしまいます。

糖質は酸素がなくてもエネルギーに変わるのです。

つまり単に運動の強度を上げて消費カロリーを増やしても、その全てが脂肪の燃焼分ではないという事なのです。

では、脂肪の燃焼効率を高める有酸素運動の強度はどのくらいか?

それは運動中の心拍数を目安にすると、最大心拍数の50~65%を維持できる強度だと言われています。

その心拍数ゾーンの計算方法は次の通りです。

(心拍数)→(220-年齢)×(0,5~0,65)

ですから腕時計型の心拍計を装着しておけば便利です。

感覚的に言うと、軽く息が弾んで適度に汗ばむ強度です。

お腹回りの脂肪が落ちない貴方は、運動の強度が強過ぎるのではないですか?

③継続時間が短い

脂肪は運動開始と同時に効率よく燃焼する訳ではありません。

既に話している通り、脂肪が燃焼するには体温上昇と共に脂肪分解酵素のリパーゼが活性化する必要があります。

そして中性脂肪が脂肪酸に分解されて血中に溶け出し…、という具合に幾つかの過程があります。

こうした過程を経て脂肪燃焼の準備が整うまでには約20分かかると言われています。

ですから有酸素運動を20分以上続けると脂肪燃焼ゾーンに入り、本格的に脂肪が燃え始める訳です。

お腹回りの脂肪が落ちない貴方は、運動の時間が短いのではないですか?

スポンサードリンク


(3)お腹回りの脂肪が落ちない!これが、間違った食事の方法

今度はお腹回りの脂肪が上手く落ちない人にありがちな、間違った食事について話しておきましょう。

食事のカロリーを制限している

食事制限をしてカロリーを不足状態にすれば、その分だけ脂肪が燃焼してお腹回りが痩せる!

一見すると、この理屈は正しいようにも思えますが、身体はその通りには反応しないのです。

食事の回数を減らしたり必要以上に摂取カロリーを減らしてしまうと、脳は飢餓状態であると認識して防衛反応を示します。

すると私たちの身体は無駄なカロリー消費を抑える為に省エネ体質になり、出来るだけ多くの脂肪を蓄えようとします。

その結果、カロリー消費の多い筋肉が優先的に減らされて、脂肪は上手く落ちないという事になります。

ですから食事制限をして体重が減ったとしても、それは脂肪ではなく筋肉が減少している場合が多いのです。

お腹回りの脂肪が上手く落ちない貴方は、食事を減らし過ぎていませんか?

ただし糖質で摂取カロリーを増やしてしまうと太りやすくなりますから、糖質は控え目にしてタンパク質を多く食べましょう。

肉、魚、卵、豆類などに多く含まれるタンパク質はいくら食べても太らない最適なダイエット食材です。

水分の補給が少ない

体脂肪が燃焼する為には、まず固形の脂肪を水分で溶かす必要があります。

そして溶けた脂肪は体液を通じて全身に運ばれます。

更に脂肪の燃えカスは尿や汗などの水分に混じって体外に排出されます。

このように脂肪燃焼の一連の過程においては必ず水分が必要です。

ですから十分な水分補給を行う事で、常に脂肪が燃焼しやすい状態をキープできるのです。

逆に水分補給が不十分であれば脂肪の燃焼がスムーズに行かなくなるのです。

ちなみにモデルさんの多くは余分な脂肪を付けない為に、1日に約2リットルの水分を補給しているそうです。

お腹回りの脂肪が上手く落ちない貴方は、身体に十分な水分が足りていないのではないですか?

塩分の摂り過ぎ

私たちの体液は、塩分濃度が約0,9%に保たれています。

仮に塩分を摂り過ぎると体液が濃くなりますから、薄める為にはより多くの水分が必要になります。

すると本来は排出されるべき水分を身体に残しておく必要が生じます。

こうして水分の循環が悪くなると脂肪の燃えカスが上手く排出されなくなり、脂肪燃焼のサイクルが滞ってしまうのです。

また塩分の摂り過ぎは、むくみの原因にもなりますから余計に太って見えてしまいます。

お腹回りの脂肪が上手く落ちない貴方は、塩分の摂り過ぎではないですか?

参考記事はコチラ⇒むくみが原因で、お腹回りが太る?効果的な解消法はマッサージ

スポンサードリンク


(4)お腹回りの脂肪が落ちない!あなたは、効果の無いダイエットを行っていませんか?

お腹回りの脂肪が上手く落ちない原因のもう一つは、そもそも効果の無いダイエットを行っているという事です。

巷では様々なダイエット方法が取り上げられ、多くのダイエット器具が売られています。

あなたは、そのすべてにダイエット効果があると思いますか?

簡単で楽に痩せると言われるダイエット方法は人々の関心を引きますが、それは必ずしも優れた効果がある訳ではありません。

中には、どう考えても理屈が曖昧で理解できない方法もあります。

例えば腹筋にブルブル振動を与えただけで、なぜお腹回りの脂肪が落ちるのか?

参考記事はコチラ⇒emsで、お腹回りの皮下脂肪は痩せる?ブルブル振動のダイエット効果

あるいは熱いお風呂に入るだけで、なぜ何キロも痩せてお腹回りがスッキリするのか?

脂肪燃焼のちょっとした知識さえあれば、こうしたダイエットが本当に効果があるか無いかは大方の察しが付きます。

ダイエットの原則は食事の管理と適度な運動です。

この原則から外れたダイエット方法については、まず効果は期待できないと考えて良いでしょう。

お腹回りの脂肪が上手く落ちない貴方は、そもそも効果の期待できないダイエットに取り組んでいるのではないですか?

まとめ

(1)現代人の肥満の主な原因は脂肪よりも糖質の過剰摂取にあります。

(2)皮下脂肪は身体の末端から中心部に向かって順番に落ちていく生理的な傾向がありますから、ダイエットによる部分痩せは不可能です。

(3)お腹回りの脂肪が落ちない、間違った有酸素運動のやり方。

  • 筋トレと並行していない
  • 食後に行っている
  • 強度が強すぎる
  • 継続時間が短い

(4)お腹回りの脂肪が落ちない、間違った食事の方法。

  • 食事制限により必要なカロリーが不足している
  • 水分が不足している
  • 塩分を摂り過ぎている

(5)食事の管理と適度な運動から逸脱したダイエット方法では、基本的に上手く痩せる事はできません。

いかがでしょうか。ダイエットでお腹回りの脂肪が上手く落ちない方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

※もし脂肪を落とす効果の高いダイエット器具をお探しなら、こちらの記事をご覧ください。

美ルルキャビの痩身効果が口コミで話題!これが自宅で脂肪を落とす器具

スポンサードリンク