お腹の皮下脂肪を落とす!痩せる薬のダイエット効果と安全性について

お腹の皮下脂肪や内蔵脂肪を落とす基本的な方法は、適度な運動と食事の管理です。

後はサプリメントを補うといった所です。

しかし贅肉が上手く落ちない場合には、痩せる薬の魔力に頼るという方法もあるでしょう。

ただし、ダイエット薬は副作用も伴いますから注意が必要です。

そこで今回は、お腹の皮下脂肪を落とすダイエット薬の効果と安全性について解説します。

スポンサードリンク


【目次】

(1)安全性は高いのか?これが、痩せる薬の注意点

  • 痩せる薬の入手方法は3つ
  • 外国製のダイエット薬で死亡事故?
  • ダイエット薬は安全性が第一

(2)お腹の肉を落とすダイエット薬の効果!脂肪の吸収を抑えるなら『ゼニカル』

  • ゼニカルのダイエット効果とは?
  • ゼ二カルの副作用

(3)お腹の皮下脂肪を落とすダイエット薬の効果!糖質の吸収を抑えるなら『グルコバイ』

  • グルコバイのダイエット効果とは?
  • グルコバイの副作用

(4)お腹の皮下脂肪を落とすダイエット薬の効果!食欲を抑えるなら『サノレックス』

  • サノレックスのダイエット効果とは?
  • サノレックスの副作用

(5)痩せる薬は魔法のように、お腹の皮下脂肪を落とすのか?

まとめ

脂肪を落とすなら、漢方薬がおすすめ

(1)安全性は高いのか?!これが、痩せる薬の注意点

痩せる薬の入手方法は3つ

一言で痩せる薬と言っても、入手方法によっては次の3タイプに分ける事が出来ます。

1つ目は、ドラッグストアなどで普通に売られているダイエット薬。

2つ目は、病院で受け取る事が出来る処方薬。

そして3つ目が、ネット販売などを通じて個人的に仕入れる事が出来るダイエット薬です。

1つ目と2つ目に関しては国内で正式に認可を受けているダイエット薬ですから、正しく服用していれば問題は無い筈です。

ところが3つ目に関しては認可を受けていない場合もある訳ですから、その安全性については注意が必要です。

そうしたダイエット薬は製造元の信頼性に疑いがあったり、痩せる効果が全く無かったり、あるいは危険な成分が含まれている可能性もあるでしょう。

つまり痩せる薬の中には、安全性が低く得体の知れない製品もあるという事です。

外国製のダイエット薬で死亡事故?

ですから個人でダイエット薬を入手し、服用によって何かが起こった場合には自己責任という事になります。

実際に、過去には個人的に仕入れたタイ製のダイエット薬を服用していた女性の突然死が何件か起こっています。

女性の死因が痩せる薬の使用によるものとは断定できませんが、その薬には日本国内では認可されていない食欲抑制剤が含まれていたそうです。

ごく普通に考えれば、痩せる薬の力で強制的に食欲を抑えるのですから、身体に何らかの異変が生じてもおかしくはありません。

また死に至らないにしても、同じタイ製のダイエット薬を服用する事で様々な副作用が現れたという報告が多数寄せられています。

ダイエット薬は安全性が第一

こうした事実からも、特に国外などから手に入れるダイエット薬は安全性に大きな問題がある訳です。

確かに、飲むだけでお腹の皮下脂肪を落とすと言われるダイエット薬は魅力的かもしれません。

しかし派手な宣伝文句に惑わされ、そうした薬に安易に手を出してしまうのは非常に危険です。

ですから、お腹の皮下脂肪を落とす目的でダイエット薬を利用する場合には、出来るだけ安全性が高いものを選ぶ必要があります。

そこで正しく服用していれば安全性に問題は無いとされ、一般的に広く利用されている3つのダイエット薬を紹介したいと思います。

スポンサードリンク


(2)お腹の肉を落とすダイエット薬の効果!脂肪の吸収を抑えるなら『ゼ二カル』

お腹の肉を落とすダイエット薬で良く知られているのがゼ二カルです。

この薬は日本では認可されていませんが、アメリカなどの世界17か国で利用されている事もあり安全性は高いと言われています。

ただし、日本では不認可のためドラッグストアでは販売されていませんが、ネットなどで個人の輸入代行業者を通じて入手する事は可能です。

ゼ二カルのダイエット効果とは?

私たちが食事から摂取する脂肪分は中性脂肪という安定した状態にあり、そのままでは身体に吸収する事が出来ません。

そこで消化の途中で脂肪分解酵素のリパーゼが働いて、中性脂肪は脂肪酸などに細かく分解されて小腸から吸収されるのです。

ゼ二カルはこのリパーゼの働きを阻害するので、分解されずに吸収されなかった脂肪分はそのまま便として排出される訳です。

こうした効果によって、ゼニカルを服用すれば痩せると言われています。

ゼ二カルの副作用

ただし、ゼ二カルを服用する事によって幾つかの副作用も生じます。

まず1つ目は便に油分が多く混じる、あるいは油分が漏れ出してしまうという事です。

つまりお腹が緩くなり、油分で下着を汚してしまう面倒が生じてしまうのです。

特にくしゃみなどをして、お腹に不意に力が入ってしまう時は要注意です。

また脂肪の吸収が大幅にカットされるので、それと同時に脂溶性ビタミンの吸収も低下してしまいます。

脂溶性ビタミンとは脂肪に溶けやすい性質を持ったビタミンで、脂肪と一緒に摂取する事で吸収率が上がります。

ビタミンA、D、E、Kがそれにあたります。

ですからゼニカルを服用する場合は、サプリメントなどで脂溶性ビタミンの不足を補うと良いでしょう。

(3)お腹の皮下脂肪を落とすダイエット薬の効果!糖質の吸収を抑えるなら『グルコバイ』

お腹の皮下脂肪を落とすダイエット薬の2つ目はグルコバイです。

この薬は糖尿病の治療に使われている処方薬ですから、ダイエット目的では処方されません。

ただし輸入代行業者を通じて手に入れる事は可能です。

グルコバイのダイエット効果とは?

糖分、あるいは御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に含まれている糖質は、身体のエネルギー源になる栄養素です。

しかし食べ過ぎた分は皮下脂肪に変わって予備エネルギーとして蓄えられます。

グルコバイは、この糖質の吸収を邪魔する働きがあるのです。

糖質は、消化酵素のグルコシダーゼによってブドウ糖に分解されて体内へと吸収されるのですが、グルコバイはグルコシダーゼの働きを弱めます。

その結果、糖質の吸収が穏やかになるので血糖値の急上昇が抑えられる訳です。

ですから、インスリンの働きが低下している糖尿病の人には有効です。

また血糖値の急激な上昇を抑える事で、余分な糖質が脂肪に変わるのを防ぎます。

これが、グルコバイを服用するとお腹の皮下脂肪を落とす効果が高まる理由です。

グルコバイの副作用

ただし、ダイエット薬の力で消化酵素の働きを弱める事は、ある意味で消化不良を起こす事でもある訳です。

その結果として、お腹が張ってゴロゴロする、便が軟らかくなる、排便の回数が増える、オナラが増えるといった副作用もあるそうです。

また珍しいケースとして、頭痛、腹痛、吐き気などの重い副作用が現れる場合もあります。

このように、痩せる薬というのは効果や副作用については個人差が大きく、同じ薬でも身体に合う人と合わない人がいます。

ですから正しく服用しているにもかかわらず、特に身体に異変を感じる場合は使用を中止するべきでしょう。

いかなる種類であれ、痩せる薬というのは身体に強制的な働きかけを行う訳ですから、その歪みが何らかの症状として現れるのは至極当然の事なのです。

もし身体の負担を軽くするのであれば、ダイエット薬は出来る限り使用しないに越した事はありません。

スポンサードリンク


(4)お腹の皮下脂肪を落とすダイエット薬の効果!食欲を抑えるなら『サノレックス』

お腹の皮下脂肪を落とす3つ目のダイエット薬はサノレックスです。

この薬は国内の病院において、重度の肥満と認定された患者にのみ保険適用で処方されます。

ですから単なるダイエット目的では処方されません。

ただ美容外科などでは手に入れる事も出来るらしいのですが、その場合は保険適用外である為に1錠1,000円あたりが相場のようです。

なお、この薬は向精神薬に分類される為に国内輸入は禁止されており、輸入代行業者を通じても入手は困難です。

向精神薬というのは、簡単に言うと脳に作用する事で精神に影響を与える薬です。

こうした意味においては、麻薬や覚せい剤と同じという事になります。

ですから、使用方法によっては大きな危険性を伴うので輸入を禁止しているのです。

サノレックスのダイエット効果とは?

サノレックスは国内で認可されている唯一の食欲抑制剤です。

このダイエット薬は、脳の満腹中枢に働きかけて強制的に食欲を抑える働きがあります。

食欲を抑えれば過食を防止できますから、お腹の脂肪を落とす効果が高まります。

ただし、不必要に食欲を抑えてしまうと栄養不足になる可能性がありますから、あくまでも余計な食欲を抑える目的で使用する事が大切です。

また、代謝を良くしてエネルギー消費を促進させる働きもあるそうです。

こうした理由から、サノレックスを服用する事でお腹の皮下脂肪を落とす効果が高まる訳です。

サノレックスの副作用

サノレックスは向精神薬という性質上、使用においても厳しい制限が設けられています。

それは1か月以上に渡って服用しても、痩せる効果が現れなければ使用を中止する、あるいは服用については3か月が限度といったものです。

服用による症状としては緊張感が高まったり、注意力が低下して気が緩む事もあるそうです。

また副作用として、口の渇き、吐き気、便秘、不眠、頭痛、動悸などを起こす場合があります。

更にひどくなると、息切れ、胸の痛みなどの症状が出る事もあります。

なお長期に渡って多量に使用した場合は依存性が高まり、使用を中止する際には強い不安感や幻覚などを伴う事もあるそうです。

これは向精神薬に特有の禁断症状だと思われますが、使用量を徐々に減らす事でそうした症状は軽減されるそうです。

いずれにしても、向精神薬は特に使用上の注意が必要となります。

(5)痩せる薬は魔法のように、お腹の皮下脂肪を落とすのか?

ここまで、痩せると言われる3種類の薬を見てきた訳ですが、そのどれもが魔法のようにお腹の皮下脂肪を落とす訳ではありません。

これらのダイエット薬に共通しているのは、脂肪を増やしてしまう原因を強制的に抑え込む効果がある事です。

しかし痩せる薬の力を借りなくても、脂肪や糖質の吸収を抑えるのであればサプリメントやお茶にも同じ働きがあります。

そのダイエット効果は薬より低いかもしれませんが、副作用の心配はほとんどありません。

参考記事はコチラ⇒皮下脂肪を減らす食べ物とサプリ!脂肪燃焼のメカニズムとは?

また満腹中枢を刺激して食欲を抑えるなら、ダイエット薬の力を借りなくても食事の前に水を飲む、あるいは良く噛んで食べるという方法もあります。

しかしダイエット薬に頼ってしまうのは、その効果の大きさ故なのでしょうが、同時に身体は大きな負担を強いられます。

つまり、痩せる薬の副作用は身体の拒絶反応を意味しているという事になります。

あなたは、それでもダイエット薬を飲みますか?

スポンサードリンク


まとめ

(1)ネット通販などで海外から痩せる薬を購入する際は、安全性に十分な注意をする必要があります。

(2)ダイエット系の西洋薬は、身体へ強制的に働きかけて一時的に脂肪が付きにくい状態にする働きがあります。

一般的に使用されているのは次の3種類です。

  • ゼニカル→脂肪の吸収を抑える
  • グルコバイ→糖質の吸収を抑える
  • サノレックス→食欲を抑える

いかがでしょうか。お腹の皮下脂肪を落とす薬はダイエット効果を高めますが、同時に副作用を伴う危険性もあります。

使用については自己責任ですから、くれぐれも安全性には注意が必要です。

おすすめ記事はコチラ⇒皮下脂肪を減らす、おすすめ漢方薬!「防風通聖散」のダイエット効果

脂肪を落とすなら、漢方薬がおすすめ

薬と言えば西洋薬が主流ですが、最近では医療業界などでも漢方薬が注目されています。

その大きな違いは、西洋薬が化学成分を使用しているのに対して、漢方薬は自然の生薬成分を使用している点です。

また、西洋薬は一時的に症状を緩和する効果がありますが、漢方薬は体質を変えて根本から症状を改善する効果が期待できます。

それは、ダイエットについても同じ事が言えるでしょう。

例えば、皮下脂肪や内蔵脂肪を減らす漢方薬の中でも特に人気があるのは、生漢煎【防風通聖散】です。

この製品は満量処方と呼ばれ、最大量の生薬成分が配合されていますから効果の方も高くなっています。

あなたも、漢方薬で痩せる体質に変えてみてはいかがですか?

痩せないダイエットを続けている場合には、大きな効果が期待できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =