女性のメタボ基準は腹囲(ウエスト)何センチ?平均値や男性との違い

本気で痩せたい方

↓   ↓   ↓   ↓

※    ※    ※

女性の腹囲(ウエスト)のメタボ基準値は、男性に比べると極めて甘い数値であるのをご存知ですか?

 

これに対して専門家の間では、適正な数値は80cmであるという意見も広がっています。

 

そんな中で、将来的には女性のメタボ基準値が大幅に引き下がる可能性もあります。

 

仮に新基準になると、今のあなたは隠れメタボに当てはまるかもしれません。

 

そこで今回は、女性のメタボと腹囲(ウエスト)の平均値について解説したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

【目次】

(1)女性のメタボ基準値は、腹囲(ウエスト)90cmから引き下げの可能性も…

  • 女性には甘い!日本のメタボ基準
  • 基準値に反発の声が多数!
  • 40代以上の腹囲(ウエスト)の平均値
  • もし、女性の基準値が引き下げられると…
  • 20代~30代の腹囲(ウエスト)の平均値は?

(2)メタボの診断基準と腹囲(ウエスト)の正しい測り方

  • メタボの診断基準
  • 腹囲(ウエスト)の正しい測り方

(3)更年期の女性はメタボ体質になる!?腹囲(ウエスト)がポッコリなら要注意

  • 女性ホルモンと内臓脂肪の関係
  • 注意!更年期は内臓脂肪が増加する
  • 脂肪を減らすなら、サプリよりも漢方薬がおすすめ

(4)女性のメタボ基準は疑問!これが、腹囲(ウエスト)の適正なチェック方法

  • 「ウエスト・身長比」で腹回りをチェック
  • 「ウエスト・ヒップ比」で体型をチェック
  • 注意!メタボは自覚症状が無い

(5)女性向け!腹囲(ウエスト)が基準値を超えないメタボ予防の食事

  • 女性ホルモンの減少を抑える食べ物
  • メタボ改善には糖質制限が最適
  • 糖質を制限すると脂肪が燃える
  • 糖質制限ダイエットの注意点
  • タンパク質はダイエットに最適な栄養素
  • ジャンクフードはメタボの大敵!

(6)メタボ改善に「お茶」が効く

まとめ

(1)女性のメタボ基準値は、腹囲(ウエスト)90cmから引き下げの可能性も…

メタボの腹囲(ウエスト)基準値は現在のところ、

 

・男性が85cm以上

・女性が90cm以上

 

となっています。

 

ただし、メタボは皮下脂肪ではなく内臓脂肪が増加した状態ですから、

 

いわゆる、ポッコリお腹が目立つ場合にはメタボの可能性が高くなります。

 

女性には甘い!日本のメタボ基準

 

今のメタボ基準でいくと、中高年の男性は2人に1人の割合、

 

女性は5人に1人の割合でメタボの疑いがあると言われています。

 

ちなみに女性の腹囲(ウエスト)の基準が90cm以上というのは、世界的に見てもかなり甘いようです。

 

例えばヨーロッパや他のアジア女性は80cm以上、肥満大国のアメリカでさえ89cm以上です。

 

更に女性が男性の基準を上回っているのは日本だけだそうです。

 

基準値に反発の声が多数!

 

これに対して、国際糖尿病連合が主張するメタボ基準の適正な腹囲(ウエスト)の数値は、

 

男性で90cm、女性は80cmとなっています。

 

こうした実情の中で、将来的には女性のメタボ基準が、

 

腹囲(ウエスト)80cm前後に引き下げられる可能性が高まっています。

 

さて、あなたは女性のメタボ基準値について、どう思われますか?

 

40代以上の腹囲(ウエスト)の平均値

 

ここで、男性と女性のウエスト平均値の調査報告をご覧ください。(提供:経済産業省)

 

 

ご覧の通り、男性のウエスト平均値は、メタボ基準である85cmとほぼ同じである事が分かります。

 

そして、グラフを見る限りでは、男性の約8割近くがメタボの基準値を上回っています。

 

ですから、男性にとってのメタボ基準というのは、かなりシビアだと思いませんか?

 

一方の女性について見てみると、腹囲(ウエスト)90cmは平均値をはるかに上回っている事が分かります。

 

これで、あなたはメタボの疑いナシと安心できるかもしれません。

 

もし、女性の基準値が引き下げられると…

 

しかし仮に基準値が80cmに引き下げられたとすれば、女性のメタボは少なからず増加する筈です。

 

つまり、現状においては将来的なメタボ女性が、ある一定の数だけ潜んでいる事になります。

 

しかも注目すべきなのは、女性の腹囲(ウエスト)が40代の半ばから50代、

 

そして60代に向かって右肩上がりの増加傾向にある点です。

 

これは、数値の平均がほぼ横ばいである男性の傾向とは大きく異なっています。

 

一体どういう事なのでしょうか?

 

既にお気付きの方もいると思いますが、女性の腹囲が増加を始める時期と更年期が重なっているのです。

 

20代~30代の腹囲(ウエスト)の平均値は?

 

ちなみに、メタボの発症率の少ない20代、30代の腹囲(ウエスト)の平均値も見ておきましょう。

 

年齢別と身長別に分けると、以下の通りです。

 

「年齢別の腹囲(ウエスト)の平均値」

(単位:cm)

・20~24歳⇒男性:72,9/女性:67,0

・25~29歳⇒男性:77,9/女性:67,6

・30~34歳⇒男性:81,5/女性:68,1

・35~39歳⇒男性:83,5/女性:69,3

 

「身長別の腹囲(ウエスト)の平均値」

(単位:cm)

身長164⇒20代男性:72,4/20代女性:64,5

ーーーー–30代男性:79,1/30代女性:65,9

身長168⇒20代男性:74,2/20代女性:66,2

ーーーー–30代男性:81,0/30代女性:67,6

身長174⇒20代男性:76,9/20代女性:68,7

ーーーー–30代男性:83,9/30代女性:70,2

身長178⇒20代男性:78,6/20代女性:70,4

ーーーー–30代男性:85,8/30代女性:72,0

(2)メタボの診断基準と腹囲(ウエスト)の正しい測り方

ではここで、メタボの診断基準と腹囲(ウエスト)の正しい測り方について解説しておきます。

 

メタボの診断基準

 

まず腹囲(ウエスト)については、

 

・男性が85cm以上

・女性が90cm以上

 

を満たしており、

 

更に高血圧、高血糖、脂質異常のうちの、2つに該当する場合にメタボと診断されます。

 

※ちなみに子供の腹囲(ウエスト)のメタボ基準値は、

 

・中学生が80cm以上

・小学生が75cm以上

 

もしくは

 

腹囲(cm)÷身長(cm)=0,5以上

 

となっています。

 

腹囲(ウエスト)の正しい測り方

 

そして、腹囲(ウエスト)の正しい測り方は以下の通りです。

 

①食後は避けて、なるべく空腹時に測ります。

②腹部を圧迫するベルトなどを外し、両足を揃えて立ち、腕を下ろします。

③メジャーをおへその部分に水平に当てます。

④お腹の測定部分の横断面が、床と水平になるのをイメージします。

⑤普通に息を吐き切った時に測ります。

 

なお、厳密にいうと、骨盤と肋骨の間の骨にかからない位置で測るのが正確であるそうです。

 

というのも、女性の場合は骨盤が大きいので、おへその位置で測ると骨盤にかかってしまう場合があるからです。

 

以上の方法で腹囲(ウエスト)を測定し、基準値を満たしていればメタボの疑いアリという事になります。

 

その場合、メタボかどうかを診断するには、高血圧、高血糖、脂質異常の検査が必要となります。

 

スポンサードリンク


 

(3)更年期の女性はメタボ体質になる!?腹囲(ウエスト)がポッコリなら要注意

まずは、年齢の推移と女性ホルモンの分泌を表したグラフをご覧ください。

(2012,3/5 厚生労働省主催「女性の健康習慣イベント」より抜粋)

 

 

ご覧の通り、女性ホルモンは40代になると急激に減少し始めます。

 

このホルモンバランスの変化により女性の体質は大きく変化します。

 

女性ホルモンと内臓脂肪の関係

 

一般的に、女性は男性に比べてメタボになりにくいと言われています。

 

それは、女性ホルモンのエストロゲンの働きによるものです。

 

エストロゲンは女性の身体に皮下脂肪を増やし、ふっくらとした体型にします。

 

また、エストロゲンは脂肪の代謝を活発にするので、内臓脂肪の増加を抑える働きがあります。

 

つまり女性の身体はエストロゲンの働きで、皮下脂肪が付きやすく内臓脂肪が付きにくい傾向がある訳です。

 

これは、皮下脂肪よりも内蔵脂肪が付きやすい男性とは逆の傾向です。

 

注意!更年期は内蔵脂肪が増加する

 

ところが、更年期になるとエストロゲンの分泌が減少します。

 

すると、脂肪の代謝が悪くなり内蔵脂肪が溜まりやすくなります。

 

更に、この時期になると筋肉の量も落ちてきますから基礎代謝も下がってきます。

 

すると日常的な消費カロリーが減少し、今までと同じ様に食べていたとしても太りやすくなる訳です。

 

あなたは、更年期を迎えてから腹囲(ウエスト)が増加していませんか?

 

もし、ポッコリお腹が気になるようであれば、それはメタボの兆候かもしれません。

 

その場合は、筋肉の減少に伴う基礎代謝の低下を防ぐ必要があります。

 

基礎代謝を高める為には、例え短時間であっても日頃から筋トレ運動を行い、

 

筋肉に適度な刺激を与えておく事が大切です。

 

特にお腹の筋肉が減少すると、腹回りのたるみが原因で体型が崩れやすくなりますから要注意です。

参考記事お腹回りはラクラク体操で引き締め!これが、超簡単な9つの方法です

 

脂肪を減らすなら、サプリよりも漢方薬がおすすめ

 

 

加齢と共に体質が変化してくると、ダイエットの効果は現れにくくなるものです。

 

あなたも、ダイエットしているのに上手く痩せないと思う事はありませんか?

 

もしそうであれば、漢方薬で体質を改善しながらダイエットを行えば良いかと思います。

 

例えば、サプリの場合はダイエット効果をサポート的に高めますが、

 

漢方薬は効果や効能が認められた医薬品ですから、その効果はサプリよりも有効と言えます。

 

脂肪を減らす漢方薬といえば、生漢煎【防風通聖散】がおすすめです。

 

この製品は満量処方となっており、最大量の生薬成分が配合されています。

 

ですから効果の方も高くなっており、余分な脂肪を減らしたい方には非常に人気があります。

 

これまでに、何をやっても上手く痩せなかったという中高年の方は、

 

一度、漢方薬の優れた効果をお試しになるのも良いかと思います。

 

今なら、初回が特別価格の半額⇒3,900円となっていますから、かなりお得にお試しいただけます。

 

公式サイトを見る

>>>生漢煎【防風通聖散】のお試しはこちらから

(4)女性のメタボ基準は疑問!?これが、腹囲(ウエスト)の適正なチェック方法

もし、腹回りのポッコリが気になる場合は、あなた自身でメタボチェックを行ってみてはいかがでしょうか?

 

ただし、メタボ基準の腹囲(ウエスト)90cmは適正に問題があります。

 

なぜなら専門家からも疑問の声が上がっていますし、

 

メタボ基準そのものが身長や体格といった個人差を考慮していません。

 

そこで個人差も計算に入れた、より信頼性の高いメタボチェックの方法を2つご紹介しておきましょう。

 

「ウエスト・身長比」で腹回りをチェック

 

まず1つ目が、「ウエスト・身長比」です。

 

これは腹囲と身長から腹回りの肥満度をチェックします。

 

その計算方法は次の通りです。

「ウエスト・身長比」→ウエスト(cm)÷身長(cm)

 

この数値が0,5以上なら腹囲(ウエスト)が肥満と見なされますからメタボの疑いアリです。

 

「ウエスト・ヒップ比」で体型をチェック

 

2つ目は、「ウエスト・ヒップ比」です。

 

これは体型的にメタボに近いかどうかを判定する方法です。

 

その計算方法は次の通りです。

「ウエスト・ヒップ比」→ウエスト(cm)÷ヒップ(cm)

 

・数値が0,8以上リンゴ体型(男性は1,0以上)

「リンゴ体型」は腹囲がリンゴの様に膨らんで見える状態で、いわゆるポッコリお腹と呼ばれるメタボ特有の体型です。

一般的には男性に多く見られる体型ですが、女性も更年期になると増えてくるので要注意です。

 

・数値が0,7以下洋ナシ体型

一方の「洋ナシ体型」はウエストから下のヒップや太ももが膨らんで見える状態で、ちょうど洋ナシの形に似ています。

一般的には皮下脂肪の多い女性によく見られる体型で、メタボの可能性は低いです。

 

さて、あなたの体型はどちらに当てはまりますか?

 

注意!メタボは自覚症状が無い

 

これらの測定でメタボの疑いアリの場合は、

 

病院で、高血圧、高血糖、脂質異常の検査を受ける事をお勧めします。

 

検査の結果、このうちの2つの症状が認められるとメタボと診断されます。

 

なお、メタボはほとんど自覚症状がありませんから、

 

多少は腹囲(ウエスト)が大きくなっても特に気にしないという人もいます。

 

しかし、メタボになると生活習慣病のリスクが高まりますから要注意です。

参考記事メタボの悪影響を知ったら怖い!身体に起こる3つの異変とは?

 

スポンサードリンク


 

(5)女性向け!腹囲(ウエスト)が基準値を超えないメタボ予防の食事

メタボ対策には日頃の食生活の見直しが非常に重要です。

 

女性について言えば、更年期を迎えて女性ホルモンが減少すると、満腹ホルモンのレプチンの分泌が減少します。

 

そして厄介な事に、逆に空腹ホルモンのグレリンが増加するのです。

 

すると、食欲が湧きやすくなるので食べ過ぎの傾向が強くなる訳です。

 

そこで、メタボを予防する食事について見ていきましょう。

 

女性ホルモンの減少を抑える食べ物

 

大豆製品には、植物性エストロゲンの一種であるイソフラボンが含まれています。

 

女性の方なら、よくご存じではないでしょうか。

 

そこで、おすすめの食べ物は、納豆、豆腐、おから、みそ、厚揚げ、豆乳などです。

 

また、卵はエストロゲンを作る材料になります。

 

更に、アーモンド、モロヘイヤ、かぼちゃ、アボガドなどに含まれるビタミンEは、エストロゲンの生成を促します。

 

メタボ改善には糖質制限が最適

 

最近、糖質(炭水化物)制限ダイエットが流行っています。

 

これは、メタボ解消には非常に効果的な方法です。

参考記事炭水化物ダイエットで、お腹回りが痩せる!酵母の力で糖質分解

 

上手く行えば、ポッコリと大きくなった腹囲が意外と簡単に凹みます。

 

なぜなら、内臓脂肪は日常的にエネルギー利用されやすいので、皮下脂肪よりも落ちるのが早いからです。

 

糖質を制限すると脂肪が燃える

 

糖質は糖分の他にも御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に多く含まれており、

 

身体を動かすエネルギー源となる栄養素です。

 

しかし、食べ過ぎた分は中性脂肪に作り変えられて体脂肪に変わります。

 

また、糖質はエネルギーとして優先的に使われますが、

 

脂肪は予備のエネルギーなので身体に溜まりやすいのです。

 

ですから、糖質の摂取を減らしてエネルギー不足の状態にすれば、

 

予備エネルギーの体脂肪が燃えて痩せやすくなります。

 

これが糖質制限ダイエットの原理です。

 

糖質制限ダイエットの注意点

 

ただし、単に糖質の摂取を減らす事によって、カロリー不足にならないようにしましょう。

 

必要なカロリーが不足すれば、無駄に脂肪をエネルギーに変えるよりも、

 

消費カロリーを減らした方が効率が良いと脳は考えます。

 

その結果、カロリー消費の多い筋肉が減らされて、体脂肪は上手く落ちないという事になります。

 

ですから、メタボを解消するためには、必要なカロリーを確保しながら糖質制限を行う事が重要なのです。

 

タンパク質はダイエットに最適な栄養素

 

そこで、糖質を控えた分は、肉、魚、卵、大豆製品などに多く含まれるタンパク質をしっかり摂りましょう。

 

タンパク質というのは体脂肪に変わりにくいので、ダイエットするには最適な栄養素なのです。

 

なぜなら、脂質や糖質などとは異なり、タンパク質は余った分が体外へと排出されやすいからです。

 

ですから、メタボ解消には辛い食事制限やカロリー制限は必要ありません。

 

糖質さえ控えておけば、あとはタンパク質を中心にしっかりと食べれば痩せられるのです。

 

ジャンクフードはメタボの大敵!

 

お菓子、インスタントラーメン、ファーストフード、ジュースなどのジャンクフードはメタボの大敵です!

 

「ジャンク」とは英語で「がらくた」「屑」という意味ですから、食べ物としては最悪です。

 

そして、ジャンクフードの定義とは、「高カロリー、高塩分、または多量の砂糖を含む食品」ですから、

 

まさに、太るための食べ物という事になります。

 

ですから、小腹が空いた時にはお菓子を食べるよりも、ナッツ類、スルメ、コンブなどの自然食がおすすめです。

 

ちなみに、ジャンクフードは麻薬と同じような中毒性がある事が分かっています。

 

特に、脂肪分と糖分を多く含んでいるスナック菓子は脳内の快楽中枢を刺激します。

 

ですから食べ始めるといくらでも欲しくなり、つい手が伸びて止まらなくなるのです。

 

スポンサードリンク


 

(6)メタボ改善に「お茶」が効く

では最後に、メタボ改善に優れた効果があると言われている「お茶」をご紹介しておきましょう。

 

効能別に分けると次の通りです。

 

「ギムマネ茶・桑の葉茶」

糖質の吸収を抑える働きがありますから、食事中に飲むとメタボ対策になります。

 

「ウーロン茶・プーアル茶」

脂肪の吸収を抑える働きがありますから、脂っこいものを食べる時に飲むと効果的です。

 

「緑茶・プーアル茶・ゴーヤ茶・ガルシア茶」

体脂肪の燃焼を高めるので、運動前や日常生活で身体を動かす時に飲むと良いでしょう。

 

「ゴボウ茶・黒豆茶・杜仲茶」

メタボの症状である高血圧、高血糖、脂質異常を改善してくれる働きがあります。

まとめ

(1)女性のメタボ基準である腹囲(ウエスト)90cmは、将来的には80cm前後に引き下がる可能性があります。

(2)女性は更年期になると、女性ホルモンの減少でメタボ体質になります。

(3)個人の体格差を考慮した適正なメタボの判断基準。

・「ウエスト・身長比」→お腹回りの肥満度を測ります。

・「ウエスト・ヒップ比」→体型をチェックします。

(4)メタボ改善には、高タンパク低糖質な食事が効果的です。

いかがでしょうか。メタボは男性特有のものだと思われがちですが、女性も更年期になるとメタボ体質になるので要注意です。

身体の変化に合わせてメタボチェックを行い、適切な対策をとりましょう。

※    ※    ※

本当に効果のあるダイエット器具をお探しの方

↓   ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − four =