白髪になる原因と有効な対策!頭皮環境の改善で黒髪に戻るかも?

 

 

最近、白髪が増えてきたな…

 

あなたも、そう感じる事はありませんか?

 

何しろ、白髪が目立つと老けた印象が強くなりますから、

 

もう、これ以上は増やしたくないし、

 

できれば、減らしたいと思いますよね。

 

そんな時に、

 

白髪を抜くと、どうなるのだろう?

 

そう考える人もいると思います。

 

あなたも、白髪を抜いた経験はありますか?

 

これについては結論から先に言うと、

 

抜くのは、白髪対策にはおすすめできない

 

という事になります。

 

それよりも、

 

白髪を減らした方が良いと思いませんか?

 

えっ、白髪は減らせるのですか?

 

そこは、とても気になるところですよね。

 

でも、白髪になると元の黒髪には戻らないって、よく聞きますけど…

 

果たして、それは本当でしょうか?

 

では今から、

 

白髪は抜かない方が良い理由と、

 

本当に減らせるのかについて話していきたいと思います。

 



 

これが、白髪になる仕組み!抜くと、どうなる?

 

白髪対策を始める前に、

 

まずは、黒い髪の毛が生える仕組みについて理解しておきましょう。

 

髪の毛が生える仕組み

 

①毛母細胞から髪の毛が育つ

 

 

毛根の奥には毛母細胞があり、

 

そこへ、毛細血管から栄養が運ばれると、

 

初めは白い髪の毛が生えてきます。

 

つまり、黒い髪の毛は、元々は白髪だったという訳です。

 

②髪の毛が黒く着色される

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

メラノサイトと呼ばれる細胞からメラニン色素が生成されると、

 

成長途中の白い髪の毛が、黒く色付けされていきます。

 

③毛根から成長した髪の毛が生える

 

やがて、黒く成長した髪の毛が毛根から生えてきます。

 

ところが…

 

何らかの原因でメラノサイトの働きが弱まると、

 

髪の毛は黒く着色されないまま、

 

白髪の状態で生えてくる訳です。

 

ですから、仮に白髪を抜くと、

 

その毛根はメラノサイトの働きが弱まっていますから、

 

また同じように、白髪が生えてくるという訳です。

 

そして、何度も同じ白髪を抜くと毛根が痛んでしまい、

 

やがて、髪の毛が生えてこなくなる可能性もあります。

 

そうなると、今度は薄毛になるのが心配!

 

ですから、どうしても白髪が気になるのであれば、

 

抜くのではなく、根元から切って目立たなくする方が良いでしょう。

 



 

メラニン色素を増やすには?

 

ここまでのお話で、

 

毛根内のメラニン色素が減ると白髪になりやすい

 

という事はお分かりいただけたと思います。

 

じゃあ、メラニン色素を増やせば白髪は黒くなる!

 

あなたも、そう思われた筈です。

 

では、ここで、あなたに質問です。

 

そもそも、メラニン色素は何から作られると思いますか?

 

それは、タンパク質の一種であるチロシンです。

 

チロシンを多く含む食材は、チーズ、大豆、落花生、

 

果物なら、バナナ、アボカド、リンゴなどです。

 

また、ビタミンB6が豊富な、ニンニク、唐辛子

 

あるいは葉酸が豊富な、生うに、枝豆、レバーなどの食材を一緒に摂取すると、

 

チロシンの吸収が高まると言われています。

 

じゃあ、こうした食べ物をしっかりと摂取すれば、白髪が黒くなるのか?

 

というと、必ずしもそういう訳ではありません。

 

なぜなら、

 

メラニン色素の材料となるチロシンを摂取したとしても、

 

髪の毛が黒くなるのを邪魔する要因が幾つかあるからです。

 

では次に、その要因について見て行きましょう。

 

成長ホルモンの減少で白髪が増える?

 

白髪を増やす要因の1つとして、

 

成長ホルモンの減少

 

が考えられます。

 

この成長ホルモンの分泌量は、十代後半にピークを迎えると、

 

その後は、右肩下がりの著しい減少傾向にあります。

 

そして、30歳を過ぎてくると、ピーク時の約半分以下にまで減ってしまいます。

 

これが、白髪の原因は加齢によるものだと言われる理由です。

 

実際のところ、

 

成長ホルモンの投与によって、白髪が改善される

 

という事が分かってきているのです。

 

ただ、成長ホルモンの投与には高額な費用がかかります。

 

じゃあ、成長ホルモンの分泌を増やす方法は何かないのか?

 

という事になると思いますが、

 

実は、その方法は主に2つあります。

 

断食で成長ホルモンが増加

 

その1つ目が断食です。

 

断食では一切の固形物を食べずに、必要最低限の栄養を水分から摂り入れます。

 

すると身体の中で何が起こるのかというと、

 

消化のための酵素が不要になり、

 

体内の酵素が全て代謝に使われるのです。

 

そうすると、成長ホルモンの分泌が急激に増加して、

 

白髪の改善が期待できるという訳です。

 

その上、身体中でデトックスが起こるので、

 

体質が改善されて、体調が驚くほど良くなるそうです。

 

ただし、断食はやり方を間違えると、効果がない上に危険を伴う事もあるので、

 

できれば、専門家の指導を受けられる事をおすすめします。

 

キツイ運動で成長ホルモンが増加

 

そして2つ目が、ある一定の強い負荷のあるキツイ運動です。

 

なぜ、キツイ運動が成長ホルモンの分泌を増やすのか?

 

それは、キツイ運動を行うと身体に乳酸が溜まるからです。

 

この乳酸の発生に伴い、成長ホルモンの分泌が高まる事が分かっています。

 

具体的な運動でいうと、

 

ウエイトトレーニング、加圧トレーニングなどの筋トレ

 

を行うと、乳酸が溜まりやすくなります。

 

こうした運動は無酸素運動とも呼ばれ、

 

短時間で筋肉が疲労するような、短距離型の運動という事になります。

 

白髪を増やす過酸化水素って何?

 

近年、白髪になる要因として有力視されているのが、

 

過酸化水素

 

なのですが、何の事かよく分かりませんよね。

 

実は、この過酸化水素というのは活性酸素の一つです。

 

活性酸素という言葉はよく耳にすると思いますが、

 

それは、私たちが生きている限り日々作られる物質であり、

 

身体を酸化させる作用があるので、老化の要因にもなります。

 

そして、過酸化水素についていうと、

 

メラノサイトやメラニン色素が作られるのに必要な、

 

チロシナーゼと呼ばれる酵素を破壊する作用がある事が分かっています。

 

つまり、髪の毛が黒く着色されるのを邪魔するのです。

 

ただ、私たちの身体に元から備わっている、

 

カタラーゼと呼ばれる酵素には、

 

この過酸化水素を分解し、無害化する働きがあります。

 

しかし、

 

加齢と共に、カタラーゼの分泌量が減少すると、

 

体内に過酸化水素が溜まり、白髪が増えやすくなるという訳です。

 

では、過酸化水素による白髪の増加を抑えるには、

 

どのような対策が有効なのでしょうか?

 

実は、ストレスや過度な運動によって過酸化水素が大量に発生しますから、

 

この2つは、まず何よりも先に避けた方が良いでしょう。

 

実際のところ、強いストレスが続いた時期に、

 

白髪が大量に増えてしまったという話はよくあります。

 

そうは言っても、私たちはストレス社会に生きていますから…

 

確かに、ストレスの種は何かと尽きないですよね。

 

そこで、もう一つの対策ですが、

 

それは、過酸化水素を分解する酵素⇒「カタラーゼ」を増やすという事です。

 

そのために必要な栄養素は適量の鉄分で、

 

レバー、パセリ、しじみ、卵黄、大豆、貝類などに多く含まれています。

 

また、断食によってカタラーゼの分泌が増加するという研究報告もあります。

 

頭皮の環境を整えて白髪対策

 

さて、白髪の増加には様々な要因が絡んできますから、

 

この方法なら改善できる!

 

というような簡単な話ではありません。

 

ただ、一つ言えるのは、

 

白髪の増加を抑え、あるいは減らす可能性を高めるには、

 

日頃から頭皮環境を整えておくのが重要という事です。

 

例えば、

 

稲が育っている田んぼをイメージしてみて下さい。

 

ちょうど、頭皮から髪の毛が生えているのと同じですよね。

 

そして、栄養の豊富な田んぼでは、生き生きとした稲が育ちますが、

 

栄養が不足して荒れた田んぼでは、稲が枯れてしまう場合もあります。

 

これは、頭皮と髪の毛についても同じ事が言える訳です。

 

つまり、

 

頭皮環境が良ければ、生き生きとした黒髪が生えやすい

 

という事になります。

 

では、頭皮環境を整えるには何をすればよいのか?

 

という事になりますが、

 

まず、頭皮の血行を促進させるのが非常に有効となります。

 

なぜなら、毛根に栄養が行き届きやすくなりますし、

 

頭皮の代謝が上がる事で細胞も活性化します。

 

実際に、頭皮の血行を良くする事で白髪が改善したという体験談もありますから、

 

試しに、頭皮マッサージを始めてみるのも良いと思います。

 

そして、もう一つ、

 

頭皮環境を整える上で重要な事があります。

 

それは、

 

日頃から何気なく使用しているシャンプーです。

 

ちなみに、あなたは毎日どのようなシャンプーを使用されていますか?

 

シャンプーなんて、髪や頭皮の汚れさえ落ちれば何を使っても同じでしょう

 

そう思われる方もいるかもしれません。

 

確かに、どのようなシャンプーでも泡立ちはほぼ同じですよね。

 

しかし…

 

実際のところは、使用しているシャンプーによって、

 

髪の毛や頭皮に与える影響が大きく違ってくるのです。

 

例えば、泡立ちの良いシャンプーで油分を落とすだけなら、

 

髪の毛や頭皮の潤いが失われてしまいます。

 

田んぼで言うと、水不足で表面の土が乾いている状態です。

 

あるいは、

 

シャンプーに含まれる化学成分が毛穴から染み込んで、

 

髪の毛の成長に悪影響を与える場合もあります。

 

更に、

 

化学成分と天然成分の含有量によっては、

 

デリケートな髪の毛や頭皮への刺激の強さも違ってきます。

 

このように、私たちが日頃から何気なく使用しているシャンプーですが、

 

何を使うかによって、頭皮環境が大きく変わってくるという訳です。

 

ちなみに、

 

今、あなたが使用しているシャンプーは、

 

頭皮環境を悪くしていませんか?

 

もちろん、あなたの髪の毛が生き生きとしていれば問題はありません。

 

しかし、

 

・白髪が増えてきた

 

・髪の毛に以前のようなツヤがない

 

・髪の毛にコシがなくなってきた

 

というように、

 

もし、髪の毛が若さを失っている場合には、

 

シャンプーを変える事で頭皮環境が改善されると、

 

あなたの髪の毛が再び若さを取り戻す可能性が高まります。

 

そうかもしれないけれど、じゃあ、何のシャンプーを使えば良いのか…

 

確かに、シャンプーは種類が多いので迷いますよね。

 

もし、頭皮環境を整えて髪の毛の若さを保つのなら、

 

頭皮に活力と栄養を!アミノ酸で髪を守る、MONOVOブラックシャンプーなどは非常に人気があります。

 

一度、お試しになると良いかもしれません。

 

なお、白髪が改善したという体験談は確かにありますが、

 

その数は必ずしも多くはありません。

 

つまり、

 

いちど白髪になると、簡単には元の黒髪には戻らない

 

という事です。

 

ですから、白髪が増える前に、

 

一日でも早く、頭皮環境を整えておく事が重要なのです。

 



 

更に

 

シャンプーで髪の毛や頭皮に栄養を与えながら、

 

コチラの育毛ジェルと併用すれば、

>>>髪の悩みに!MONOVOの薬用育毛剤【ヘアトニックグロウジェル】

 

毛根内の血行促進の効果が期待できますから、

 

あなたの髪の毛はダブルの効果によって、

 

日に日に若さを取り戻す事でしょう。