効果的なマッサージのやり方!エステで皮下脂肪は落ちるのか?

本気で痩せたい方

↓   ↓   ↓   ↓

※    ※    ※

マッサージの効果とは何でしょうか?

 

例えば、エステでマッサージを受けるとウエストが細くなります。

 

もし皮下脂肪が落ちているとすれば、エステシャンの手は紛れもなくゴッドハンドです!

 

しかし、実際にはマッサージで皮下脂肪が落ちる訳ではありません。

 

そこで今回はマッサージによる効果と、その正しいやり方について解説します。

 

スポンサードリンク


 

【目次】

(1)エステのマッサージ効果で皮下脂肪は落ちない

  • むくみで皮下脂肪がブヨブヨになる
  • むくみの原因とは?
  • マッサージの、むくみ解消の効果
  • マッサージの基本的なやり方
  • マッサージで代謝がアップすると皮下脂肪が燃えやすくなる

(2)上半身の効果的なマッサージのやり方

  • 鎖骨はリンパの終着点
  • 首筋のマッサージのやり方
  • 腕のマッサージのやり方
  • 胸のマッサージのやり方
  • お腹のマッサージのやり方

(3)下半身の効果的なマッサージのやり方

  • 脚のマッサージのやり方
  • マッサージ効果を高める3つの方法

(4)エステで皮下脂肪を落とすなら、キャビテーションという方法がある

  • メスを使わずに皮下脂肪を除去
  • キャビテーションとは?

まとめ

(1)エステのマッサージ効果で皮下脂肪は落ちない

 

むくみで皮下脂肪がブヨブヨになる

 

食べ過ぎている訳でも運動不足でもないのに、なぜか皮下脂肪のブヨブヨが気になる事はありませんか?

 

それは贅肉が増えたのではなく、むくみが原因の可能性があります。

 

むくみは皮膚の下に余分な体液が溜まった状態ですから、腫れぼったくなり皮下脂肪が増えたように思える訳です。

 

では、むくみが起こる原因とは何でしょうか?

 

むくみの原因とは?

 

私たちの身体に必要な酸素や栄養は、動脈を流れる血液によって運ばれます。

 

動脈は最終的に細かく枝分かれして毛細血管となり、そこから細胞間液が染み出して酸素や栄養が細胞に届きます。

 

それと同時に、老廃物を回収した細胞間液は静脈やリンパ管から吸収されて循環します。

 

しかし、血液やリンパ液の流れが悪くなると、行き場を失った細胞間液が皮膚の下に溜まってしまう訳です。

 

これが、むくみの原因なのですが、人によってはパンパンに腫れる事もあります。

 

そこで、むくみの解消に有効となるのがマッサージです。

 

マッサージの、むくみ解消効果

 

血液は心臓のポンプの働きで勢いよく押し出されますが、その力は身体の末端に行くほど及ばなくなります。

 

また、リンパ管には心臓のようなポンプの機能さえ備わっていません。

 

では、体液は何の力によって循環しているのでしょうか?

 

その一つには、筋肉が収縮する事で血管やリンパ管に圧力が加わり、

 

中を流れている血液やリンパ液が押し流されるという原理が働いています。

 

この原理は、牛の乳絞りに似ている事からミルキングアクションと呼ばれています。

 

そしてマッサージで皮膚を揉む、擦る、押すといった動作がミルキングアクションの効果を生み出す訳です。

参考記事むくみが原因で、お腹回りが太る?効果的な解消法はマッサージ

 

マッサージの基本的なやり方

 

リンパ液の約70%は皮膚の表面を流れていますから、むくみ解消のマッサージは強い力で行う必要はありません。

 

ですから手のひらで優しく擦る、指先で軽く揉む、適度に押すといったやり方で十分に効果があります。

 

こうして皮膚表面のリンパ液の流れが良くなれば、それに連動して深層部のリンパ液にも流れが生じます。

 

もし、強く刺激し過ぎると毛細血管を傷付けたり、リンパ液が上手く流れない場合もあるので注意しておきましょう。

 

基本的にはリンパの流れに沿ってマッサージを行い、身体の各部分にあるリンパ節に向かってリンパ液を集めます。

 

リンパ節の場所については後ほど説明しますが、これはリンパ管の途中に見られるソラマメ状のコブの集まりで、

 

細菌やウイルスを無毒化するフィルターの役割があります。

 

マッサージで代謝がアップすると皮下脂肪が燃えやすくなる

 

この様に、マッサージはむくみ解消の効果がありますが、直接的に皮下脂肪を減らす訳ではありません

 

皮下脂肪を減らすなら、基本的には運動による体温上昇とカロリー消費が必要です。

 

しかし、マッサージを行ってむくみが解消すれば、皮下脂肪のブヨブヨが取れてスッキリします。

 

それが、エステでマッサージを受けるとウエストが一時的に細くなる理由です。

 

また、体液の循環が良くなれば代謝がアップしますから、それに伴って皮下脂肪が燃えやすい状態になります。

 

スポンサードリンク


 

(2)上半身の効果的なマッサージのやり方

ではエステに行かなくても、自宅で出来るセルフマッサージの効果的なやり方について解説します。

 

まず上半身をマッサージする場合は、首筋、腕、胸、お腹に分けて行います。

 

鎖骨はリンパの終着点

 

どこをマッサージするにしても、初めに鎖骨の部分をマッサージしておきましょう。

 

なぜなら、身体中に張り巡らされたリンパ管は、最終的に鎖骨の部分で静脈と合流するからです。

 

つまり、鎖骨のリンパは老廃物の吐き出し口になりますから、ちょうど排水溝のような部分に当たる訳です。

 

ですからマッサージの効果を高める上で、まずは排水溝の詰まりを無くしておく事が重要です。

 

鎖骨のリンパをマッサージする場合は、鎖骨の凹みを指で押し回す、

 

あるいは、人差し指と中指で鎖骨を挟んで擦るのが効果的です。

 

では、上半身の各部分のマッサージのやり方について見ていきましょう。

 

首筋のマッサージのやり方

 

①:耳下のリンパ節を指先で軽く押し回します。

②:首筋の上から鎖骨のリンパ節に向かって指で優しく撫で下ろします。

 

腕のマッサージのやり方

 

①:肘の内側のリンパ節を軽く押し回します。

②:指先から肘に向かって前腕を揉み解します。

③:指先から肘の内側のリンパ節に向かって手のひら全体で優しく擦ります。

④:脇下のリンパ節を軽く押し回します。

⑤:肘から肩にかけて上腕を軽く揉み解します。

⑥:肘から脇下のリンパ節に向かって手のひら全体で優しく擦ります。

 

胸のマッサージのやり方

 

①:脇下のリンパ節を軽く押し回します。

①:胸の中央から外側に向かって指全体で軽く押します。

②:胸の中央から脇下のリンパ節に向かって手のひら全体で優しく擦ります。

 

お腹のマッサージのやり方

 

お腹の場合はリンパの流れが少し複雑ですから、おへその上と下でマッサージのやり方が変わります。

 

①:脚の付け根のリンパ節を軽く押し回します。

②:へそ下から脚の付け根のリンパ節に向かって、手のひら全体で優しく擦り下ろします。

③:脇下のリンパ節を軽く押し回します。

④:へそ上から脇下のリンパ節に向かって、手のひら全体で優しく擦り上げます。

⑤:最後に、おへそから外に向かって円を描くように、指先でお腹全体を優しく擦ります。

 

スポンサードリンク


 

(3)下半身の効果的なマッサージのやり方

次は下半身ですが、足先まで運ばれた体液は重力に逆らって心臓へと戻らなくてはなりません。

 

ですから、下半身は上半身よりもむくみやすくなります。

 

そこで、一日の終わりに行う脚のマッサージは非常に重要です。

 

その効果的なやり方は次の通りです。

 

脚のマッサージのやり方

 

①:足の裏全体を親指で揉み解します。

②:足の指先から足首に向かって、手のひら全体で擦ります。

③:ヒザ裏のリンパ節を軽く押し回します。

④:ふくらはぎと、その表側を軽く揉み解します。

⑤:足首からヒザに向かって、ヒザ下を手で包み込むように擦ります。

⑥:脚の付け根のリンパ節を軽く揉み解します。

⑦:太股全体を両手で軽く揉み解します。

⑧:ヒザから脚の付け根のリンパ節に向かって、太股を手のひら全体で擦ります。

太股は範囲が広いので、前面、側面、裏面に分けてマッサージしましょう。

 

マッサージ効果を高める3つの方法

 

なお、マッサージの効果を高める上で有効なのが次の3つです。

 

①マッサージの前にコップ一杯の水を飲む

水を飲んでおくと、リンパ液の濃度が薄まりサラリとします。

すると、リンパ液がスムーズに流れやすくなります。

 

②リラックス状態で行う

リラックス状態にあると筋肉の緊張も解れていますから、マッサージの刺激が伝わりやすくなります。

こうした状態を作り出すためには、アロマを使ったり心地の良い音楽を流すと良いでしょう。

 

③マッサージ後に水分を補給する

マッサージで体液の流れが良くなったところで水分を補給すると、老廃物の排出効果が高まります。

(4)エステで皮下脂肪を落とすなら、キャビテーションという方法がある

メスを使わずに皮下脂肪を除去

 

では最後に、エステで皮下脂肪を落とす方法をご紹介したいと思います。

 

もちろん、一般的なマッサージで皮下脂肪が落ちる訳ではありません。

 

実は今、エステではメスを使わない最新の脂肪除去の施術が行われています。

 

それはキャビテーションと呼ばれ、簡単に言うと脂肪を溶かしてマッサージで流し出すという方法です。

 

では、その施術の流れを簡単に見てみましょう。

 

キャビテーションとは?

 

①皮下脂肪を減らしたい部分に機器を当て、超音波を流すと脂肪細胞の中に水泡が発生します。

②水泡が大きくなり脂肪細胞が限界まで膨張すると破裂し、中から脂肪分が流れ出します。

③エステシャンがマッサージを施し、溶けた脂肪分をリンパや血管へと押し流します。

④施術後に運動を行い、流れ出た脂肪分を燃焼すると更にダイエット効果が高まります。

 

これがエステで皮下脂肪を落とす方法です。

 

ちなみに、家庭用のキャビテーション機器を購入すれば、自宅でも簡単に行う事ができます。

 

例えば、楽天ランキング1位【美ルルキャビアップ】などは人気があり使用者の満足度も高くなっていますから、

 

エステの痩身メニューを自宅で、しかも低コストで行ってみたい方にはお試しの価値があると思います。

参考記事美ルルキャビの痩身効果が口コミで話題!これが自宅で脂肪を落とす器具

まとめ

いかがでしょうか。マッサージは直接的に皮下脂肪を減らす訳ではありませんが、血液やリンパの流れを促進させます。

するとむくみが解消し、更に代謝が活発になるので皮下脂肪が燃焼しやすい状態になります。

効果を高めるマッサージのやり方は次の3つです。

  • 力を入れ過ぎずに、優しく揉み解す、擦る、押すといった方法で行う
  • リンパの流れに沿って行う
  • 近くのリンパ節に向かってリンパ液を流す

もしエステで皮下脂肪を除去するなら、メスを使わないキャビテーションという方法があります。

 

合わせて読んでおきたい

お腹回りの脂肪を揉むと痩せるのか?その燃焼効果について

※    ※    ※

本当に効果のあるダイエット器具をお探しの方

↓   ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − fourteen =