ダイエットで、お腹回りのうきわ肉をスッキリ解消!効果的な3つの方法

本気で痩せたい方

↓   ↓   ↓   ↓

※    ※    ※

お腹回りを取り囲む、うきわの様なお肉!

 

あなたも、気になりますか?

 

皮下脂肪が増えてくると、お腹回りは全く手に負えない状態になります。

 

例えば、手でつかみ切れない程のうきわ肉は、ズボンの脇からはみ出してお腹回りに垂れ下がります。

 

この手強いうきわ肉を、ダイエットで何とかしたいですよね。

 

そこで今回は、うきわ肉を減らす徹底的なダイエットについて話します。

 

スポンサードリンク


 

【目次】

(1)これは手強い!お腹回りのうきわ肉を落とすのに、徹底的なダイエットが必要な理由とは?

  • あなたのお腹回りの贅肉は、どちらのタイプ?
  • 内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?
  • 皮下脂肪には落ちる順番がある!?
  • ダイエットで部分痩せは可能なのか?
  • 脂肪を減らすなら、漢方薬がおすすめ

(2)これが、運動でお腹回りのうきわ肉を減らす効果的なダイエット方法!

  • 痩せる運動の基本は筋トレ
  • 有酸素運動の留意点

(3)これが、食事でお腹回りのうきわ肉を減らす効果的なダイエット方法!

  • 糖質の摂取を減らす
  • タンパク質をメインで食べる
  • 水をたくさん飲む

(4)お腹回りのうきわ肉を落とす!ファスティングで短期集中ダイエット

  • ファスティングとは?
  • 2つの酵素の働き
  • 断食で起こる身体の変化
  • ファスティングの注意点

まとめ

(1)これは手強い!お腹回りのうきわ肉を落とすのに、徹底的なダイエットが必要な理由とは?

 

あなたのお腹回りの贅肉は、どちらのタイプ?

 

お腹回りの肉の付き方は人によって違います。

 

例えば、内臓脂肪が増加したメタボのポッコリお腹の場合は、

 

お腹回り全体がリンゴのように大きく膨らんでいるので、リンゴ体型とも呼ばれます。

 

また、お腹回りに皮下脂肪が増えると、うきわの様なお肉が手でたっぷりとつかめる状態になります。

 

このように、お腹回りの余分な肉というのは、内臓脂肪か皮下脂肪のいずれかになります。

 

さて、あなたのお腹回りはどちらの状態ですか?

 

ちなみに、内臓脂肪はダイエットで簡単に落とす事ができるのですが、皮下脂肪のうきわ肉はなかなか落ちません。

 

なぜなら、内臓脂肪と皮下脂肪は性質が大きく異なるからです。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

 

まず、内臓脂肪は代謝が盛んであり、日常的にエネルギー利用される脂肪なので、

 

増えやすく、そして落ちやすいのが大きな特徴です。

 

例えるなら普通預金みたいなもので、日頃から脂肪の増減が激しいという事です。

 

一方、皮下脂肪は食糧難などの飢餓に備えて蓄えられる脂肪であり、

 

長い時間をかけて蓄積され、落ちるのにも時間を要するのが大きな特徴です。

 

こちらは定期預金みたいなもので、何か特別な状況でない限りは増減の変動が少ない訳です。

 

また、内臓脂肪は脂肪細胞の数が変わる事はなく、細胞自体が大きくなると言われています。

 

これに対して、皮下脂肪は細胞がある程度まで大きくなると、新たに細胞の数を増やして増殖すると言われています。

 

これがメタボの内臓脂肪よりも、お腹回りのうきわ肉の方が落としにくい理由です。

 

皮下脂肪には落ちる順番がある!?

 

そうすると、ダイエットを始めた場合は先に内臓脂肪が落ち、その後から皮下脂肪が落ちていくという事になります。

 

そして、皮下脂肪には落ちる順番があって、基本的には身体の末端から中心に向かって次の順序で落ちていきます。

 

「手首・足首」→「前腕・ふくらはぎ」→「二の腕・肩」→「太もも」→「胸・顔」→「お腹回り」→「お尻」

 

ご覧の通り、ダイエットを始めた場合に腹回りのうきわ肉が落ちるのは、ほぼ最後の段階という事になります。

 

ダイエットで部分痩せは可能なのか?

 

そこで、あなたはこう考えるかもしれません。

 

お腹回りのうきわ肉だけを、部分的に落とすダイエットの方法はないのか?

 

残念ながら、医学的にもダイエットによる部分痩せは難しいと言われています。

 

そもそも、皮下脂肪が身体の中心に向かって順番に落ちていく生理的な反応に逆らって、

 

部分的に痩せるという事自体に無理があると思いませんか?

 

ですから、巷で言われている部分痩せダイエットに関して言うと、その信憑性は疑わしいという事になります。

 

もちろん、脂肪を落とすのではなく筋肉を付けて部分的に引き締める、

 

あるいは、マッサージでむくみを解消して一時的に細くする事は可能です。

 

しかし、それらの方法と脂肪を落とすダイエットは基本的に別物です。

 

ですから、お腹回りのうきわ肉をスッキリ落とすなら、正しいダイエットを地道に続けていきましょう。

 

脂肪を減らすなら、漢方薬がおすすめ

 

 

手強いうきわ肉を何とかしたい方は、体質的に痩せにくいという場合もあります。

 

あなたも、そうでしょうか?

 

その場合は、ダイエットを始めても効果が現れにくいかもしれません。

 

だったら、漢方薬で体質を改善しながらダイエットをしてみませんか?

 

例えば、西洋薬やサプリの場合は体質を変えるというよりも、

 

一時的に脂肪が燃えやすい、あるいは付きにくい状態にするのが主な特徴です。

 

これに対して、漢方薬は天然の生薬成分が体質を変化させ、その結果として自然に脂肪が落ちやすくなる訳です。

 

ですから、根本的な贅肉対策という点では漢方薬が有効という事になります。

 

脂肪を減らす漢方薬の中で特に人気なのが、生漢煎【防風通聖散】です。

 

この製品は満量処方となっており、市販の漢方薬の中では生薬成分の配合量が最大ですから、

 

効果においては定評があり、また人気も高くなっています。

 

手強いお腹のうきわ肉をできるだけ早く減らしたい方は、一度お試しになれば良いかと思います。

 

公式サイトを見る

>>>生漢煎【防風通聖散】のお試しはこちらから

(2)これが、運動でお腹回りのうきわ肉を減らす効果的なダイエット方法!

手強いお腹回りのうきわ肉を減らすには、出来るだけ効率良くダイエットを行う必要があります。

 

できれば、最小の努力で最大のダイエット効果を得たいですよね。

 

そこで、まずは効果的な運動方法について解説します。

 

痩せる運動の基本は筋トレ

 

お腹回りのうきわ肉を効果的に落とすには、まず脂肪燃焼体質なる必要があり、この時に有効となる運動が筋トレです。

 

筋トレは脂肪を直接的に燃やす運動ではありませんが、筋肉を付ける事によって基礎代謝が上がります。

 

基礎代謝が上がると、何もしなくても寝ている間にも消費カロリーが増加しますから、

 

その分だけ脂肪が燃えやすくなり、ダイエット効果が高まります。

 

つまり、筋肉は何かとエネルギーを食いますから、筋トレを行うと脂肪燃焼体質になれるという訳です。

参考記事お腹の肉を落とす筋トレの方法!これなら一日5分で簡単に出来る

 

有酸素運動の留意点

 

また、有酸素運動で直接的に脂肪を燃やす事で、お腹回りのうきわ肉を落としていきましょう。

 

ただし、有酸素運動はやり方を間違えるとダイエット効果が得られませんから、

 

少なくとも、次の4つの留意点は頭に入れておいて下さい。

 

①筋トレと並行しましょう

有酸素運動だけを習慣的に続けていると、身体は次第に少ないエネルギーで効率よく運動が出来る省エネ体質に変化します。

 

すると、消費カロリーの多い筋肉が落ちやすくなってきます。

 

例えば、マラソン選手のような細身の体型をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

 

こうした省エネ体質というのは、有酸素運動そのものには適していますが、

 

脂肪の燃焼効率が下がるので、お腹回りのうきわ肉は落ちにくくなります。

 

ですから、ダイエット目的で有酸素運動を行うのであれば、

 

脂肪燃焼体質を維持するために、筋トレと並行するのが望ましいという事になります。

 

②脂肪が燃焼しやすいのは空腹時

脂肪は予備のエネルギーですから、身体に糖質エネルギーが満たされている間は使われにくい状態です。

 

ですから、食事で糖質を摂取して血糖値が上がると、脂肪よりも糖質が優先的にエネルギー利用されます。

 

ところが、糖質エネルギーが不足してくると、血糖値の低下に伴って空腹感が増しますが、

 

この時間帯こそが、予備エネルギーの脂肪を燃やすタイミングになる訳です。

 

ですから、ダイエット目的で有酸素運動を行うのであれば、ベストなタイミングは空腹時という事になります。

 

③脂肪の燃焼効率が上がる運動強度は?

脂肪が燃焼するには酸素が必要なのですが、息が苦しくなるほどに運動強度を上げ過ぎてしまうと酸素不足の状態になります。

 

こうなると、脂肪エネルギーの利用配分が減り、糖質エネルギーの利用配分が増えてしまいます。

 

なぜなら、糖質は酸素が無くてもエネルギーに変わるからです。

 

ですから、有酸素運動は頑張り過ぎると、逆にお腹回りのうきわ肉は落ちにくくなる訳です。

 

そこで、運動中の脂肪の燃焼効率を高めるのなら、心拍数を最大値の50~65%に維持すれば良いとされています。

 

その心拍数ゾーンの計算方法は次の通りです。

↓   ↓   ↓

(心拍数)→(220-年齢)×(0,5~0,65)

 

感覚的には、軽く息が弾んで適度に汗ばむくらいの強度です。

 

④20分以上継続しましょう

運動によって体温が上昇すると、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化して脂肪燃焼の準備が始まります。

 

そして、脂肪が盛んに燃焼を始める脂肪燃焼ゾーンに入るまでには、少なくとも20分くらいは見ておきましょう。

 

ですから、有酸素運動は20分以上の継続をする事でダイエット効果が高まってきます。

 

スポンサードリンク


 

(3)これが、食事でお腹回りのうきわ肉を減らす効果的なダイエット方法!

今度は、食事でお腹回りのうきわ肉を減らす方法です。

 

その場合は、少なくとも次の3点は押さえておきましょう。

 

糖質の摂取を減らす

 

現代人が太る主な原因は糖質の摂り過ぎだと言われています。

 

糖質は糖分の他にも御飯、麺類、パンなどの主食と呼ばれる炭水化物に多く含まれており、

 

消化吸収されると、エネルギー源として肝臓や筋肉の貯蔵庫で一時的にストックされます。

 

その満タン量は1500キロカロリーほどで、コンビニサイズのおにぎりでいうと約9個分といったところですが、

 

それ以上に摂取した糖質は貯蔵庫に入り切らないので、中性脂肪に作り変えられて体脂肪になります。

 

ですから、糖質を一度にたくさん食べ過ぎてしまうと太りやすくなるので、

 

腹回りの余分なうきわ肉の増加を抑えるなら、糖質の摂取を控え目にしてみると良いでしょう。

 

そして、糖質の摂取を大幅に減らしてエネルギー不足の状態にすると、予備エネルギーの脂肪が燃えやすくなります。

 

これが、いわゆる糖質(炭水化物)制限ダイエットの目的です。

参考記事炭水化物ダイエットで、お腹回りが痩せる!酵母の力で糖質分解

 

タンパク質をメインで食べる

 

例えば、カロリー制限ダイエットは辛くてストレスも溜まりやすいので長続きしません。

 

だったら、太りやすい糖質の摂取を控え、太りにくい食べ物をしっかりと食べてカロリーを満たせば良い訳です。

 

では、何を食べれば良いのか?という事になる訳ですが、

 

例えばヘルシーな野菜だけではなく、肉、魚、卵、大豆製品などのタンパク食材も非常に太りにくい栄養源なのです。

 

例えば肉を食べると、その分だけお腹回りの贅肉が増えそうに思えるかもしれませんが、

 

赤身の肉ならタンパク質が豊富なので、実はたくさん食べても太りにくいのです。

 

ですから、糖質を控えた分だけ美味しいタンパク質の料理をしっかりと食べていれば、

 

辛い食事制限をしなくても痩せられるのです。

 

水をたくさん飲む

 

また、水をたくさん飲む事で脂肪が燃えやすくなります。

 

なぜなら、脂肪が燃焼するには水分が必要不可欠だからです。

 

まず、固形の脂肪を燃やすには水分で溶かさなければなりません。

 

そして、溶けた脂肪は血液によって全身に運ばれ、水分を介して各細胞に取り込まれて燃焼します。

 

また、脂肪の燃えカスは尿や汗といった水分と共に体外に排出されるのです。

 

この様に、脂肪燃焼の一連の過程においては水分が必要不可欠なので、

 

水分補給をしっかりと行っておけば、常に脂肪が燃えやすい状態をキープする事ができる訳です。

 

ちなみに、スタイルの良いモデルさんの多くが、1日に約2リットルの水を飲んでいるそうです。

参考記事女性向け!お腹の肉を落とす無理しないダイエット法!モデルも実践

 

スポンサードリンク


 

(4)お腹回りのうきわ肉を落とす!ファスティングで短期集中ダイエット

なかなか落ちない、お腹回りのうきわ肉を何とか短期間で落としたい!

 

あなたも、そう思いませんか?

 

実は1週間程度の超短期間で、集中的に脂肪を落としてしまう特別なダイエット方法があるのです。

 

それは断食で、よくファスティングなどと呼ばれるダイエット方法です。

 

ファスティングとは?

 

ただし断食と言っても、全くの飲まず食わずという訳ではなく、

 

固形の食べ物は一切口にせず、必要最低限の栄養を水分として補給します。

 

補給する栄養素はビタミン、ミネラル、アミノ酸、ブドウ糖、酵素液などです。

 

では、断食を行う事で身体に何が起こるのか?

 

2つの酵素の働き

 

食事をすると消化によって栄養が体内に吸収されますが、この時に必要なのが消化酵素です。

 

また、吸収された栄養は代謝により様々な形に作り変えられて体内利用されますが、この時に必要なのが代謝酵素です。

 

例えば、脂肪が燃焼してエネルギー利用されるのも代謝活動の1つです。

 

そして、分泌される酵素の量は決まっていて、一般的には消化酵素と代謝酵素の割合は8:2と言われています。

 

つまり、日頃から私たちの身体は食べ物を消化するのに忙しく、なかなか代謝に手が回らないという事です。

 

断食で起こる身体の変化

 

さて、断食を行うと消化酵素が使われませんから、その分だけ代謝酵素の割合が大幅に増加します。

 

すると、体内の代謝活動が一気に活性化して、体脂肪の燃焼も盛んに行われるのです。

 

つまり、断食は消化活動を休止状態にする事で代謝活動を最大限に高める効果がある訳です。

 

すると、脂肪の燃焼効果が高まるだけではなく、身体に溜まっていた老廃物や毒素まで排出されるそうです。

 

言ってみれば、断食は脂肪などの身体に溜まった余分な物質を短期間で取り除き、身体をすっきりとリセットする手段なのです。

 

こうした点で、ファスティングは短期間でお腹回りのうきわ肉を落とすには最適なダイエット方法と言えるでしょう。

 

ファスティングの注意点

 

一般的に、ファスティングは準備期間、断食期間、回復食期間の3つの期間に分けて行われます。

 

なぜなら、断食というのは普段と全く違う特別な食環境ですから、

 

身体を適応させる為に、その前後で予備の期間を設ける必要があるからです。

 

ですから、単に断食をすれば脂肪が上手く落ちるとは限りません。

 

それどころか、やり方を間違えると体調不良を起こす可能性もありますから、

 

行う際には専門家の指導を受ける事をおすすめします。

参考記事短期間でお腹の肉を落とす!これが一か月で皮下脂肪を減らす方法

まとめ

(1)お腹回りのうきわ肉を、ダイエットで部分的に落とす方法はありません。

(2)ダイエット効果を高める食事の方法。

  • 高タンパク低糖質な食事
  • 水をたくさん飲む

(3)ダイエット効果を高める運動の方法は、筋トレをメインにして有酸素運動をサブで行う事です。

(4)有酸素運動の留意点。

  • 筋トレと並行する
  • ベストタイミングは空腹時
  • 運動を開始して約20分で脂肪燃焼ゾーンに突入
  • ダイエット目的なら、軽く息が弾んで適度に汗ばむ強度が最適

(5)お腹回りのうきわ肉を短期間で落とすならファスティングが最適です。

いかがでしょうか。手強いお腹回りのうきわ肉を落とすには、地道で継続的なダイエットが必要です。

また大きな効果を期待するのであれば、ファスティングを試してみるのも良いかと思います。

 

合わせて読んでおきたい

人気でおすすめの加圧シャツ3選!プラシーボ効果で痩せる?

※    ※    ※

本当に効果のあるダイエット器具をお探しの方

↓   ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − seventeen =