お腹回りの、ぶよぶよの皮を解消!これで皮下脂肪が薄くなる

本気で痩せたい方

↓   ↓   ↓   ↓

※    ※    ※

正しいダイエットを行えば、内臓脂肪で大きくなったポッコリお腹は意外と簡単に凹みます。

 

しかし、ぶよぶよの皮下脂肪の皮はそう簡単には取れないので、

 

ぶよぶよを解消するには根気よくダイエットを続ける必要があります。

 

特に、お腹回りは皮下脂肪が付きやすく、しかも落ちにくいので厄介です。

 

そこで今回は、お腹回りのぶよぶよを解消する効果的な方法について話したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

【目次】

(1)ぶよぶよが気になる!なぜ、お腹回りの皮下脂肪は取れにくいのか?

  • 内臓脂肪は減りやすい
  • ぶよぶよの皮下脂肪は減りにくい
  • ダイエットで部分痩せは出来ない

(2)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!糖質制限で皮下脂肪を落とす

  • ダイエットするなら糖質制限
  • 糖質制限の注意点
  • タンパク質は体脂肪に変わりにくい

(3)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!筋トレで皮下脂肪を減らす

  • ダイエットの基本は筋トレ
  • 筋トレで脂肪燃焼体質になれる
  • 有酸素運動はダイエットに逆効果!?

(4)マッサージで、お腹回りのぶよぶよ解消!

  • お腹回りのぶよぶよは、むくみが原因!?
  • ぶよぶよ解消にはマッサージ

まとめ

皮下脂肪のぶよぶよは、キャビテーションで解消

(1)ぶよぶよが気になる!なぜ、お腹回りの皮下脂肪は取れにくいのか?

 

内臓脂肪は減りやすい

 

体脂肪には内臓脂肪皮下脂肪の2つがあります。

 

まず、内臓脂肪は増減が激しく、日常的にエネルギー利用されやすいので、

 

上手くダイエットを行えば簡単に減らす事が出来ます。

 

それが、ポッコリお腹は短期間で凹みやすい理由です。

 

ぶよぶよの皮下脂肪は減りにくい

 

一方、皮下脂肪は長期的に貯蔵されるエネルギー源なので、その増減にも時間がかかります。

 

しかも、身体の末端から中心に向かうほど溜まりやすい性質があります。

 

こうして、皮下脂肪の付き方が身体の部位によって違ってくるのは、

 

脂肪細胞にレセプター(受容体)と呼ばれる機能が備わっているからです。

 

レセプターとは簡単にいうと、脂肪の出し入れを決める扉のようなものです。

 

そして、身体の末端ほど脂肪の放出レセプターが多く、蓄積レセプターが少なくなります。

 

逆に、身体の中心部分ほど脂肪の放出レセプターが少なく、蓄積レセプターが多くなります。

 

つまり、皮下脂肪の増減というのは、このレセプターの働きによって生理的に決められているので、

 

脂肪の蓄積レセプターの多いお腹回りなどは、特にぶよぶよの皮が気になりやすいという訳です。

 

ダイエットで部分痩せは出来ない

 

こうした皮下脂肪の性質上、ダイエットによる部分痩せは難しいという事になります。

 

ですから、いくら腹筋運動を行ったとしても、お腹回りのぶよぶよが部分的に解消される訳ではありません。

 

そして、皮下脂肪は身体の末端から中心部分に向かって、基本的には次の順番で落ちていきます。

 

「手首・足首」→「ふくらはぎ・前腕」→「上腕・肩」→「太もも」→「胸・顔」→「お腹回り」→「お尻」

 

つまり、お腹回りのぶよぶよが取れるのは、タイミング的にはダイエットの後半という事になります。

(2)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!糖質制限で皮下脂肪を落とす

ダイエットするなら糖質制限

 

お腹回りのぶよぶよ解消には食事の管理が非常に重要で、

 

最も効果的で成功率が高い方法は糖質制限です。

 

聞いた事があるという方も多いと思いますが、簡単に説明だけしておきましょう。

 

まず、糖質は身体を動かすエネルギー源であり、糖分の他にも御飯、麺類、パンなどの炭水化物に多く含まれます。

 

ただし、肝臓や筋肉に一時的にストックできるのは1500キロカロリー程度です。

 

そして、食べ過ぎて余った糖質は中性脂肪に作り変えられ、体脂肪として身体に溜まっていきます。

 

この体脂肪は予備のエネルギー源であるのに対して、糖質は優先的に使われるエネルギー源です。

 

ですから、習慣的に糖質を食べ過ぎていると予備の脂肪エネルギーが利用されにくいので、なかなか贅肉が減らない訳です。

 

そこで、糖質の摂取を減らしてエネルギーを不足状態にし、

 

変わりに脂肪を燃やしてエネルギーに変えるのが糖質制限ダイエットの原理です。

 

糖質制限の注意点

 

ただし、単に糖質を減らしてカロリー不足になってしまうとダイエットは上手くいきません。

 

なぜなら、食べないダイエットは食欲が満たされないストレスが生じるので長続きしないからです。

 

また、カロリーが足りなくなると、身体は脂肪を燃やすよりも消費カロリーの多い筋肉を減らしてカロリー不足に対応します。

 

つまり、カロリー制限をしたとしても脂肪は上手く減らないのです。

 

ですから、お腹回りのぶよぶよを解消するには、必要なカロリーはしっかりと確保した上で糖質の摂取を減らす事が重要なのです。

 

タンパク質は体脂肪に変わりにくい

 

そこで、糖質を減らした分はタンパク質をしっかりと摂取して必要なカロリーを確保しましょう。

 

タンパク質を多く含む食材は、肉、魚、卵、大豆製品などです。

 

実はタンパク質というのは、たくさん食べても体脂肪に変わりにくい栄養素なのです。

 

なぜなら、糖質や脂質とは違って、タンパク質は余剰分が体外に排出されやすいからです。

 

ですから、痩せるためには辛い食事制限やカロリー制限は必要なく、

 

糖質の摂取さえ控え目にしておけば、あとはタンパク質を中心にしっかりと食べれば良い訳です。

 

これが、お腹回り皮下脂肪を落として、ぶよぶよを解消する効果的な食事の方法です。

 

スポンサードリンク


 

(3)これで、お腹回りのぶよぶよ解消!筋トレで皮下脂肪を減らす

ダイエットの基本は筋トレ

 

お腹回りのぶよぶよを解消するには運動も必要です。

 

運動を大きく2つに分けると筋トレと有酸素運動がありますが、ダイエットに有効なのは筋トレです。

 

ただし、筋トレは脂肪を燃やすのではなく筋肉を増やすのが目的の運動です。

 

筋トレで脂肪燃焼体質になれる!

 

筋肉が増えると基礎代謝が上がります。

 

基礎代謝とは、私たちが生きていく上で必要な最低限のエネルギーです。

 

ですから、筋肉が増えると日常的な消費カロリーが増加し、何もしなくても寝ている間にも脂肪が燃えやすくなります。

 

つまり、筋トレを行うと脂肪燃焼体質になり、お腹回りのぶよぶよ解消の効果が高まるのです。

参考記事なぜ、メタボ解消には有酸素運動より筋トレが有効なのか?

 

有酸素運動はダイエットに逆効果!?

 

では、お腹回りのぶよぶよ解消に有酸素運動は効果的なのか?

 

実は有酸素運動だけを習慣的に続けていると、脳はこのように考えます。

 

「脂肪エネルギーを浪費するよりも、消費カロリーを減らした方が効率的だ」

 

その結果、カロリー消費の多い筋肉が減らされて省エネ体質に変わります。

 

こうして、省エネ体質になると脂肪エネルギーの消費が減少するので、結果的には皮下脂肪の燃焼効率が下がります。

 

つまり、お腹回りのぶよぶよ解消には逆効果という訳です。

 

また、筋肉が減ると基礎代謝が低下しますから、日常的な消費カロリーも減少して、

 

ますます皮下脂肪が落ちにくい状態になってしまいます。

 

ですから、ダイエット目的で有酸素運動を行うのであれば筋トレと並行する事をおすすめします。

 

なぜなら、筋肉の多い脂肪燃焼体質になると、日常的にも運動を行った場合にも皮下脂肪の燃焼効率が高まるからです。

 

これが、お腹回りのぶよぶよ解消には筋トレが有効である理由です。

参考記事お腹の肉を落とす有酸素運動の5つの鉄則!筋トレ効果で脂肪を燃焼

 

スポンサードリンク


 

(4)マッサージで、お腹回りのぶよぶよ解消!

お腹回りのぶよぶよは、むくみが原因!?

 

食べ過ぎている訳ではない、あるいは皮下脂肪が増えた訳ではないのに、

 

なぜかお腹回りのぶよぶよが気になる事はありませんか?

 

その場合は、むくみが原因の可能性があるかもしれません。

 

むくみは血液やリンパの流れが悪いために、皮膚の下に細胞間液が溜まっている状態です。

 

細胞間液は動脈の毛細血管から染み出して、細胞に酸素や栄養を届ける役割があります。

 

それと同時に老廃物を回収し、静脈の毛細血管やリンパ管から吸収される仕組みになっています。

 

ところが、血液やリンパの流れが悪くなると、細胞間液は行き場を失って皮膚の下に滞ってしまいます。

 

これがお腹回りで起こると、お腹の皮がぶよぶよしてくるのです。

 

ぶよぶよ解消にはマッサージ

 

こうした、むくみが原因のぶよぶよ解消にはマッサージが最も有効です。

 

例えば、お腹回りの皮を指でつまむ、揉む、手のひら全体で擦る事により、

 

ミルキングアクションの効果が生まれて血液やリンパの流れが良くなります。

 

すると、皮膚の下で滞っていた細胞間液の循環が促進し、ぶよぶよが解消されるのです。

 

ミルキングアクションというのは、血管やリンパ管に外から圧力を加えると、

 

中を流れている血液やリンパ液が押し流される現象です。

 

これは、牛のミルク絞りと原理が同じ事からそう呼ばれています。

 

本来であれば、筋肉が収縮する事によってミルキングアクションの効果が生まれるのですが、

 

運動不足で筋肉の収縮回数が減ると、むくみが発生してお腹回りのぶよぶよが生じやすくなる訳です。

 

こうした点において、日頃からこまめに身体を動かして筋肉の収縮運動を起こす事は非常に重要なのです。

まとめ

(1)お腹回りが、ぶよぶよする原因。

  • 皮下脂肪の増加
  • むくみが生じている

(2)お腹回りの、ぶよぶよを解消する方法。

  • 筋トレで筋肉を増やして脂肪燃焼体質になる
  • 高タンパクで低糖質な食事
  • マッサージでむくみを解消する

いかがでしょうか。むくみが原因のぶよぶよを解消するにはマッサージが有効です。

しかし、お腹回りの皮下脂肪そのものを減らす場合は、正しいダイエットを根気よく継続していきましょう。

 

皮下脂肪のぶよぶよは、キャビテーションで解消

 

お腹回りの皮下脂肪のぶよぶよを解消するには、かなり長期的なダイエットが必要です。

 

あなたは、このぶよぶよを出来るだけ短期間で解消したいと思いませんか?

 

その場合は、エステなどで行われている痩身法のキャビテーションが有効です。

 

これは簡単にいうと、超音波で皮下脂肪を溶かしてリンパへと押し流すという方法です。

 

この方法なら、お腹回りのぶよぶよにピンポイントで働きかける事が可能になります。

 

しかも、キャビテーションは安全性が高い事から、脂肪吸引に変わる痩身法として非常に注目されています。

 

相場としては、一部位の脂肪をスッキリ落とすのに5~10万円は必要と言われていますが、

 

家庭用のキャビテーションマシンを使えば、コストを大幅に抑える事が可能です。

 

例えば、ボニックProは値段も手頃で人気もありますから、

 

ぶよぶよの皮にピンポイントで対策を行いたい場合、ご使用になる価値は十分にあると思います。

 

 

なお、この人気商品はダイエットシーズンになると品薄になる可能性がありますから、

 

もし、ご購入をされる場合は、予め公式サイトにて在庫をご確認ください。

 

公式サイトを見る

>>>痩身エステのメニューをこの1台で!ボニックPro

 

人気の痩身グッズ

↓   ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + 13 =