お腹回りの脂肪を揉むと痩せるのか?その燃焼効果について

本気で痩せたい方

↓   ↓   ↓   ↓

※    ※    ※

エステでマッサージを受けると、お腹回りが細くなった!

 

あなたも、そんな経験はありませんか?

 

これは、お腹の脂肪が燃焼して痩せたのでしょうか?

 

もし、皮下脂肪を揉むだけで痩せるとしたら、

 

食事や運動によるダイエットの必要はありませんよね。

 

これなら、誰でも簡単に痩せる事ができるのですが…

 

そこで今回は、脂肪を揉む事で得られる効果について解説したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

【目次】

(1)お腹回りの皮下脂肪を揉むと、ダイエット効果で脂肪は燃焼するのか?

  • 皮下脂肪は簡単には燃えない
  • 脂肪燃焼の鍵はリパーゼ
  • リパーゼの役割とは?
  • 脂肪を揉むとリパーゼは活性化するのか?

(2)お腹回りの脂肪を揉むと、どんな効果があるのか?

  • 体液を循環させるのは心臓だけではない
  • ミルキングアクションとは?
  • お腹回りを揉むと、むくみが解消する
  • 500円でたっぷり70分のエステ体験

(3)お腹の皮下脂肪を除去!キャビテーションの後に脂肪を揉むと…

  • 今や脂肪除去にメスはいらない!?
  • キャビテーションとは?
  • 自宅で使えるキャビテーションマシン

まとめ

余分な脂肪対策にシボヘール

(1)お腹回りの皮下脂肪を揉むと、ダイエット効果で脂肪は燃焼するのか?

皮下脂肪は簡単には燃えない

 

お腹の余分な皮下脂肪は予備のエネルギーで、通常は中性脂肪の形で溜まっています。

 

中性脂肪は安定した固形の状態なので、そのままでは燃焼してエネルギーに変わる事はありません。

 

言ってみれば、脂肪細胞の貯蔵タンクには鍵がかかっていて、

 

いつでも簡単に、すぐに使える訳ではないという事になります。

 

ですから、ダイエットで脂肪を減らすには、この鍵を開ける必要があります。

 

その為には、ある酵素の働きが重要になります。

 

では、その酵素とは一体何なのでしょうか?

 

脂肪燃焼の鍵はリパーゼ

 

脂肪燃焼の鍵を握るのは、リパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素です。

 

このリパーゼが分泌されるタイミングは次の2つです。

 

1つ目は、優先的にエネルギーとして使われる糖質が不足状態になり、

 

脂肪をエネルギーに変える必要が生じる空腹時です。

 

この場合は、グルカゴンと呼ばれるホルモンの分泌によってリパーゼが活性化します。

 

2つ目は、運動により体温が上昇した時です。

 

この場合は、アドレナリンと呼ばれるホルモンの分泌によってリパーゼが活性化します。

 

いずれの場合も、脂肪を燃焼させてエネルギー生産を行うべきタイミングであり、

 

リパーゼはホルモンに反応して活性化する訳です。

 

こうして活性化したリパーゼは脂肪の貯蔵タンクの鍵を開け、

 

そして、エネルギー生産の準備を始めるのです。

 

リパーゼの役割とは?

 

リパーゼの役割は、固形の中性脂肪を溶かして脂肪酸に分解する事です。

 

すると、脂肪酸は血中に溶け出して全身に運ばれます。

 

これで、脂肪がいつでも燃える状態になる訳です。

 

そして、必要に応じて脂肪酸が燃焼してエネルギーを生み出します。

 

これが脂肪燃焼の大まかな流れですが、まずはこの事を頭に入れておいて下さい。

 

そうすれば、脂肪を揉む事で得られる効果がお分かりになると思います。

 

脂肪を揉むとリパーゼは活性化するのか?

 

さて、脂肪燃焼の鍵となるリパーゼが活性化するには、

 

「空腹」か「体温上昇」のいずれかが条件になります。

 

では、お腹回りの皮下脂肪を揉むと、果たしてこの条件は満たされるのでしょうか?

 

まず、「空腹」とお腹回りの皮下脂肪を揉む事は関係がありません。

 

では、お腹回りの皮下脂肪を揉むと、「体温上昇」によりアドレナリンは分泌されるでしょうか?

 

体温上昇はエネルギー消費による発熱によって起こりますが、

 

脂肪を揉む事でエネルギー消費が高まる訳ではありませんよね。

 

もちろんマッサージでお腹回りを揉み解す、あるいは擦る事によって部分的に温かくなるかもしれません。

 

しかし、これは体温が上昇した訳ではなく、摩擦熱による部分的な皮膚の温度上昇ですから、

 

アドレナリンが分泌される訳ではありません。

 

つまり、お腹の皮下脂肪を揉む事によって体温が上昇する訳ではなく、

 

また、脂肪燃焼に必要なリパーゼが活性化する訳でもありません。

 

つまり、マッサージでは直接的に脂肪は燃焼しないので、

 

ダイエット効果そのものは得られないという事になります。

(2)お腹回りの脂肪を揉むと、どんな効果があるのか?

さて、お腹回りの皮下脂肪を揉んでも脂肪は燃えませんが、

 

実は別の効果が得られますから、その事について解説しておきましょう。

 

体液を循環させるのは心臓だけではない

 

それは、ミルキングアクションと呼ばれる効果です。

 

体液には血液とリンパ液がありますが、心臓付近の血液はそのポンプの働きによって勢いよく流れます。

 

では、身体の末端の血液、あるいはリンパ液はどのような原理で循環しているのでしょうか?

 

そもそも、心臓から離れるとポンプの力は伝わりませんし、

 

足の末端まで流れた体液は、重力に逆らって戻って来なければなりません。

 

ミルキングアクションとは?

 

そこで重要になってくるの、がミルキングアクションです。

 

簡単に言うと、筋肉の収縮運動で体液を押し流す効果です。

 

これは牛の乳を絞るのと原理が非常によく似ているので、

 

それにちなんで、ミルキングアクションと呼ばれるのです。

 

つまり、身体を動かして筋肉が収縮すると血管やリンパ管に圧が加わり、

 

中を流れている体液がギュッと押し流される訳です。

 

例えば、この効果が特に高いふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれています。

 

お腹回りを揉むと、むくみが解消する

 

このミルキングアクションの効果は、揉む事によっても同じ様に得られますから、

 

運動不足などで生じたむくみの解消には有効となります。

 

そして、お腹回りは皮下脂肪ではなく、むくみで大きくなっている事がよくあります。

 

ですから、お腹を揉む事で滞っていた体液の流れが良くなると、ウエストがサイズダウンしやすいという訳です。

 

もちろん、脂肪が落ちるのではなく、むくみが解消されて細くなるのです。

 

これが、エステのマッサージで脂肪を揉むとウエストや太股が細くなる理由です。

 

ですから、ウエストのサイズを一時的に細くするのであれば、

 

ダイエットで皮下脂肪を落とすよりも、マッサージでむくみを解消する方が簡単ですよね。

参考記事むくみが原因で、お腹回りが太る?効果的な解消法はマッサージ

 

500円でたっぷり70分のエステ体験

 



 

先ほど、マッサージを行うとウエストが短時間で細くなるというお話をしましたが、

 

例えばエステに通い、マッサージで脂肪を揉むとダイエットにも有効となります。

 

なぜなら、脂肪細胞の周囲には毛細血管やリンパが通っているのですが、

 

マッサージでその流れが良くなると、脂肪の代謝が高まるからです。

 

ところが、皮下脂肪の周囲がむくんで体液の循環が悪くなっていると、

 

そもそも、脂肪の代謝が下がってしまう訳です。

 

これでは、いくらダイエットを行っても、なかなか痩せません。

 

そこで、むくみが生じやすくて脂肪が落ちにくいという方は、

 

エステのマッサージで脂肪を揉むと、非常に大きな効果が得られます。

 

やはり、プロが行うマッサージは格段に優れてます。

 

例えば、全国に店舗のあるエルセーヌでは、今なら超お得なキャンペーンを実施しており、

 

なんと、たっぷり70分のエステ体験が500円で受けられます。

 

通常なら15,000円~が相場ですから、これは非常に破格の料金となっています。

 

なお、このキャンペーンはいつ終了になるか分かりませんので、必ず下記の公式サイトにてご確認ください。

 

ぜひこの機会に、お近くのエルセーヌへ気軽に足を運んでいただければと思います。

 

公式サイトを見る

>>>たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】

 

(3)お腹の皮下脂肪を除去!キャビテーションの後に脂肪を揉むと…

今や脂肪除去にメスはいらない!?

 

脂肪除去の技術は大きく進歩しています。

 

ひと昔前であれば、脂肪除去というと脂肪吸引が主流であったと思います。

 

しかし脂肪吸引は身体にメスを入れますから、安全性の面から考えると問題が無いとは言えません。

 

現代では、こうした問題をクリアにするメスを使わない脂肪除去法が幾つか開発されています。

 

今回はその中から、キャビテーションと呼ばれる方法をご紹介したいと思います。

 

キャビテーションとは?

 

キャビテーションは音波とマッサージによる最先端の脂肪除去法で、施術の流れは以下の通りです。

 

①お腹などの皮下脂肪を落としたい部分に特殊な音波を照射します。

 

②脂肪細胞の内部に気泡が発生します。

 

③気泡は徐々に大きくなっていきます。

 

④やがて気泡が脂肪細胞を割って、中から液状化した脂肪が溶け出します。

 

⑤マッサージで揉む、擦る事によって溶け出した脂肪をリンパに押し流して排出しやすくします。

 

以上がキャビテーションの大まかな流れです。

 

自宅で使えるキャビテーションマシン

 

 

通常、こうした脂肪除去はエステやクリニックで行われ、

 

その料金相場は1回の施術で1~2万円といったところです。

 

そして、見た目に効果が現れるまでには、目安として5~6回の施術を繰り返す必要があるそうです。

 

ですから、一部位の脂肪をしっかりと落とすには、5~10万円は見ておかなければなりません。

 

そこで費用を安く抑えるなら、例えば家庭用キャビテーションマシンボニックProは値段もお手頃で人気があります。

 

これなら、自宅で何度でもキャビテーションが行えますから、とても経済的ですよね。

 

そして、ボニックProの使用後にマッサージで脂肪を揉む事により、リンパへの排出効果が高まります

 

こうしたキャビテーションマシンというのは、数あるダイエット器具の中でも、

 

部分的な皮下脂肪対策を可能にする唯一の器具になりますから、使用価値は非常に高いと思います。

 

なお、この人気商品はダイエットシーズンに入ると品薄になる場合もありますから、

 

ご購入の際は、公式サイトにて予め在庫をご確認ください。

 

公式サイトを見る

>>>痩身エステのメニューをこの1台で!ボニックPro

 

まとめ

(1)お腹を揉むと、皮下脂肪が燃焼してウエストが痩せる訳ではありません。

(2)皮下脂肪を揉むと体液の流れが良くなり、むくみ解消の効果が得られます。

(3)キャビテーションの後に皮下脂肪を揉む、擦るといったマッサージを行う事で、脂肪排出の効果が高まります。

いかがでしょうか。痩せるのではなく一時的にお腹回りを細くするなら、ダイエットよりも脂肪を揉む効果の方が大きいです。

またキャビテーションで脂肪対策を行うなら、揉む、擦るなどのマッサージを行って、溶けた脂肪をリンパに押し流す事が重要です。

 

余分な脂肪対策にシボヘール

 

 

体質的に脂肪が付きやすくなっている人は、ダイエットを行っても上手く痩せない場合があります。

 

あなたも、そうでしょうか?

 

もちろん、ダイエットはできるだけ効率よく行いたいですよね。

 

そこで、サプリを使用すればダイエットの効果をサポート的に高める事が可能です。

 

そうは言っても、ダイエットサプリは種類が多いので、何を選べばよいか迷いますよね。

 

その場合は、機能性表示食品のサプリをお選びになれば良いかと思います。

 

機能性表示食品とは、「メーカーの責任において、その機能性や安全性が確かめられている製品」なので、

 

サプリとしての信頼度もグンと高くなります。

 

そうした機能性表示食品の中でも、シボヘールは特に人気がありコスパも優れていますから、

 

サプリ選びに迷ったら、まずはお試しになってみると良い製品だと思います。

 

今なら、初回が980円の特別価格になっていますから、とてもお得にご購入いただけます。

 

公式サイトを見る

>>>お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら

 

人気の痩身グッズ

↓   ↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + ten =