臭い玉が原因で歯磨きしても口臭が消えない!有効な対策は何?

 

あなたは、自分の口臭が気になりますか?

 

もし、そうであれば、

 

あなたは気付かないうちに、

 

周囲の人を不快にしているかもしれません。

 

ちなみに、体臭にも色々とありますが、

 

これまでに実施された、臭いに関するアンケート調査によると、

 

他人、または自分の口臭が気になるという人の割合が非常に多い

 

という結果が出ています。

 

ただ、一言で口臭といっても、

 

その原因は大きく次の3つがあります。

 

虫歯や歯周病が原因の口臭

 

舌苔と呼ばれる舌の汚れが原因の口臭

 

扁桃腺にできる臭い玉(膿栓)から発生する口臭

 

さて、あなたの口臭の原因は、どれに当てはまりますか?

 

例えば、歯磨きをしても口臭が消えない、

 

そして、舌は特に目立つような汚れはなく、薄っすらと白い場合、

 

それは、臭い玉が原因の口臭である可能性が高いでしょう。

 

もしかすると、あなたの口臭は喉の奥から発生していませんか?

 

もし、そうであれば、

 

臭い玉ができる前に、何らかの対策をしておく必要があります。

 

なぜなら、臭い玉ができてしまうと、

 

場合によっては、かなり強烈な口臭が発生してしまうからです。

 

もちろん、臭い玉ができにくい人もいるのですが、

 

できやすい人は何度でも、そして何個も出てくるので、

 

ほぼ毎日のように、強い口臭に悩まされてしまうのです。

 

臭い玉って本当にやっかいだけど、その正体っていったい何?

そこは、非常に気になりますよね。

 

では今から、臭い玉ができる原因と、その対策について話していきたいと思います。

 



 

なぜ、臭い玉ができるのか?

 

臭い玉は、正式には膿栓と呼ばれ、

 

潰すと、非常に強い悪臭を放ちます。

 

この臭い玉ができる場所というのが、

 

喉の奥の左右にある、いわゆる扁桃腺です。

 

扁桃腺は、外部からの異物の侵入を防いで身体を守るリンパ組織からなり、

 

その周囲には、くぼみが幾つか見られるのが特徴です。

 

そして、侵入しようとする細菌やウイルスを扁桃腺がキャッチすると、

 

それらの異物が免疫細胞によって攻撃される仕組みになっています。

 

その結果、死骸となった白血病、細菌、ウイルスが、

 

扁桃腺のくぼみの部分に溜まるのです。

 

これは、すり傷などをした時に膿が出るのと同じ事で、

 

それが扁桃腺でも起こっているという訳です。

 

また、食べ物のカスや歯の汚れなども溜まってきます。

 

じゃあ、なぜ扁桃腺にはくぼみがあるのか?

 

という疑問が湧いてきますよね。

 

もし、扁桃腺にくぼみがなければ、そもそも臭い玉は溜まらない筈ですから。

 

ところが、こうしたくぼみを作って扁桃腺の表面積を広くする事により、

 

細菌やウイルスをキャッチしやすくしているのです。

ご覧の通り、扁桃腺のくぼみの奥には細長い空洞があるので、

 

その表面積は、見た目よりもかなり広くなってます。

 

このように、扁桃腺に臭い玉ができるのは、

 

身体の防衛反応による生理現象の一つという事になります。

 

じゃあ、臭い玉ができやすい人は口臭が治らないのか?

 

いえ、そんな事はありません。

 

なぜなら、臭い玉が溜まりにくい口内環境を作る事は十分に可能だからです。

 

口呼吸の人は臭い玉が溜まりやすい!?

 

臭い玉の発生を抑えるには、

 

何よりも、口内を清潔に保つという事が大前提ですから、

 

まず、有効となるのが歯磨きガラガラうがいです。

 

ただ、それだけでは、まだ十分とは言えません。

 

ではここで、あなたに質問があります。

 

臭い玉ができやすいのは、どんな人だと思いますか?

 

実は、

 

口呼吸をしている人は臭い玉ができやすい

 

という傾向があるのです。

 

なぜなら、鼻呼吸には臭い玉の発生を抑える非常に重要な役割があるからです。

 

その役割とは、大きく次の3つです。

 

①吸い込んだ空気を加湿する

鼻水は、1日に何リットルも分泌されると言われていますが、

 

その役割の一つが、鼻から吸い込んだ空気を加湿する事です。

 

この働きは、喉の状態を正常に保つ上で非常に重要となります。

 

なぜなら、喉の粘膜には細菌やウイルスを排除する微細な線毛が生えているのですが、

 

粘膜が乾燥してしまうと、この線毛の働きは著しく低下してしまうからです。

 

また、ウイルスは低湿を好む性質があるので、

 

粘膜が乾燥すると、ウイルスが繁殖しやすくなります。

 

②吸い込んだ空気を温める

鼻から喉に至るまでの間には、鼻腔と呼ばれるスペースがあり、

 

ここは、血管が密集した粘膜で覆われているので、

 

鼻から吸い込んだ空気は、35~37度くらいに温められます。

 

しかし、冷たい空気をそのまま口から吸い込んでしまうと、

 

低温を好むウイルスが口内で繁殖しやすくなります。

 

③吸い込んだ空気を浄化する

鼻毛には、吸い込んだ空気に混じったゴミやホコリの侵入を防ぐ、

 

フィルターのような役割があります。

 

また、鼻の粘膜に生えている微細な線毛は、

 

侵入してきた細菌やウイルスを排除する重要な役割があります。

 

以上のように、鼻で呼吸をする事によって、

 

吸い込まれた空気は加湿、保温、浄化されるという訳です。

 

その結果、鼻から吸い込んだ空気は喉に至るまでの間に、

 

細菌やウイルスなどの影響力が弱められてしまう事になります。

 

鼻というのは、まるで高性能なエアコンみたい!

 

そう思われた方もいるのではないでしょうか。

 

ところが、口呼吸をして空気が直に喉に触れてしまうと、

 

喉は細菌やウイルスの温床になりやすい訳です。

 

そうなると、扁桃腺が炎症を起こして白血球、細菌、ウイルスなどの死骸が増加し、

 

臭い玉も溜まりやすくなってしまうのです。

 

こうした点を踏まえると、

 

鼻呼吸をすれば、臭い玉の溜まりにくい口内環境になる

 

という事になります。

 

口呼吸の人は、臭い玉が取れにくい!?

 

では、もし臭い玉ができてしまったら?

 

もちろん、口臭の原因にもなるので早く取り除いてしまいたいですよね。

 

ただ、口内環境が正常であれば、臭い玉は自然に取り除かれる事がよくあります。

 

例えば、

 

くしゃみや咳と一緒に飛び出す事がありますし、

 

また、

 

痰に混じって扁桃腺の外に流れ出す場合もありますし、

 

あるいは、

 

食べ物と一緒に飲み込まれてしまう事もあります。

 

こうして、ごく自然な状態で臭い玉が取り除かれるには、

 

口内環境に必要な、ある条件があります。

 

何だと思いますか?

 

それは、口内が唾液で潤っているという事です。

 

なぜなら、唾液の粘液性が潤滑油のような役割をして、

 

扁桃腺と臭い玉が分離されやすくなるからです。

 

ところが、唾液の分泌が少なければ、

 

臭い玉が扁桃腺にこびりついて、なかなか取れなくなってしまう訳です。

 

ですから、口内の唾液が減少する、

 

いわゆるドライマウスの人は臭い玉が取れにくい状態になります。

 

このドライマウスは口呼吸の人に多く見られますから、

 

いずれにしても、

 

できるだけ臭い玉を作らない、そして溜めないためには、

 

鼻呼吸が非常に有効な対策になり得るという訳です。

 

こうした点を踏まえると、

 

鼻の具合が悪くて口呼吸になりがちな人は、

 

まず、鼻の調子を整える事が重要になります。

 

でも、口呼吸をしていなくても、臭い玉が原因の口臭が気になるのですが…

 

中には、そんな方もいると思います。

 

確かに、ドライマウスは口呼吸だけではなく、

 

ストレスなどが原因の場合もあるので、

 

人によっては、他の対策も必要になってきます。

 

唾液の分泌量を増やす3つの方法

 

ドライマウスを改善するには、鼻呼吸を行う事が大前提ですが、

 

それに加えて、唾液の分泌量を増やす事も重要です。

 

その方法としては、主に次の3つがあります。

 

①噛む回数を増やす

唾液の分泌量は、噛む事によって増加します。

 

ですから、食事の際はできるだけ噛む回数を増やし

 

スルメなどの硬い物を噛むと唾液が出やすくなります。

 

また、ガム(糖類の少ないものが虫歯になりにくい)を噛むのも有効です。

 

②酸っぱい物を食べる

これはよくご存知だと思いますが、

 

レモンや梅干しなどの酸っぱい食べ物は、唾液の分泌量を増やします。

 

また、昆布に含まれる旨味成分も、唾液を増やすのに有効です。

 

③唾液腺をマッサージ

唾液というのは唾液腺から分泌されるので、

 

その唾液腺をマッサージで刺激するのも有効です。

 

唾液腺は、以下の3カ所にあります。

 

 

こうした方法で唾液の分泌量が増加すると、

 

口内環境がグンと良くなってきます。

 

ただ、それでも臭い玉が出来やすい場合は、

 

有効な洗口液を使用すれば、

 

いつでも、どこでも、手軽に口内環境を万全に近い状態に保つ事が可能です。

 

そうした洗口液の中でも、

 

【ルブレン】は、臭い玉が原因の口臭対策には非常に定評があります。

 

これで、臭い玉の対策は万全!ルブレンで口内環境を正常化

 

洗口液にも色々とありますが、

 

そもそもルブレンは、

 

歯を磨いても消えない、喉から発生する口臭対策用に開発された製品です。

 

つまり、

 

臭い玉や舌苔などが原因の口臭に有効という事になります。

 

じゃあ、ルブレンは口内で、どのような働きをするのか?

 

そこが知りたいですよね。

 

ルブレンの特徴は、大きく次の3つです。

 

①口内の汚れを落ちやすくする

 

②口内に潤いを与えて乾燥から守る

 

③唾液の分泌を促す

 

この3つの働きがあれば、口内環境は極めて良好となりますから、

 

臭い玉の対策には非常に有効だと思いませんか?

 

しかも、使い方はとても簡単で、

 

まずは、ルブレンを口内に噴射して、

 

後は、クチュクチュしてから汚れと一緒に吐き出すだけです。

 

また、

 

ルブレンはオーガニック成分の割合が多いので、

 

お使いの際には、

 

口内に優しく働きかけるという利点もあります。

 

もし、あなたが今までに、

 

マウスウォッシュ

 

口臭サプリ

 

口臭ガムやトローチ

 

口臭スプレー

 

などを使用しても、余り効果を感じなかった場合は、

 

一度、【ルブレン】をお使いになってみると良いかと思います。

 

ただ、この製品は原材料にこだわり抜いていますから、

 

化学薬品のように大量生産ができる訳ではなく、

 

その主成分には、非常に希少価値の高い有機シークワシャーが使用されています。

 

 

ですから、その栽培が困難になった時点で、ルブレンの販売は終了という事になります。

 

もし、ルブレンをお試しになってみたいという場合は、

 

入手が可能な今のうちにご購入されておくと良いかと思います。

 

【ルブレンの公式サイト】はコチラ。

>>>しつこい口臭にオーガニックのスプレータイプ【ルブレン】